筆者挨拶

Salute ようこそ、しがなき盗者の塒に良くぞいらっしゃいました。
ここは、ラグナロクオライン(RO)の日本saraサーバーに於いて、主にシーフとして活動している者の手記であります。とは言うものの、キャラクターとしての成長の余地は既に無いため、これから書かれる記述は、成長途中の回顧や、サブキャラクターに関するものの方が多くなる可能性がありますが、それは御容赦の程を……。
このような至らぬblogではありますが、読んで頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/06/20

邂逅

昨日は、ひょんな事から、世界チャットで何人かの方とお話させて頂いた。

3cca603b43a94f44af257b31d816290b0d5aafa885d4477cae7d443e14db6868678e057048b3413e87cba57cb4ad94922d032881372c45f9af3fea0fd3ac79df 

話の発端は、ソーシャルゲームの所謂負の部分の話題なので省くが、そんなふとした話題から、見知らぬ方たちと話が盛り上がる……PC版の初期の頃の雰囲気が思い出され、懐かしい感覚を覚えた。

どうも、今回のチャットに参加された方々の多くはPC版からのプレイヤーの人も多かったようで、その懐かしさもちょっと納得。 

これも何かの縁、という事でその場に居合わせた方々に友達申請させて頂き、快く許諾して頂けた。このような事が無いと、なかなかこういった事は言い出せない質なので、本当に有り難い。

これもまた、MMORPGの醍醐味だな、と再認識した出来事だった。


……AFTは、自分では会心のネタだと思ってたり(笑)。

| | コメント (0)

2019/06/14

始点

サービス開始当初から、しばらく遊んでみたのだが、どうにもキャラの成長が遅いようだ。

接続時間が短めなのを差し引いても、上位二次職の姿がちらほらと見られるようになった今でも、まだ二次職にも到達出来ていないのは、のんびりなプレイスタイルにしても、ちと度が過ぎているのでは?

……等と思いながら、先日仲間になったルナティックが、単独を冒険に出せるLVまで成長してくれたので、早速送り出してみたところ、意外な程に経験値やアイテムを稼いで帰ってきた……それこそ、本体が稼げる以上の量を。


どうも自分はこのゲームの遊び方を少し間違えていたらしい。

PC版で長い間、プレイして来たため、その時と同じように、ちまちまと独力で敵を倒してきたのだが、それでは足りないらしい。

ペットを冒険に派遣し、クエストやアイテムを利用して単位時間当りの経験効率をあげ、自動戦闘を活用し……つまる所、ゲームのシステムを覚えて上手く組み合わせて使っていく必要があるようだ。

この歳にもなると、頭も硬くなり始めて、ものを覚えるのも結構苦労するものだが、それは仕方がない。少しづつでも覚えられる所から取り掛かって行こうと思う。

そんなこんなで、相棒の手助けもあって、LV40に到達。ここからはアクティブな敵が、実際に先制攻撃をかけてくる事になる……このゲーム本来の姿に戻るようなものだろう。

0a1728185ba84ae79f01b8e2cf473e61

キャラも、それを操る自分も、このゲームのスタートラインにようやく立てたのかもしれない。

| | コメント (0)

2019/06/13

相棒

かつてPC版遊んでいた時分には、ほぼ常に一匹のキューペットを連れ歩いて冒険していたものだった。ペットシステムが実装された当時、手持ちのキャラの実力で捕獲できそうな中で、これだ、と思えた一匹……ルナティック。当時は戦闘に関与しない、単なるマスコット的存在だったが、独りで世界を走り回っていた時分にとっては、文字通り十年来の相棒だった。

時は流れてスマホ版。今までペット関連品を買うのに必要な通貨(レインボーシェル)の入手方が分からず、手を出していなかったのだが、調べてみてようやく理解出来た(まず、執事を雇って、クエストで得た執事バッジを使って購入)ので、やっとこ挑戦。

プロ南フィールドは混雑していてテイミングが難しそうだったので、迷宮の森にて実行。ルナティックは低LVな敵なので、そうそう失敗することは無いと思われたが、念の為テイミングアイテムは余裕を持って5個持参して挑戦。

その結果……

841457ebd0184e2b8ea063b0d97137a0

PC版ではマスコットだったペットも、昔のホムンクルス的に肩を並べて戦えたり、単独で冒険やアルバイト等も出来るようになったらしい。

世界は変わったけれども、こちらでもよろしく、相棒。

| | コメント (0)

2019/06/10

設立

世界を駆け巡り実地に色々と見て回った事でもう一つ御利益が。

マップの所々には「草」が生えている事がある。……笑えるという意味ではなくて、植物の方の。

PC版に比べるとその数はかなり少ないようだが、これまでに緑色草や黄色草等は目撃している。これらは刈ると、やわらかな毛や染料等の材料品を得られる可能性があるのだが……。

迷宮の森で迷った際に、見つけたのが輝く草。他の方々は敵との戦闘に夢中なようで、手を出す人が居なかったようなので、ちょっと失礼して刈らせて頂くと……手に入ったのはエンペリウム。

2b0200357d8649c4bfd38cdea914310a

ギルド設立に必要となる品が、こんな所であっさりと(汗)。

サービス開始記念の配布アイテムで、7日目に必ず手に入る物品とは言え、フライングで手元に来てくれるとは思いもよらなかった。

折角なので、早速ギルド設立。仕事の都合上、接続人数のピークの時間帯には無縁なため、積極的な活動は出来ないとは思われるが、これで紛いなりにも一国一城の主。悪い気はしないものだ。

A0820cfba83f4eacb159c728594ff2aeB4a5878e1c324489a9dba39a99296b7f 

35f015cf6404431480b77d34c7c5bdd7

| | コメント (0)

2019/06/09

巡礼

このゲーム、BaseLVがある程度より上がらなければ、敵はこちらを積極的には攻撃してこないらしい。

それではという事で、今の低LVの内に、実装されているマップの踏破を試みた。各地に生息する敵やマップの名所を撮影すれば、冒険者としての経験値を稼げるし、実地に各地を歩いて巡る事で世界の地理を覚える事も出来る為、一石二鳥である。


……「敵はこちらを積極的には攻撃してこない」とは言ったものの、完全に安全な訳ではない。

ある時は撮影しようと敵に近づこうとして誤クリックして一発殴ってしまい返り討ち。

またある時には、ダンジョン内に名前が表示されるキャラがいたのでNPCだと思い喋ろうとクリックしたところ、これが実は敵キャラで、挨拶代わりに殴り倒される。

また、ごく一部に、低LVのキャラにも先制攻撃してくる名入りの敵が居るようで、気がついた時には既に地に伏していたり。

変わったところでは、ウィスパー等のゴースト系の敵を写すには「ゴーストカメラ」と言う冒険スキルが必要だが、このゴースト系の敵の中には「マリオネット」と言う操り人形のような姿形の者も居るのだが、コイツ、見られた者を攻撃してくる性質が有るらしく……撮りたかった被写体の近くに偶然(?)コイツが居た事が何度あった事か(泣)。


そんなこんなで、数日掛かってしまったが、お陰で恐らく現時点での世界の殆ど隅々まで訪れる事が出来たのではなかろうか?敵の撮影については、一部の敵は出現に何らかの条件が有るらしく、遭遇することは出来なかった。少し残念だが、これらは後の楽しみとして取っておく事にしよう。

D178bc7a13134a95bbd60303ce2547a4

B0e176939539488080656b8dd5f23029

0520b914f98849eaa9c5204d84bb9fb830ba7511e66a4d7a9600999cdac13aa8

| | コメント (0)

«輪廻