« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/28

―Questor―(2)

長編クエストなだけに、前回までの分ではまだ全体の1/6が終わったと言った所か。ここまででも結構時間が掛かったのにこれでは、少し先が思いやられる……。

ともかく、今回は日があけて26日の朝の行動から。
昨日はダンス試験に合格できず中断したわけだが、朝、仕事から帰って10時ごろにログインしてみると、試験を受けていたのは僅か1~2名の方しかおらず、少し拍子抜け。しかし良く考えてみれば、直前のNPCは通過するのに時間制限(18:00~21:00)があるため、この時間では試験を受ける人も少ない道理ではある。
肝心の試験の方だが、これはちょっと工夫をしてなんとか合格に成功。その工夫とは、なんの事は無い、読み上げられるテキストを一度savechatしておいて、それをテキストエディタに表示させ、それを見ながら試験を受ける、と言う物だ。この試験、行動のパターンは変わることが無いため、前もって動く方向が分かっていればなんとかなるものだ。丸暗記できるのならそれに越したことは無いが、手間も掛からないのでテキストファイル化はお勧めである。ただし、テキストには誤植も潜んでいるので要注意(具体的に言えば、8段目及び9段目にある「左下」は誤りであり、「右下」が正解)。
ダンス試験の後は、アルベルタの商人のお使いをこなす事に。まずは十字軍戦士に石を届けるため、アルベルタ=>イズルード=>アルデバラン=>ジュノー、と船便&カプラ転送を乗り継ぎ移動。ただし、帰りは中央カプラ近くに飛行船サービスのNPCが居り、一発でアルベルタまで行けたのは助かった。しかし、ここではアルベルタにセーブしておいたほうが、もっと楽だったかもしれない。
お使いはもう一つあり、今度はアルデバランに強壮剤を造って貰いに行き、一旦アルベルタに戻り、造ってもらった薬と手紙を持って、今度はプロンテラに届けに行く、というもの。ここでは先日拾ったメントが役に立ち、無駄にならずに一安心といったところか。
都市間の移動に結構お金が必要だったり、目的のNPCを探すのに骨が折れたりと、少し面倒には面倒なのだが、戦闘や操作ミスしての繰り返しが無い分、まだ楽な仕事と言えるかも。
ここでスタージュエルの欠片6個が集まり、それをプロンテラの考古学者に報告すると、この欠片が一体どんな経緯で見つかったものか教えてくれると共に、最後の欠片を渡してくれる。これで第一部が終了である。

続けて第二部に突入。今度はこの7つの欠片を元の一つの宝石に戻し、内部に浮かぶ古代文字を読み取るのが目的だ。
第二部はほとんどが、一部のアルベルタパートと同じようなタイプのお使いクエストとなっており、そう引っかかる場所は無いと思う。ただし、一部とは違いアクティブモンスターが出るダンジョン内などにも行かなくてはならないため、難易度は若干だが上がっているかもしれない。
まずはゲフェンとミョルニル廃鉱間を1往復半し廃鉱に住む鍛冶屋にジュエルを修復してもらい、一旦プロンテラに戻り考古学者に報告すると、古代文字を読み取るための文献を探しにまたゲフェンへ。
しかし肝心の人物は出払ってしまっているため、次は南に大きく飛んでウンバラへ。
ウンバラダンジョンのウィザードに書き出してもらった古代文字を、プロンテラに帰って考古学者に見せると、その文字を翻訳できる老人が沈没船の近くにいる、と教えられ、アルベルタに。
ここで、ようやくジュエル内に浮かぶ文様を現代語訳することが出来たわけだ。
ヒントなしで解けるかどうか? ただ、古代文字の翻訳が完成してもその文は象徴的で、前情報が無ければ、この後何をすればよいのか、相当悩んだと思われる。自力で謎を解く楽しみは薄れてしまったが、時間の無い身にはそう悠長な事も出来ず……致し方ないところだろうか。

さて、その古代文章に従い行動すると……舞台は天界、ヴァルキリー神殿へ。このキャラがLv99になった時点では、転生はしないつもり(それは今もだが)だったので、この目でヴァルキリーを見ることが出来るとは夢にも思わなかったのだが、まさかこの様な形で実現するとは。長生きはしてみるものだ(笑)。

邂逅
プロンテラに戻り、ヴァルキリーの言葉を考古学者に伝えると、第二部は完了となる。

この日はきりが良いのでここまで。最難関である第三部は、主な舞台を死者の街、ニフルヘイムに移す。その様子は明日以降……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/27

―Questor―(1)

25日のパッチで新マップやカード等が実装されるとともに、長編クエスト、The Signもまた実装と相成った。これをクリアすべく、実装前から必要アイテムを用意していた私は、メンテナンス終了直後から早速取り掛かった。
まずは、張り紙の告知を読み、プロンテラの考古学者のメッツ氏の元を訪れる。彼の話に従い、各地を転々とする事に。
途中、必要とされる収集品は前情報が当たっていたようで溜め込んでいたアイテムを使うことで切り抜けることが出来た。
時間に注目 心配だったのは、前情報では5:00~10:00の間にしか進行させることが出来ないというアルデバランのNPCの存在だったが、どうやらこの時間帯は17:00~22:00(つまり午後の5時~10時)が正解だったらしく、メンテナンス直後の時間帯でも無事通過することが出来た。これが本来の設定なのか、あるいは日本人の生活パターンに合わせた変更なのか……いずれにせよこれには本当に助けられた。
工芸品……なのか? また、コモドで工芸品を持って来るよう命じられた場面では、前もって知っていた情報では正確なアイテムが分からなかった為、少し詰まったものの、プロンテラで1種類新たに買い足しただけでなんとか通過することが出来た。もって行かれたアイテムのSSを載せておくので、何かの参考にしていただけたら幸いである。
パッチ実装当日名物 ただし、その次にも難関が。ダンサー試験と同様らしい、ダンス(?)試験。まずは実装日直後なために人が一杯で、順番待ちに時間が掛かる。さらに試験そのものも、画面の指示を読み取るのに慌てたり、クリックする場所が悪いためか思うように動けなかったり、果てはラグの影響で動けないことも有り……。結局1日目はここで断念。明日以降に回す事に。

 p.s. 余った収集品は、資金回収のために処分。別名、ボッタくりとも言う(笑)
 

足元見過ぎ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月に一度の楽しみ

月もすでに終盤に入った、という事で、定例の高Lv1次職集会の告知を。もう気が付けば期日は2日後に迫っており、効果の程はたかが知れているかもしれないが(汗)。

+ 高Lv1次職集会 Part17 +
 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない
 自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。
開催日時 :
  10月29日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。
集合場所 :
  プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )

Waiting

*集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
*それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。
参加資格 :
  1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。
集会概要 :
  21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。
注意事項 :
  *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
  *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
  *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
  *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
  *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
  *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
  *基本1次職オンリーのイベントなので、2次職、スーパーノービス、ノービスでの参加はご遠慮ください。
  *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

この集会に対するご意見、ご要望はLiveRO板、
 【いつまでも】高Lv一次職を語るスレ Lv4【一次職】
 http://enif.mmobbs.com/test/read.cgi/livero/1114709374/l50
具体的な内容などは高Lv1次職集会@EventWikiで(この場所)
 http://ro.logue.tk/%E9%AB%98Lv1%E6%AC%A1%E8%81%B7%E9%9B%86%E4%BC%9A.html
集会中の整列SSやハプニングSSは、以下のアップローダにどうぞ。
 高Lv1次職集会専用SSアップロード掲示板
 http://cgi.mediamix.ne.jp/~k1079/cbbs/

テンプレート上ではスーパー/ノーマルノービスの参加は不可ではあるが、参加人数が少なめであるsaraサーバではこの制限に関して厳しく考えている方は余り居ないようである。ノービス系の方々も臆せず来て頂ければありがたい。
今回はどんな方々に会うことが出来るのか……楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

支払いの価値

しばらく更新に間が開いてしまった。気を抜くと直ぐになまけてしまうので、もっとしっかりせねばなるまい。反省。

さて、この間、何もしていなかった訳ではなく、今日実装されるパッチに向けての準備を着々と進めていた。特にThe Signクエスト用のサンゴ収集と、名探偵帽作成用の柄の紐集めを、である。
特に、柄の紐集めには熱を入れていた。と言うのも、これを落とすタムランには、この前の衝動買いした弓が最大限に威力を発揮出来ると予想されるためだ。
で、結果……

与ダメージ1K突破  

 

悔い無し(笑)。よもや、支援無しでもタムランに1000以上のダメージを出せるようになるとは。感無量である。ちなみに、辻支援を頂いたときには以下のように1100台にも乗ったりする。防御力がそこそこあるタムラン相手にこれなら、防御が薄いレイス辺りにはどのようなダメージが出せるのか……楽しみである。

何時も有り難きかな  

 

しかし、買って減ったお金はやはり稼ぎなおさねばならぬ。今まで使っていたハイブリッド連弩を売却し(驚くことに、約3.2Mzで売れてしまった……自分以外に使いこなせる人はそうは居ないと思っていたのに(汗))、シーフに出番をとられて狩に行く時間のほとんど無くなった、十字軍や鍛冶師用の鎧も数点処分。ついでにシーフが仕入れてきた武器もちょっと加工してせっせと売り続け……。

加工販売  

新パッチ到来によって、またお金もなにかと要り用になるであろうし、しばらくは金策に四苦八苦する日々が続きそうな気配ではある……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

諸国転戦 ―アルデバラン時計塔地下第三層―

今でもROをプレイしている人の多くは楽しみにしていたであろう、次期大規模パッチ。しかしながらその実装は当初の18日から、一週間後に変更されたようで。今の環境を鑑みればさもありなんと言ったところか。まだ準備が整っていない人にとっての準備期間が長くなった、とでも考えるようにしておこう。
その「準備」。メントと同じくらいに用意するのが面倒だと思われるのが、サンゴ10+365個。例のごとく、今回も自力収集する事にしたのだが……これを落とす敵はペノメナとヒトデしかおらず、その上ヒトデはサンゴを落とす率はかなり低めなため、数を集めるならどうしてもペノメナを倒さねばならない。
ペノメナが主に生息するのは、イズルードダンジョン第5層やコモド西ダンジョン等だが、ペノメナの数やペノメナ以外の敵の数や種類を考慮して、今回は時計等の地下第3層に行ってみることにした。ここは、Lv99になる前は殆ど足を踏み入れたことが無く、自分でもどこまで戦えるかちょっと興味もあった。持ち込んだ装備類は以下。

武器:+7TBd/TGグラ、+7QDexナイフ、+4月光剣
装備:+7エデュウレイトジュエルヘルム、+5ヘビーバックラー、+5ポイズンドメントル、+5モッキングマント、+7グリーンブーツ、ブローチ オブ フラッシュ×2、ニンブルグローブ、(ヒール、キュア、ブラスト、テレポート)クリップ
消耗品:イグ葉×3、蝶羽3、蝿羽3、HSP6

今回のターゲットとなるペノメナと言う敵だが、これは攻撃を95%回避するために必要となるFleeは268だと言われている。これに対し、上記装備での私のFleeは257。必要数値に11足りず、これでは84%しか回避出来ない事になる。そのためここではペノメナに対する対策が特に重要となる。
まず防具だが、ペノメナが遠距離攻撃をするためこれを軽減するためのホルンc挿し盾、ペノメナ&クランプの毒属性攻撃を無効化するためのアルギオペc挿しの服(これはHP吸収攻撃の威力も半減出来るので、こちらの意味でも有効)、そして、ドレインリアーの暗闇化攻撃を無効にするためにデビルチc挿し兜、と、ほぼ選択の余地は無かった。特に暗闇化すると、Fleeが大幅に減少してしまうため、ペノメナとの戦闘中にそうなってしまうとその攻撃の大半を食らってしまう事になる。時計塔B3Fで戦うのなら、ホルンcと同じくらいに重要な対策だろう。
少し悪い例 ペノメナは1対1でもその攻撃を避けきれない以上、他の場所での戦いよりも敵に囲まれないように細心の注意を払う必要がある。進むときはとにかくゆっくり慎重に。敵を発見しても一気に近づかずに周りの状況を良く確かめる。敵が複数いるようなら、一体づつ誘き寄せるよう最大限努力する。ペノメナとの戦闘中に他の敵がさらに攻撃してきたのなら、その敵の種類や、いままで戦っていたペノメナがあとどれ位攻撃を加えれば倒せるか考え、一旦退却するのか、新たな敵を迎撃するのか、あるいは戦闘中のペノメナを倒しきるのか……一瞬で判断できなければ命がいくつあっても足りない。
ペノメナは目的にサンゴを持っているので、基本的にはスティールを狙うが、クランプにはそうもいかない。普段ならオリデオコン塊や高価で売れるネズミの爪、貴重なHP回復剤になる化け物の餌etc.狙い目の物を多く持っているのだが、HPの消耗が激しいペノメナとの戦いで、ヒールにまわすSPを温存しなくてはならないため、深追いは出来ないのだ。
HSP3本目の使用中に、積載重量が50%を超過したため、加速効果が無くなった時点で帰還する事になった。他の場所なら月光剣でSPを回復しそれでヒールして、と無理やり戦闘を続行することも可能なのだが、ペノメナが相手では消耗が激しくそんな悠長な戦いは出来ないのだ。私のキャラのステータスでは自然HP/SP回復力は貧弱そのもののはずなのだが、今回のようなギリギリの条件下では、その僅かな回復量でも重要になってくるようだ。
血と汗の結晶 この90分での戦利品は左のようになった。目的のサンゴは1時間で大体60~70個程度集められるようだ。これなら必要数を自分でも集められそうだ。経験値も390k/h前後得られており、短剣使用としては今までで最高の数値が出ている。が、1次職で単独行軍の人の経験値目的の場所としては、決してお勧めは出来ない。なぜなら少しでも気を抜くと、稼いだ以上に失う経験値の法が多くなる恐れが有るのだから。たとえば、このように……。

役立たず、ここに眠る……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

装備増強@RO

先日、ブラックスミスでプロンテラの街を歩いていると、このような品を扱っている露店を見つけた。

 掘り出し物?

 

 

確かに、シーフとして扱う弓としては最終装備とするのに充分な品な上、値段も破格である。精錬済み角弓とカードをそれぞれ単体で買ったとすれば、下手をすれば2倍近くの費用が掛かるかもしれない。こんな安値で放出されているのは、やはり来る10/18に実装される新カードを有効に扱うための、+9精錬された防具を入手するための金策なのだろうか。この時期なら、他にも探せば思わぬ掘り出し物が見つかるであろう。これも大型パッチ実装前後の恩恵と言えよう。
しかしながら、安いとはいえ8桁もの値が付く品である。残念ながら、私の現在の所持金では、こんな高い買い物をしてしまうと、所持金が5桁になってしま

 

 

 

やってもーた…… 

 

……った(滝汗)。
これからしばらく、消耗品費用等どうしよう……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/10

Superなスパノビ誕生

土曜日の早朝の話。以前、高Lv1次職集会にゲストとして参加されたスーパーノービスさんと偶然にお会いした。思わぬ遭遇に話が弾んだのだがそこで、また別の、これまた集会にゲスト参加された事のあるスパノビさんが日曜日にLv99になられるという情報を教えてもらう。

当日、GvG後に行われるのでそれに合わせて起きられるよう、早めに就寝していたのだが……見事に20分ほど寝坊(滝汗)。しかし、悪運に恵まれたのかその時間帯はログインサーバーがダウンしており、なんとか開式直前に間に合うことが出来た。今回のサーバートラブルに被害を受けた方も多いかと思われるが、恩恵を受けたのは多分私ぐらいなものではなかろうか(苦笑)。

今回、最後のレベルアップをされたのは、ノービス ご飯所属のチャイナ女史。
これがまた強いの一言。以前より、スーパーノービスの潜在力には一目置いていた私だが、今回の女史の戦いっぷりを見てその認識を新たにする事となった。なにしろ、支援が有ったとは言え、ロリルリやリビオと戦ってもまったく危なげがなく、それどころかメマーナイトを連発すればあっという間に片がついてしまう。私では、とてもではないがこうは行かない……。とは言え、職の制限、特に最大HP/SPは厳しいようで、sノビの方々から聞いた話では、皆さんだいぶ苦労させられている様子。こういう面に関しては、我ら1次職はまだ恵まれているのかな、とも思う。
記念撮影 ともあれ無事にレベルアップ。恐らくsaraサーバーでは3人目のオーラスーパーノービスの誕生と相成った。お祝いに贈られた古い青い箱やプレゼントボックスからも大当たり(サンタポリンc)が出たようで、万事めでたし。

色違いオーラ光 チャイナ女史、本当におめでとうございました。これからはデスペナに脅えずに済む世界が待っています。存分に楽しんでください(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/07

諸国転戦 ―崑崙ダンジョン第一層(西王母神殿)―

アマツフィールドで戦うこと、数日間。しかし目的のメントの入手は出来ず。手に入るのは、ぬいぐるみやガラス玉ばかりで、果ては「あれ」までも……(コイツは入手せずに、ポポリンに食わせてきた。持ってたら臭そうだし(苦笑))。
そんなグチをギルドチャットでこぼしていたら、我が師匠にしてギルドメンバーのWILさんから「崑崙ダンジョン一階なら赤い草も多いし、刈ってもすぐに生えてくるらしい」との情報を頂く。それでは、と言う訳で今回の転戦先は、崑崙D第一層に決定。
ここに生息する主な敵は人面桃樹。移動こそしないものの、攻撃範囲が広い上に攻撃間隔も早く、さらにその命中率もかなり高い(95%回避にはFlee208が必要、戦闘中にさらに命中率を向上させる事も有る)という難敵である。ただ、その分見返りも多く、市場価値が高いマステラの実やローヤルゼリー、古木の枝等を結構な確率で落とすため、これを狙いに来る人(……及び、人ならざるもの)で連日込み合う場所でもある。
今回使用した装備は以下。

武器:+7TBdグラ、+7火ダマ、+7QDexナイフ、+4月光剣
装備:+7インソムニアックゴーグル、+5ヘビーバックラー、+7イービルアドベンチャースーツ、+5モッキングマント、+7グリーンブーツ、ブローチ オブ フラッシュ×2、ニンブルグローブ、(ヒール、キュア、ブラスト、テレポート)クリップ
消耗品:イグ葉×3、蝶羽3、蝿羽3、HSP6

Battle in 崑崙 私は、モッキング非装備の場合でも、人面桃樹の95%攻撃回避の要Fleeは満たしてはいるものの、3体以上に囲まれた場合や命中率を増大させてきた場合に備えて、今回は肩掛けはイミューンでは無くモッキングを選択。また、当初は対パピヨン用に連星土ダマを持ち込んでいたのだが遭遇回数は余り多くなかったため、重量の問題上からチャッキー用に使う対中型グラを流用する事に。ただ、遭遇回数は少ないといっても、睡眠攻撃や闇版ソウルストライク等の攻撃は、受けると致命的な結果になったり、そこまで行かなくとも余分なダメージをもらう元になるので、それ用の防御装備(不眠ゴーグルと闇服)までは外せなかった。
ここの敵は、人面桃樹ばかりではなく、パピヨンはバグナウ[4]やラリエット、チャッキーもローヤルゼリーと高価なアイテムを持つものばかりなため、相対する敵には全部スティールを狙っていく。もちろん、赤い草を始めとした各種草にもスティールを仕掛けるので、spの消耗が激しい。人面桃樹の攻撃も厳しいのでヒールの使用も自然と多くなり、sp消費も輪をかけて増えるため、補給もこまめにしないとすぐに枯渇してしまう。それだけに見返りも大きい。
刈り取り成功 今回はご覧の通り、狙い違わずメントの収得に成功。情報を届けてくれた師匠に感謝。

 

 

戦利品@1時間 この場所の利点として、マップから1歩外に出れば、すぐ崑崙の町に行ける、つまり補給が容易であると言うのも見逃せない点だろう。私のように、Strが低く許容積載量が少ないキャラにとってはこれは非常に有りがたい。今回の戦利品はHSP6本使い切った分ではなく、2本分、つまり1時間戦った分のものである。1時間でこれだけ集められるのだからここの価格効率の良さ、ひいては人気が集まる理由が判るというものだ。ちなみに経験値効率は約263k/h。やはり、以前巡った場所とほぼ同じような数値が出ている。短剣では本当にこの辺りに限界があるのだろうか……?

ただ……これだけ集めても、実は財布は余り温まらなかったりする。何故なら、ローヤルゼリーは、今回収得したメントと共に新規クエストの為に保管、古木の枝もクエストで使用する可能性があるのでこれも念のために確保。

我ながら溜め込み過ぎ……そして、ハーブやマステラの実は……売ったり使ったりするのが勿体無くて倉庫に溜め込んでたりするからで……。実際、ハーブ類は私がROを始めた最初の頃、つまり2年半以上分溜め込んでいる物が多く……もはや、カサカサに干からびたり、ドライフルーツになってるものが大半じゃなかろうかと(苦笑)。貧乏性なのも筋金入りって事でここは一つ(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/05

装備増強

先日の話になるが、今週の日曜日。かねてより計画していた装備の増強を果たすことが出来た。
……と言っても、武器や防具では無い。使っているパソコン……PCである。今まで使っていたPCはPentiumIIIベースでグラフィックカード(VGA)もMilleniumG400と、数世代前のもの。ROを単体で動かしたり、ネットを閲覧する分には余り支障は無かったのだが、両者を同時に行ったり、負荷が掛かるソフトを複数動かしたりするとVGAが耐えられないのか、PCがフリーズしてしまうような事がしばしば起こっていた。今まではこのような環境でもなんとかやってこれたのだが、blogを記すようになって、ROの画面を参照しつつ、自分のblogを確認しながらメモを取る……と言った仕事をPCに課すようになると、流石に気になってきた。
ただ、パーツ自体は今年の3月辺りから少しづつ買い集めており、今月頭にようやく最後のパーツであるCPUを買うことが出来たので、計画を実行に移したと言う訳だ。セットアップには丸一日掛かり、動作を安定させるのに、さらに数日取られてしまったが、今のところは何とか完成した、といえる状態にはなっただろうか。
新PCではPenIIIベースからPentium4ベースに換わり動作周波数は2.5倍以上に向上。メモリ搭載量も2倍に。肝心のVGAはGeForce系でもRADEON系でもない、MilleniumP650を使用。こんな所は、実に主流派とはズレている自分らしい、と自画自賛(?)。まったくゲーム向きでは無いVGAではあるが、RO以外のMMOをするつもりは今のところ無いのでこれでも充分。実際、新PCでROを動かしてみたところ、画面の回転等が非常に滑らかに感じ、驚いた。旧PCでの画面回転が、まるで水中での動作のように重く感じてしまった程だ。
環境の移行は、ルータを介して接続してファイルをやりとり……しようとしたのだが、どうも巧く行かず失敗(汗)。仕方ないので、旧PCのHDDを引っこ抜いて、新PCに繋いで必要なファイルは直接コピー、と力技で対処。今後、旧PCのデータも必要になってくることもあると思われるので、今のうちにPC同士の接続について調べておかなくてはならないかも……。

何はともあれ、新環境への移行は成功。回線やサーバーが起因する物以外のラグからは開放されるはず。これからの冒険が少し楽になってくれれば良いのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »