« 集会報告(戦闘編) | トップページ | 既視感 »

2005/11/02

―Questor―(3)

  場所は、死者の国ニフルヘイムの某所。長編クエストThe Signの最終部は、この婦人との語らいから始まる。第三部の軸は、この婦人の悲しき希望と願い、想いにまつわる物語。

出逢い

 

 

彼女との出会いの後、魔女の依頼を受け、

依頼
 
呪われた魂と対峙し、

解呪
 
婦人から新たな情報を尋ね出し、

質問
 
再び天上を目指し、この世の最も深き場所に赴き、

邂逅、再び奥の手使用中
 
九地獄の主に謁見し、

謁見
 
ギョル渓谷のようでいてそうでない、わからない所を駆け抜け

見知らぬ地
 
そして……

悲しき闘い 死闘 永遠の別れ
 
 
 
 
全てが終わった後、語るべき言葉ももはや持たぬ彼女が想うのは一体何なのか……もはや知る術は無い。

ただただ、涙……

 

 

 

 
残ったものは、印と、

「印」
 
嘆きと、

「嘆き」
 
そして……ほろ苦い記憶。
 
 
 
 
この物語がどのような結末を迎えるのか……是非とも、ご自分で体験していただきたいと思う。それ故、今回は詳細はかなり省かせて書かせて頂く事にした。ご容赦願いたい。
ちなみに、どうやらこのパートは会話中に選ぶ選択肢によって、いくつかのルートに分岐するようだ。ただし、最重要なイベントは、恐らくどの選択肢を選択しても順番は前後するものの、1度は通る事になるのではないかと思われる。余りに妙な選択肢さえ選ばなければ、進行出来ると思うので、自分の考えに従って行動していけば、この物語をより深く味わえるのではないだろうか。
これからクエストを行おうと考えている方々の健闘を祈りたい。

|

« 集会報告(戦闘編) | トップページ | 既視感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/6860996

この記事へのトラックバック一覧です: ―Questor―(3):

« 集会報告(戦闘編) | トップページ | 既視感 »