« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

間が悪い……

先日、鍛冶師のレベルが上がってからは、主に十字軍の方の経験値稼ぎを行っていた。が、それだけではやはり味気ないので、平行してアンソニーの追跡やクリスマスクエストも何回かやってみていた。目的は一時的に攻撃命中率や回避率を上げる事が出来る、茶菓子や揚げ菓子等のアイテムだ。これさえあれば、十字軍もこれ以上のレベル上げや武器の入手をせずとも、The Signクエストで対戦しなければならない、ダークロードの分身とも十分に渡り合うことが可能になるはずだからだ。そうして集めた菓子類がそれぞれ十数個に上った。しかし、この時点ではダークロード分身との相対時に余裕を持って戦いたいとの考えで、経験値2倍期間中に可能な限りの経験を積もうと予定を立てた。
まさか、この後あんな展開が…… ところが……クリスマスパッチ終了後に、公式ページから出てきた情報は、これら、能力アップ系の菓子類の効果が消滅した、と言うもの。つまり、貯めおいてきた菓子類には一銭の価値もなくなってしまった訳だ。
折悪く、私の倉庫やカートにはほとんど空きが無い状態のため、まったく効果の無くなったアイテムはその空きを圧迫するだけとなる。これでは持っていても仕方が無いので、エフェエクトを見るためだけに、さっさと全部使い切り、倉庫の空を確保。
が……その直後、再び公式ページに、菓子類の効果が来週から復活するとのが。……正直、こんな展開が待っているとは思いもよらなかったので、かなり凹む……。

しかも、今日接続してみようとすると、チケット切れというオチまで付く始末。さらに言うなら、現在は金欠状態のため、次回接続できるのは、多分年明けになってからだと思われる。悪いときには悪いコトが重なるものだ……(溜息)。

―――――――――――――――――――――――――――――

今年最後になるであろうエントリが、こんな辛気臭い物になってしまったのは何ではありますが、皆様方には良いことが有りますよう、祈る次第。それでは良いお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/25

鍛冶成功率、0.2%向上

ここ一週間の間は、火曜日に当てられたパッチにより、街やフィールドの様相が様変わりしクリスマスムード一色になっている。本当ならその雰囲気を存分に楽しみたいところだが、今年は同時に、得られる経験値が二倍となるサービスも行われている。どちらも魅力的ではあるのだが、残念ながら身体は一つ、一時に行えるのは片方だけ……。
という事で、私は後者を選択。経験値が必要なキャラは、私の場合は十字軍か鍛冶師か、と言うことになるのだが、まずは鍛冶師の方のレベルを後一つ上げるのを目標にした。半製造ブラックスミスなだけに、このような好機でもないと、もはや経験値を稼ぐのはかなり困難だからだ。

今回の行き先は、国境検問所(yuno_fild12)。アルデバランから、北、西と進んだ場所にあるマップである。ここに居る通常の敵はポポリンとジオグラファー、そしてパンクの3種である。ジオグラファーはかなり強い部類の敵だが、植物型の非移動の敵なため、基本的には近づかなければ戦闘は回避できる。ポポリンはどこにでも居る弱めな敵なため問題は無い。残るパンクだが……これは回避力が比較的高く、なかなか攻撃を命中させるのが難しいのだが、当たりさえすれば防御力が無いに等しいため意外に簡単に倒せるという特性がある。そして、私のキャラは半製造鍛冶……Dexが高い=命中率が良いのでパンクはかなり稼げる部類の敵ということになる。
今回の主装備 武器はファイアとアースの各ソードメイスを使用、防具は攻撃力を重視してピッキc挿しアーマーにアニバーサリーハット、そしてThe Signを装備、そしてパンクの石化対策にプラスタラスバックラーを使用した。
基本的にジオグラファーは避けるべき……なのだが、カードが高価なため、その魅力に耐えられず、どうしても倒しに行ってしまう。おかげで、ダメージが大分かさみ、ピンチに陥ることもしばしばあった。また、主目的となるパンクもまとまった数でいっぺんに襲い掛かってくることがあり、これも危険である。上でも述べたが、パンクは防御力が無いため、攻撃力の低いキャラでも命中率さえ確保できれば、かなり美味い部類の敵である。そのため、これを目当てに戦いに来る人も少なからず居り、そのためこのような危険地帯が時々形成されるのだろう。
結局、2~3回ほど倒されてしまったが、二倍効果の助けも有り、経験値は約858k/hという高効率で稼ぐことが出来、四日間でLv92の55%から87%にまで引き上げることが出来た。

ここで、おもむろにプロンテラに帰還。目指すはとある考古学者の家……。

会話前 LvUp@Quest Luk+2

と、考古学者の目の前であっさりとレベルアップ。実はThe Signクエストは最終盤において二百万もの経験値を貰うことが出来る。そして、鍛冶師はこの直前までクエストを進めてあった。この切り札があったからこそ、今回はこの鍛冶師のレベルを上げよう、という気になったのだ。ただ、この二倍サービスが終わってしまえば、この鍛冶師での経験値稼ぎはかなり難しい事になるはず……恐らく、今回のレベルアップが事実上、最後になる可能性もありそうだ。
なお、クエストで貰える経験値は、この二倍期間中でも、倍増にはならなかった事を追記しておく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/12/22

原点

先日、盗者にて、ルティエで索敵を行っている時に、このblogを読んでくださっている、とのお声を掛けてくれた方がいらっしゃった。身内、及び知り合いの方以外で読んでくださって居る方にお会いできたのは初めての経験だったため、動揺の余りSSは撮り逃すは、タイピングの遅さによりろくな返事が出来ない等の体たらく。この場を借りてお礼を申し上げたい。
不特定の方に読んで頂いている事が判った以上、無様な文は載せられますまい。これからはさらに気を引き締めて頑張って行きたいと思う。まだまだ未熟な文章ではありますが、よろしくお付き合い願えたら、と思う。

―――――――――――――――――――――――――――――

今回は、その昔、私のメインキャラの盗者が、まだ、ごく普通のシーフだったころの話を。

懐かしき場所(註:SSはイメージ画像です) それは2年半以上前の事だったろうか、私は足繁くプロンテラ地下水道第二層での戦闘を繰り返していた。その頃はまだキャラクタも弱く、武器もNPC売りの+7マインゴーシュか未精錬グラディウス辺りを振り回していたような記憶がある。
来る日も来る日も地下水路に通っている内に、自分と同じように、この場所で戦闘を繰り返している方たちが居ることに気が付き始め、時々声を掛け合ったり、励ましあったりするようになった。そんな地下水路仲間に、一人の女性のアコライトさんも居た。自分が戦っていると、時々、ヒールや支援スキルを掛けてくれて下さり、非常にありがたいと思うと共に、貴重なspを使わせて申し訳ない気もしていた(余談ではあるが、師匠に初めて出会ったのもこの場所だった。商人で露店を開きつつ、鉄鉱石やザージャケットを買い取っておられたのを思い出す)。

迷い迷って(註:SSはイ(以下略)) ただ、同じ場所にずっと居続けると飽きが来てしまうのもまた事実。その日は、少し気分を変えて外の空気を吸ってみよう、と別の場所に行って見た。場所はプロンテラの北東、マンドラゴラが群生するマップ。この頃の私は、ラグナロクの世界にはボス級の敵が居るらしい、というのをようやく知った時期で、その時点の自分でも手の出せそうな強さの大ウサギのボス、エクリプスを見物しようと言うのが目的だった。
その場所に踏み入れてしばらくして、迷いの森、と言うこのマップの異名の通りに道に迷いつつも、なんとかルナティックを沢山従えた、一回り大きな青いウサギを見つけることが出来た。苦戦したのか、あるいはあっさり倒せたのかは覚えていない。しかし、倒したと同時に、見たことの無いアイテムを落としたのは記憶している。拾ってみると、それは未鑑定のヘアバンドだった。
その後、このマップを脱出しようと、うろうろしている時に偶然通りかかった人(確かハンターだったような……?)に、出口を尋ねようと声を掛けると、向こうも大きな赤芋虫が居るマップに行く途中に道を間違えたらしく、お互いなんだかなぁ、としばらく雑談に。私が大ウサギに会ったこと、そして未鑑定アイテムを拾ったことを話すと、拡大鏡があるので貸してみせて、との事。渡してみると……どうやらレアアイテムの、ヘアバンド、と言う物だったようで、祝福の言葉と共に、鑑定した後のものを返してくれた。お礼の言葉を言って別れた後、なんとかプロンテラへと帰り着くことが出来た。
自分にとっては、初めて拾ったレアアイテムで、確かに嬉しくは有ったのだが……このヘアバンド、可愛い感じのアイテムで、男キャラの自分が装備するのはちょっと不似合いだな、と少し残念でもあった。とは言え、初めて得ることが出来たレアをあっさり換金してしまうのもちょっと味気ないな、とも考えたとき……ふと、一つのアイディアが思い浮かんだ。

数日後、私はまたプロンテラ地下水道に出向き、何時も戦っていた場所に行き、あのアコライトさんにお会いする。そして、何時も支援スキルを使わせてしまうお礼に、と、あのヘアバンドを渡す。
アコさんは、それはそれは喜んでくださり、spが尽きるまでヒールや速度増加、ブレッシング等を使ってくれて、その喜びを表現してくれたのだった。当時は、spの回復が非常に遅く、Intに全振りでもしていない限りspを使い切ってしまったら回復するまでに十数分~数十分は普通に掛かってしまう時代。そこまでさせてしまって、逆に恐縮してしまった覚えがある。
……が、アイテム一つでこんなに喜んでくれる人が居るのなら、こんな生き方をして行くのも良いかな、と思う契機にもなった思い出でもあった。

今はもう、ミッドガルドの地には居ないであろう、そのアコさん。貴女の掛けたスキルとしてのブレッシングは、その場限りで効果は切れてしまったけれど、その祝福が今でも残っているからこそ、私はこの地で戦い続ける事が出来るんじゃないか……このリボンのヘアバンドを見るたびに、そんな思いが、ふと頭をよぎるのである……。

ちなみに、キューペット実装数日後からの相棒である、ルナティックの名前は、この大ウサギの名より取らせて貰っている。ただの懐古だ、と言われればそれまでだが……自分にとってはそれだけ大きな出来事だった、と言うことで、一つお許し願いたい(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

第19回高Lv1次職集会参加集会報告

今回は昨日行われた、1次職集会の報告をば。
この日、集合時間こそ一人、二人しか居なかった集合場所だが、徐々にぽつぽつと集まって行き、最終的には剣士2、弓手1、魔術師1、アコライト1、そして盗賊の私が1、と総勢6名が集った。ただし、この内剣士の片方の方とアコライトは同じ人が別アカウントで操っていると言うことで、実質的には良く見知った面々の5名であった。本当はもう一名剣士がいたのだが、こちらは事情により割愛。

行き先変更 魔術師の方は、所属ギルドでの都合により、雑談のみで退席されたため、狩りには結局4名で行くことに決定。行き先がなかなか決めらなかったため、ここは以前行ってみた記憶を頼りに、アルデバラン時計塔地上4階を提言してみた。この提言が採用され、時計塔に向かったのだが……これは少し失敗だったかもしれない。と言うのも、このパーティの場合だと、通過する予定の地上3階でのアラームとの戦闘で丁度良いくらいの戦力であったからだ。
偶然の遭遇 結局4階行きはやめになり、3階を巡回して戦闘して回ることになった。途中、この日が集会だと言うことを知らずに居た、別PTに加わっていたもう一方の盗賊の人とばったり会ったり、話しついでに戦い方を場所固定に変更したりしつつ、約1時間半を戦いきり死者0で乗り切ることが出来た。
残念ながらクリップを得ることは出来なかったが、参加者各人にオリデオコン1個づつが行き渡る結果に。剣士組2名には回復剤を相当数使わせてしまったのだが、得られた経験値で相殺出来ていれば、と願うばかりである(汗)。

色々と手際が悪く、さまざまな面でご迷惑をお掛けしてしまった感があるのだが、これに懲りず次回以降も参加していただければ幸いだと思う。皆さん、お疲れ様でした。またお会いしましょう~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/12/17

Gambling box

先日、不正対策が施されてからというもの、今まで自動操縦キャラに蹂躙され行けなくなってしまっていた場所の各地へと、盗者で渡り歩いている。それらが居ない場所というのは非常に快適で、収集品やアイテム等がどんどん集まっていくのを見るのは楽しくてたまらない。おかげで、今の最優先事項である十字軍の育成が、完全に滞っている。これは、全面的に自分の責任であるが(苦笑)。
昨日は、フェイヨンダンジョン第五層に行ってきたのだが、九尾狐というのは、意外に古い青い箱をドロップする率が高い模様。重量90%に達するまで戦う間に6個も得ることが出来た。青箱は自分で得た物に関しては、売らずに開けてしまう性質なので(ただし、買ってまで開けたりはしない)、街に帰って一気に開けてみた。

開封前 開封後 鑑定後

最高額の物でも、リボンのヘアバンド、と言う事で金額的には恐らくは損失の方が大きかったと思う。
しかし、この装備に関しては個人的には少し思い出があり、しばらくの間感慨にふけるものがあった……。この事はまた後日書いてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

何時までこの状況が続いてくれるのか

昨日昼過ぎにログインしたところ、いきなりこのようなメッセージが。

どこまで信用できるのか?

出鼻をくじかれた格好になったのだが、不正対策をするということで、メンテナンス終了後にとある事を試してみようと思いついた。それは時計塔地下3Fでの戦闘である。
以前は1時間に60~70個、あるいは40~60個採れていたサンゴだが、最近は自動操縦キャラが闊歩するようになってしまい、1時間に20個前後しか取れなくなってしまっていた。そこで本当に対策が行われるのなら、サンゴ採りをする好機になると踏んだからだ。
メンテナンス終了後、早速進入してみたところ、本当に自動操縦らしきキャラを見かけない。そして結果は……。

30分経過時点 出口目前で力尽く

ペノメナとの戦闘機会が飛躍的に増えたため、たった30分戦っただけで、サンゴが58個も採れたのは驚きだった。逆にそのため危険度も増加し、今回は60分を戦いきることが出来なくなってしまった。しかし、自動戦闘キャラに塗れた世界に居なければならぬ苦痛を考えれば、この緊張感はかえって好ましい位だと思う。逆に、今まで我々がどれだけ酷い環境に晒されて来たかが理解できただけに、管理会社には猛省を促したい。残念ながら、今、この段階ではまだ到底信頼できる、とは言えない。何時までこの状況を持続できるのか、長期的に成果を見せて頂けなければ、今まで成して来た事実が事実だけに、信用を得ていくのは難しいだろう。

サンゴを採ってきたは良いが、コレをどうしようかと考えていると、折りよく1次職仲間の先輩である、弓手の母様(仮名)がログインしていらっしゃったので、連絡をしてみた。以前耳打ちを頂いた時にサンゴがなかなか集まらない、と話していたのを思い出し、今でも必要かどうか尋ねたかったのだ。どうやら、まだサンゴは要り様だったようで、会ってお渡しする運びに。ようやくこの時の任務を完了できた、と一人、満足感に浸る私である。
同志集結 再開を果たし、無事にサンゴの引渡しが済んだ後、互いの近況などを話し合っていたのだが、話の流れから何故かPvPで対戦する事になってしまった。ちょうどこの時、イルカさんも接続して来られたので、せっかくだからと、こちらも巻き込む事にした。

結果であるが……母様の前に惨敗(汗)。鎧と肩掛けの選択を誤った上に、状態異常武器での奇襲を受け、一通りの異常に陥った末に打ち倒されてしまった。ただ、武装の選択を誤っていなくとも、負けていた可能性は高いと思う。そう思えるほど、、母様の攻撃力は高く、弓手と言う職の優秀さを再認識した思いである。
何はともあれ、久々に楽しい一時を過ごすことが出来、満足な1日であった。願わくば、このような好状況が出来るだけ長く続いて欲しい……そう願うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

ちょっと繰り上げ

普段は月末に行われるのが恒例になっている高Lv1次職集会だが、今月の最終土曜日は年末に当たり、その前の週はクリスマス、と言うことで今月は今週決行となった模様。よって恒例の告知を。


+ 高Lv1次職集会 Part(多分)19 +
 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない
 自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。
開催日時 :
  12月17日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。
集合場所 :

Waiting

  プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。
参加資格 :
  1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。
集会概要 :
  21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。
注意事項 :
  *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
  *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
  *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
  *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
  *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
  *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
  *基本1次職オンリーのイベントなので、2次職、スーパーノービス、ノービスでの参加はご遠慮ください。
  *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

この集会に対するご意見、ご要望はLiveRO板、
【いつまでも】高Lv一次職を語るスレ Lv5【一次職】
 http://enif.mmobbs.com/test/read.cgi/livero/1127560601/l50
具体的な内容などは高Lv1次職集会@EventWikiで(この場所)
 http://ro.logue.tk/%E9%AB%98Lv1%E6%AC%A1%E8%81%B7%E9%9B%86%E4%BC%9A.html


先月は仕事の都合上出席できず、今月も無理だろうと思っていただけに、今回の繰上げ開催は、個人的には非常にありがたい。今回はどんな方々に会えるのだろうか……楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/11

一槌入魂

以前の武器鍛造ラッシュが契機になったのか、ここ最近、ギルドのメンバーの方々から依頼を受ける機会がしばしば有るようになった。今回は寅さんよりの依頼であったのだが……希望の品は星の欠片2個入り水属性ツーハンドアックス。
私のステータスでの連星属性Lv3武器の成功率は、計算上では約25%と言われている。グロリア+ブレッシングの支援を頂いても約29%にしかならず、分が悪い勝負になる。特に寅さんの依頼品は前回は2回受けて全滅させてしまっているので、気がひけたのだが……信頼して頼んできてくださったのだから引き下がるわけには行きますまい。
折りよく、師匠の支援も受けられる事になったので、さっそく自身初となる斧の鍛造に挑戦。ところが……。

一振り目 二振り目 四振り目準備中 四振り目

……何か恐ろしいことになってしまった(汗)。当然、この結果を真に受けて、次から作る武器は全部星の欠片入りにしよう、なんてコトは考えない方が良いだろう。所詮は確率の波が良い方に回ったと言うだけの事、手痛いしっぺ返しを食らうはずだ。しかし、それは判っていながらも、前回の連星水ランスと言い、私が武器を打つ場合は、星の欠片を入れたほうが成功率が良いのではないか? などと思いかねない成果ではある……。

次の日の寅さんの報告によれば、どうやらこの3本の内の1本が見事+7精錬に成功したようだ。また時を同じくして、前回の武器鍛造ラッシュ時にイルカさんの手に渡った火ツルギも+7になった模様。自分の造った武器が、戦力として他の方の役に立ってくれる……武器造りとして、これほど嬉しい事は無いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

A mine in the mine

ピットマンが仕掛ける、クレイモアトラップ。実はこれは攻撃することが可能である。

殴っても壊せるワケでは無かったり

通常攻撃が出来る以上、スキル攻撃も当然当たる。そこでシールドチャージでこのクレイモアを攻撃してみたところ、スキルのエフェクトは実際にノックバックするべき場所に現れるのだが、クレイモア自体は動かない。が、この動かなかった物を踏んでも、何故か動作はしない。

吹っ飛ばしても動かない……?

しかしながら、先ほどスキルのエフェクトの出た場所に移動すると、突然大爆発が。どうやら実際にはこのクレイモア、先ほどのシールドチャージで吹き飛ばされていたものの、グラフィックだけがその場に残って見えていた、という事らしい。今回はシールドシャージを使用したが、スピアスタブやカートレボリューション等、ノックバックを生じるスキルなら、どれでもこれと同じ現象を起こす事が可能だと思われる。

遠隔発破

問題点は、この技、実用性が皆無だ、という所であろうか……(ヲイ)。
註:実用性が無いどころか下手にこの現象を起こすと、PKを引き起こす可能性が有るので、周囲を良く見て人に迷惑を掛けぬよう、注意するよう願いたい。

目標まで残り5 そんなアホをやっている内に、Lv85に上昇。とりあえず当面の第一目標は達成したことに。これでようやくバーサークポーションの使用が可能になった。次回の戦闘が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

A miner

待望だった対大型槍を完成させることが出来、積極的にミノタウロスと戦う理由が無くなった、我が十字軍。しかし転戦先はミノタウロスcを拾う以前より既に決めていた。場所は……アインベフ鉱山第一層。イルカさんのblogやギルドメンバーの寅さんの報告により、ここでは非常に多くの鋼鉄が採れるという情報を得て、これを実地で試してみようという理由からだ。将来、盗賊用の属性短剣を星の欠片入りの物に更新する時の為、鋼鉄はいくらあっても多すぎるということは無い。
せっかくそろった槍用対大型カードを実戦に投入したいところであるが、まだ火属性のランスが出来ていないため、今回は片手剣を使用。TBd、TTiの各+7サーベル、及び+5火海東剣を持ち込んだ。鎧は自爆とクレイモアトラップ、砂まき対策に火属性鎧とジャンクポットの属性攻撃を防ぐための闇属性鎧を使用。盾は対昆虫盾、兜は対暗闇用のデビルチc挿しの物を装備した。
発破 人が少ないのでこんな時も この鉱山、第二層のベアドールの凶暴さばかりが取り上げられがちだが、第一層の危険度もなめて掛かっているとなかなかのもの。ピットマンはしばしば爆裂波動状態となり気を抜けば簡単に400~1000以上のダメージを食っている事が有るし、毒ガス雲2種は不意の自爆や属性攻撃が有る。もちろんジャンクポットには強い攻撃力とスタン打撃でピンチに追い込まれ、ウンゴリアントは攻撃を受けたが最後、戦闘不能にされる可能性は非常に高いだろう。
ちなみに、ジャンクポットと戦う際には鎧を闇属性のものに着替えるのだが、火属性鎧に戻すのを忘れ、そのまま毒ガス雲と戦い自爆されて死亡、といったパターンも何回か経験しており、自分の注意力の無さにはほとほと呆れるばかりである……。
自爆といえば、これは寅さんから教えて頂いた事なのだが、敵が他の敵の自爆に巻き込まれて死んだ場合は、アイテムをドロップしないらしい。これは死んだ敵がルートしていたアイテムにも適用されてしまうので、注意が必要だ。もし、毒ガスと戦闘中に足元の貴重品をポルセリオにルートされた場合には、とっさの判断を必要とされる場面も出てくるかもしれない。

Result 1時間戦ってみて得られた鋼鉄は8個。聞いていた情報よりは少なめだが、それでもミョルニル廃鉱などで得られるそれよりは大幅に多い。石炭の採掘数がミョルニルよりも少なめなのが気に掛かるが、この鋼鉄の産出量は大したものだと思う。なお、懐中電灯とへこんだやかんは、ピットマンとジャンクポット、それぞれのレア収集品である。今のところ何の使い道も無いが、珍品ではあるのでちょっと溜め込んでおこうと思う(笑)。
得られた経験値は1時間で約537k/h。レベルが15も上の盗賊が得る経験値を軽く一回りオーバーしている。やはり攻撃力は大切なのだな、と痛感させられる事実である……。

おまけ:何でこんな価値の無いものばかり成功させられるのかな? ハワード一門は……。

3個目で……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

For break the "Illusion"

一人では絶対無理だった…… The Signクエストが実装されてから、はや一ヶ月。私のキャラの内、シーフと鍛冶師はクエスト途中の「ダークロードの分身」をパーティで挑めるシナリオを体験して、装備品「The Sign」を得ることが出来た(鍛冶師で挑戦する際には、ギルドのメンバーのWIL師匠と寅さんの多大なる助力を得て無事突破することが出来た。この場を借りて感謝したい)。そこで、あと一人残った十字軍では、もう一方のシナリオ、「ダークロードの分身」に単独で戦う必要がある方に挑んでみたいと思っている。しかしながら、そのためには今の十字軍の戦力ではまったくの力不足である。そのため、今は彼の戦力増強が主な目的になっている。
狂気Pまで後1つ 戦場は以前から相変わらずピラミッドダンジョン地下第二層。しかし、得物は先日勢いで造った水ランスとTBdトライデントに変更。スピアクイッケンはLv2しか取得はしていないが、それでも武器の威力を考えれば、自分には充分な攻撃速度である。盾が装備できなくなった事により、事故死する回数も増えたが、それ以上に戦闘時間を短縮できる恩恵の方が大きく、また一つレベルを上げることが出来た。
腐犬産牛カード そのLvUPを祝うがごとく、ミノタウロスカードも入手。ただ、少し引っかかるのは、このカードがベリットから出てきた、と言う事実なのだが。この回の戦闘では、ベリットは大量の収集品等のアイテムを溜め込んでいる事が多かったし……。
ともあれ、これでミノタウロスcもようやく3枚揃い、対大型用の槍も完成する運びに。これは対ダークロードの分身には役には立たぬものの、常時の戦闘には充分活用できるはず。装備面での戦力充実も着々と進んでいる。次に欲しいのは火ランス辺りだろうか……。
謎の装備 肝心の対分身用の装備もじわじわと充実させている途中。レベルの方はせめてLv85、可能ならばLv90辺りまでは上げたいところ。まだまだ道のりは長そうだ……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »