« 第20回高Lv1次職集会参加集会報告 | トップページ | 地下墓所を駆ける »

2006/02/01

龍を墜とす者

このところ一週間ほど、通常戦闘に関してのエントリーを書いていなかったが、この間にもオリデオコン集めは地道に続けていた。その結果、目標にしていた数は確保する事が出来、後は剣の鍛造を依頼しようと思っている武器職人の方と接続時間が合うのを待つばかり。
そこで、今度はしばらくの間は、先日使ってしまい備蓄が底を尽きかけているエルニウム収集に切り替える事にした。
エルニウム塊と言うと、読者の方はどのマップを思い浮かべるだろうか? グラストヘイムの城か騎士団、時計塔地上二階、あるいは、コモド北ダンジョンといったところではないだろうか。
しかし、今の私では、上記の場所で戦うには少し不適だと思う。グラストヘイムの主力やコモド北の敵は軒並み防御力が高く、私の攻撃力では歯が立たない。時計塔二階のクロックはまだどうにかなる範疇の敵なので、戦えないことは無いのだが、人気の戦場でもあるため、今の私では少し目立ちすぎるきらいがある。
そこで思い出した敵が、プティット(空)。思い起こしてみれば、まだグラストヘイム東のフィールドにコボルドが居た時代、そこでグラディウスやバックラーを狙いつつ、プティット達とも戦ってエルニウムやオリデオコン原石を稼いでいた時期があった。確か、Lvは80台後半から90台半ば辺りまでだっただろうか……。
しかし、今はGH東からはコボルドは姿を消し、それに伴い、私にとっては少し戦いづらいプティット(地)に遭遇するリスクの方が大きくなったために、ここ1年以上足が遠のいていた。しかし……コボルド産装備を狙わないのなら、地プティットに会わずに済みながら、空プティットと存分に戦える場所が有る。ゲフェン→→↑↑(別の表現をするなら廃鉱→)のマップがそうだ。
空プティは、95%回避に必要なFleeは193とそう無茶な数字ではないものの、必中に要するHitが178であり、通常の前衛職にとっては少し骨の折れる相手だと思われる。が、Agi-Dex二極、もしくはそれに近いステータス振りならば、なんとか対処できる範囲内でもある。
プティットの通常攻撃はある程度の防具が有れば、ダメージを受けても150以内に抑える事が出来るので回避さえしっかりしていれば乗り切ることが出来る。
問題なのは通常攻撃に取り混ぜて、時折放ってくる属性攻撃。彼らは近接戦闘時には風属性攻撃を放ってきて、これを食らうと通常の約4倍前後のダメージを受けてしまう。これに対処するにはこちらも風属性鎧(ドケビc挿し)を使えば良いのだが、実はプティットは近接していないときには、念属性攻撃を使ってくることも有るのだ。無属性鎧を着用している場合なら、余り気にならない攻撃なのだが、前述のように風属性攻撃対策をしている場合には、逆にこちらの攻撃が800~900台ダメージの痛撃になってしまうのだ。これだけでも充分に痛いのに、Flee確保にモッキング肩掛けを使った場合には、このダメージがさらに1.5倍にもなるため、致命傷にも成り得る。プティと戦うならば、鎧と肩掛けの組み合わせには注意を払う必要があるだろう。今回の私の場合、モッキング不使用でもプティの回避は充分に出来るため、ドケビ鎧とイミューンマントの組み合わせを使用した。念属性攻撃は、非近接時に使ってくるように思えるので、近接戦闘時の風属性攻撃よりも受ける頻度は少ない、との推測もこの組み合わせを使った理由のひとつ。
他の装備は、武器が+7連星地ダマと+7火ダマ、そして+7THグラ、盾は対竜盾は持っていないので、代わりに対虫バックラーを利用。

一対五 フィールドマップで有る上に、人もまばら(というか、今回の冒険中は一度も他の方に遭わなかった……)なため敵の分布は薄めである。が、時々妙に詰まっているときも有るので油断は禁物である。基本的にはハエの羽orテレポートを使って索敵をした方が、遭遇回数を稼げるだろう。
今回の主なターゲットは空プティだが、アルゴスにも全てスティールを狙いにいった。現在はプロフェッサーで、くもの糸を触媒に使うスキルが有るらしく、これが意外な高値で売ることが出来るのだ。
今回の戦利品 HSPを5本消費した後、しばらくして重量が90%超となったので帰還。残念ながら思ったよりもエルニウム塊は採取出来なかった(たったの1個(汗))のは残念だが、回復剤をまったく持ち込まずにこれだけ持ち帰れたのだから充分なのかも知れない。経験値は235k/h前後取得できていたようだ。

装備品は他の場所で盗って来た物だったり(汗) 今回採ってきた収集品の内、かなりの物は露店売りが可能だが、今回はこれだけを販売に回した。この後、無事に完売。金銭、経験的には特筆すべき物は無いが、のんびり(と言うには少し激しいときも有るが)戦いたいときなどには良い場所かもしれない。

|

« 第20回高Lv1次職集会参加集会報告 | トップページ | 地下墓所を駆ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/8452671

この記事へのトラックバック一覧です: 龍を墜とす者:

« 第20回高Lv1次職集会参加集会報告 | トップページ | 地下墓所を駆ける »