« げに恐るべくは乱数也や | トップページ | リヒタルゼン見聞録 »

2006/03/13

長老との闘い

少し前に挙げていた目標として、時計塔に住むエルダーを単独で撃破する、と言う物があった。その目標を、昨日早朝に達成する事が出来た。

第一戦 無支援勝利

第二戦 今度も勝利……が戦闘時間が(汗)

しかも2体連続で、である。私はてっきり、一体が一時間間隔で発生するものとばかり思っていたのだが、これを見ると、一体ではなく複数が存在しているのかもしれない。時計塔第二層で戦う際には、不意打ちを受けないよう注意を払っておく必要がありそうだ。
以前のエントリーでも触れたが、やはりこのエルダーの一番怖い点は、接近戦時のストーンカースと距離が離れている時のフロストダイバーに有ると思う。他の呪文ならば、HPさえあればなんとかなる(とは言っても、充分量が無ければ耐えられない威力は有るので脅威には違いない)のだが、石化or凍結させられてしまうと行動不能になる上、それに合わせた属性のボルトでのコンボを叩き込まれ即死がほぼ免れないので、この二つの対策が不可欠となるだろう。
両方への対策をするなら、イビルドルイドcを鎧に挿せば良いし、石化だけならメデューサc挿しの盾を装備すれば完全に防ぐことが出来る。ただ、どちらも非常に高価であるのが少々問題か。入手の難度で考えるなら前者の方が、金銭的にも存在数的にも比較的容易では有るものの、鎧を不死属性化するがための副作用も多いので、取り扱いには注意が必要だと思われる。

しかし、上のSSの撮影時間の間隔を見て頂くと判るとおり、倒すまでにかなり時間が掛かってしまっている。インベナムで毒化させる事が出来れば、多少戦闘時間を短縮することも出来るのだが、生憎エルダーはVitも高く、インベナム連打でも通じないことが多い。そうなると第二戦のように、倒しきるまでに大体二分前後掛かってしまう。ここまで時間が掛かると戦闘中に他の敵が沸くことも充分に有り得るので、危険である。手一杯になっているところにライドワード二体などが急襲してきたら、まず間違いなく噛み殺されてしまうだろう。
本来ならここで攻撃力を上げるために弓を使いたいところなのだが、そうすると今度は盾を持てなくなり、石化=>死亡となるのは目に見えている……。一体どうしたものやら。

問題はまだ有るものの、目標の一つをクリアできた事には違いは無い。今は素直に喜んでおこうと思う。

明日はいよいよ、リヒタルゼンパッチが実装される。出現する敵の中には、一次職の姿を持っているものも多数居るという。心ならず改造されてしまったらしい彼らには気の毒ではあるが、早く剣を交えてみたいものだ。

|

« げに恐るべくは乱数也や | トップページ | リヒタルゼン見聞録 »

コメント

遅くなりましたが、長老戦お疲れ様です。
うちのアサでも2,3度ほど交えてますが、どうしても石化がネックになってしまいますね・・・;;
カタール派なので盾に選択肢が無い以上$鎧しか無いですがいつかは倒しておきたいです(笑)

投稿: WIL | 2006/03/19 10:46

>WIL師匠
確かにあのストーンカースの使用頻度では、多少の耐性が有る程度では、防ぎきれませんからねぇ……。
ドルイド鎧が手に入ったら、これまでの鬱憤をぜひ晴らしてやってください(笑)。
ただ、その場合は接近するまでにファイアボルトだけは食わぬようお気を付けを。

投稿: Tod | 2006/03/20 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/9071606

この記事へのトラックバック一覧です: 長老との闘い:

« げに恐るべくは乱数也や | トップページ | リヒタルゼン見聞録 »