« Useless cards,items,and the company | トップページ | 地下生活、約一ヶ月 »

2006/05/29

やはり、この塔からは逃げ出せぬ?

今月も丸一日空いてしまったが、今回の一次職集会の様子を報告。

今回は、私以外には剣士2名、弓手2名、商人1名の計6名が集結。それともう一方、他サーバーから急遽キャラを作ってまで来て下さった客人がお一人。一度会って見たい人が居る、と仰るのでこのサーバーでの著名人となると、やはり長い期間blog活動されているイルカさんかな? と、思いきや、なんと私が目的だったそうで(汗)。驚くやら、嬉しいやらで、まともな対応が出来ていなかったのでは、と今更ながら恥ずかしく思ったり(汗)。
永遠の一次職Wikiにリンクを張って頂いている影響力なのだろうか……本当に有難い事である。レベルこそ99にはなってはいるもののまだまだヘタレな我が盗者、皆様の参考になれるのかは甚だ疑わしく有りますが、これからも御贔屓にして頂ければ、と願いたい。>読者の方々

集合風景。1人2キャラの方も居るので実質7名

さて、今回は初参加の方も居られたので、集合場所での自己紹介や情報交換、雑談などに一時間半ほど時間を費やした。ここで残念ながら剣士さんの内1名と、お客人は時間の都合上、ここでお別れ。
その後、狩場に行くことにしたのだが、久々に時計塔から出られるな……と考えていたのだが、自ら「まだ行った事が無い」とうっかり口を滑らせてしまったがために、今回の行き先は時計塔地下第四層に決定(爆)。こんなところでも、時計塔は私を縛り付けているのかもしれない(苦笑)。
今まで足を踏み入れていなかっただけに、この時計塔最下層の様子はほとんど知らなかったのだが、バースリーやジョーカーがひっきり無く襲ってくる感じで、私の攻撃力ではどうも捌ききれそうに無いな、と言うのが感想だ。が、今回は一人ではなく五人での行軍だ。しかも、その中には大火力を持つ弓手が2名も加わっているのだ。バースリーの四~五体等は相手にならず、ジョーカーが複数来ても撃退することは充分可能だった。さらには、魔剣ミステルテインにも襲われたものの、これも一人の犠牲者も出さず撃破する事に成功。
この後、集会場所には来られなかった弓手さんがもう一名途中合流し、さらに火力増強。都合、日が変わるまでの一時間余りを、ほぼ危なげなく戦い抜くことが出来た。

休憩&補給中~通りすがりのLKさんにSSをせがまれる、の図

イズルードに戻って清算後、解散……の前にそのまま雑談に突入。戦闘前の自己紹介&雑談でもそうだったが、このように同士と多人数集まる機会はそうそう無いために、話が弾む。結局、そのまま午前三時まで話に花が咲いた。眠気が限界に来て、まっ先に落ちざるを得なかったのが悔やまれるほど、楽しい一時であった。

参加者の方々、今回もお疲れ様でした。またお会いできる日が来るのを楽しみにしています。

|

« Useless cards,items,and the company | トップページ | 地下生活、約一ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/10295964

この記事へのトラックバック一覧です: やはり、この塔からは逃げ出せぬ?:

« Useless cards,items,and the company | トップページ | 地下生活、約一ヶ月 »