« 調理師免許取得への道 -修行編- | トップページ | 取り急ぎ »

2006/07/24

調理師免許取得への道 -探求編-

既にお気づきの方もいらっしゃられると思うが、今更ながらアクセスカウンターを装備してみた。私が使用しているblogのプランには、カウンター等のサービスが付属しておらず、そういった機能を追加するのは無理だろうと思い今まで放置していた。しかし、外付けサービスの存在の情報を聞き、思い立って追加してみたのだが、実質一時間程度の作業であっさり装備完了してしまった。このネット全盛時代、ほんの少し調べる気になれば、様々な事が結構簡単に実行できるようになる、と言うことだろうか。情報を提供してくれた、イルカさんに感謝したい。

―――――――――――――――――――――――――――――

さて、前回のエントリーでLv1~5までの料理本は何時でも借り出す事が出来るようになったが、それ以上のLvのものはシェフは貸し出してはくれない。なので手に入れるためにはmobが所持しているものを奪うしかない。
調べてみると、Lv8以上の本はBOSS級のmobやタナトスタワーのmobが落とすらしい。これらには私のキャラでは歯が立たないので残念ながら入手は諦める事に。しかし、Lv6はオークレディとレクイエムが、Lv7はイビルドルイドが所有しているようで、これらが相手なら自力入手も充分に可能だ。よって、今回の目的はこの2冊の本の入手とした。
まず向かったのはグラストヘイム修道院。ここにはイビルドルイドが結構居る上ものの、敵の総数自体はそれほどでは無いため少々攻撃力が低くとも押し包まれにくく、盗者で戦闘するのには向いているからだ。隣のカタコンベに行っても良かったのだが、以前そちらには結構行っていたので、たまには、と言う事でこちらに決定。
戦闘中、ダークイリュージョンを発見。以前The Signクエスト中にダークロードの分身も打ち倒しているので、これもなんとかなるだろう、と思って向かっていったのだがさにあらず、実戦では敵もスキルを使ってくるのだ。呪文詠唱や属性攻撃は、こちらの攻撃を当てたり属性鎧によって無効化できるのだが、ターゲット攻撃だけはそうも行かない。しかもこの攻撃をしてきた後はしばらくHITも上昇するため、4桁台のダメージを連続して喰らうことになり……敢え無く撃沈。

KO

そんなアクシデントもあったが、一旦街に帰って、戦闘を続行。料理本を見つけるついでに、s装備でも見つけられれば、と色気を出したのだが……そういう時に限って、あっさり見つかってしまうもの。結局1時間半もしない内に、Lv7の本は入手できてしまった。どうも重要度の低いものに限って簡単に手に入るような気がしないでもない。

料理教本奪取

次に出向いたのは、西オーク村。Lv99達成前に散々、経験値目当てで来た場所だが、まさかこうして戻ってくるときが来るとは思わなかった。ただ、以前とは違うのはLvだけではなく、対大型弓と水矢を手にしている事。料理本の入手以外にも、これがハイオークにどれだけ効くのか試してみたい、というのがこの場所を選んだ理由だ。
さっそくハイオークを撃ってみると……いきなり1000超のダメージが出た。一応、1000を超えるのは全攻撃中、ほんの一割以下と言ったところなのだが、それでもやはり嬉しいもの。毒化させれば、1200にも届く事が有る。戦闘時間も水ダマスカスで斬るのと比べると大幅に短縮出来ていて、闘っていてとても楽しく思える。それと同時に、もしこの効果がLv99達成以前にも利用できていたら、Lv上げももっと楽だったろうな、と考えると少し複雑なものが有る。ともあれ、お陰で、このオーク村に来た本来の目的を忘れそうである(苦笑)。現在はまだLv6の料理本は未入手。しばらく、オーク村に駐留することになりそうだ。

ジャスト1k

ストレート@毒化

この間、メインの料理人たる、鍛冶士はといえば、こちらでStrの1の不足を嘆く声をキャッチ。料理経験稼ぎを兼ねて、サクっと調理してみることに。砂漠で、フライパンとバッタ足を集めてくれば、後はNPC売りのアイテムだけで料理できるので、準備は実に楽。そこかしこで自動操縦キャラが飛び回っているのが気にならなければ、だが……。

比較的誤った使用法>刺身包丁

材料を50回分用意して、いざ作ってみると43回成功。調理経験を重ねているせいもあるが、Lv1料理だというのも、ソバの時よりも成功数が多い要因だろうか。
これと前回作ったソバの余りを押し付けるお渡しすると同時に、以前より売買契約を交わしていたブーツetc.を買い取らせて頂く。しかし、この値段、市場価格の半額以下であり、有り難いやら申し訳ないやら……。しかし、折角の申し出なのでお受けすることにして、代わりに今まで同様、こちらからも色々とサービスすることで埋め合わせていけば良いかな、と考えることにする。お覚悟を(笑)。

この二人が取引すると、何時もおまけが膨大に(笑)

|

« 調理師免許取得への道 -修行編- | トップページ | 取り急ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/11083894

この記事へのトラックバック一覧です: 調理師免許取得への道 -探求編-:

« 調理師免許取得への道 -修行編- | トップページ | 取り急ぎ »