« 取り急ぎ | トップページ | 竜騎兵(2) »

2006/07/30

Battle after Battle

今月も、一次職集会に参加してきたのでそのレポートを。
今回集まって下さった、魔術師が一名にアコが二名と剣士が二名、最早saraサーバでは恒例となった特別参加、sノビ二名、そして私の盗賊で合わせて八名。この内、前者三名は今回が初参加。新しく人と知り合えるのは喜ばしい限りである。お話を聞くと、アコさんは両名とも支援型、しかもInt>Vit型だそうで、初めてお会いするタイプ。以前saraサーバでお会いする高Lvアコライトと言えば、イルカさんを始めとした殴打型の方ばかりだったので、目新しく感じると共に、時代が移り変わってきたのかな、とも思ってみたりする。

車座

さて、都合により雑談のみで切り上げる事になった方々以外の面子で、この後戦闘しに行くことになったのだが、行き先として選ばれたのは、先日実装されたタナトスタワー。詳細はまだ調べて居なかったものの、敵の攻撃の強力さは聞き及んでいるのでデスペナが心配な方は止して置いた方が良いのでは? と心配てみたのだが、どうやら皆は猛者ばかりのようで。怖気づくような人は居らず、結局五名で侵入することとなった。
塔の一階で新登場の敵と散発的に戦うことが出来、この程度ならなんとかなるんじゃないだろうか? と思い始めた辺りで、二階へと侵入。ワープポイントを超えた先は……地獄絵図であった(汗)。体感的には10体近くは有ろうかと思われる数のmobで形成されたMHが目の前に有ったのだ。回避力が有るとはいえ、MHPが厳しいsノビ達は次々に倒れ、私も回復剤をほぼ使い尽くしてしまい、もはやこれまでか、と思ったのだが……今回は強い味方がついていた。支援アコさんのヒールを受けられたお陰で、生き残っていた者たちで、なんとか劣勢を跳ね返すことが出来たのだった。この場面に限らずこのアコさんに命を助けられた回数は数知れず。実に心強かった。しかし、敵の方も物凄く、連戦に次ぐ連戦。油断しているとすぐに数に圧倒されそうになる。最初のMH以外ではほとんど死者を出さずに済んだのが奇跡のように思える位だ。このように闘いつつ、途中参加の方の合流、離脱を交えつつ、どんどん上を目指す一行。

D&D SOMのノームの村を連想した……対天使(?)戦

しかしここで途中、大失策をやらかしてしまった。道中、弓手の母様より耳打ちを頂き、途中参戦してもらえそうだ、と言うことで、また仲間が増えると期待していたのだが、こちらのPTの居る場所が問題だった……タナトスタワー三階。つまり、5名以上集まらないと上れない場所だ。ここで、PTのメンバーに、一旦下の階に戻る事を提言すれば良かったのだが、それを怠ったため、結局合流のタイミングが合わなくなってしまい、今回は母様の参加は叶わなくなってしまったのだ。この件に関しては、完全に私の責任であろう……この場を借りてお詫びを申し上げたい。本当に申し訳なかったです>母様

ともあれ、時間の問題のため四階の途中まで行ったところで、帰還する事に。清算後、次回以降の予定(魔王クエストをみんなで行ないつつ、タナトスタワーにリベンジ、etc.)などを雑談しつつ、お開きとなった。

今回は、なかなか密度が濃い戦闘が出来て、楽しかったように思う。参加された皆様、お疲れ様でありました。

記念撮影


|

« 取り急ぎ | トップページ | 竜騎兵(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/11157078

この記事へのトラックバック一覧です: Battle after Battle:

« 取り急ぎ | トップページ | 竜騎兵(2) »