« 迂闊…… | トップページ | 現状報告 »

2006/08/31

独立射撃隊、西へ

少々お伝えしたいことがあり、一次職の同志の母様に耳打ちを入れてみる。用件はすぐに終わってしまったのだが、話の流れは雑談から、今からどこかに行ってみないか、とのお誘いに。パーティ戦に飢えている私は、二も無くそのお誘いに飛びついた。
行き先はいくつか候補が出たのだが、金策、及びエルニウムの収集が急務との事なので、厳しい戦いになるのを覚悟の上で、ニブルヘイムはギョル渓谷を選定した。
武器の選択も悩んだのだが、母様と相談の上、防御より攻撃を重視し、弓一本で通すことに。弓一本ならば、武器の持ち替えが必要ない上に、予備の短剣を持つ必要が無くなり浮いた余剰重量で回復剤をより多く持てるというのも、この選択をした理由の一つ。

私が参加する数少ないパーティ戦と言うと、そのほとんどが高レベルLv一次集会でのもの。それ故、二次職の方と組む機会というのはほぼ皆無に近い。なので、母様が今回は弓手ではなくローグで戦闘すると聞き、一次職PTにならなかったのを少し残念に思いつつも、その戦いぶりが見られるのに期待していた。

その期待に違わず、母様の扱うローグの戦い方は興味深かった。敵が一体だけなら通常射撃で戦うのはシーフと同じ(とは言っても、基本ASPDの違いにより射出速度はローグの方が上なのだが)、相手が二体程度ならばクローズコンファイン、もう少し敵数が増えるようならダブルストレイフィングで殲滅速度の向上を図り、囲まれて危機的状況に陥りそうならばサプライズアタックで範囲攻撃&状態異常を狙う……etc.etc.。
同じ弓を使うシーフ系職とは言っても、戦術がかなり異なってくるのが良く理解できた。ギョル渓谷は人気が高い狩場が故に、敵が爆発的に発生することもザラで、今回も5~6体の敵に囲まれる事が良くあった。もし、母様のローグの力が無ければ、私など数分も戦い続けることが出来ず、すぐに倒れていたハズだ。
ただ、その戦局を覆すような戦い方はスキルを多用するが故にSPの管理が難しいようで、何度か休憩を摂る必要があったようだ。弓を使うようならば、Strは恐らく余り高くないはずで、SP回復剤を利用するにしても持ち込める数にも制限が有るだろう事を考えると、ローグの戦いにはシーフとはまた違った難しさが有りそうだ。
一斉射撃
結局、一時間弱戦ったところで、5~6体の敵に囲まれてしまい全滅したところで、今回の戦闘は終了。エルニウムを一個も手渡せなかったのは無念だったが、二人合わせて黒猫人形が七個採れたので、採算はぎりぎりでなんとかなったのではないか、と思う。本当はもう少し母様の力になりたかったのではあるが……私のキャラの能力ではこの位が身分相応と言ったところかも知れない。
見事に全滅
とは言え、今回の戦いが非常に楽しかったのもまた事実。もし、これに懲りていなければ、また誘って頂ければ有り難いと思います。また何処か、ご一緒させてくださいませ(深々)。 >母様

|

« 迂闊…… | トップページ | 現状報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/11705963

この記事へのトラックバック一覧です: 独立射撃隊、西へ:

» 三等星 [欲望と衝動の狭間]
それは、ちょっとした私用で頂いたWisから始まった。 [続きを読む]

受信: 2006/09/01 01:44

« 迂闊…… | トップページ | 現状報告 »