« In same time,In another world... | トップページ | ジンクスまだまだ健在 »

2006/09/24

恩恵? あるいはタダの餌?

先々週の金曜日から先週の金曜日まで、経験値が1.5倍になっていたのだが、この期間、主に稼動していたのは3rd.キャラである鍛冶士であった。このキャラでは、このような機会でもないと、経験を積むのが難しいからだ。
この鍛冶士が経験値を稼ぐとなると、以前は定番であったパンクが多く生息するマップ(アルデバラン↑←)があったのだが、今では硬い上に要求Fleeも高いデーモンパンクも進出して来ているため、ここでは闘う事はかなり難しくなったと言う噂を聞いている。
そのため、何処か別にこの低Str低Fleeなキャラでも経験値を稼げる場所を探さないといけなかったのだが、今回はひとつ目星を付けていた敵が居るので、これを試すことにした。その敵とは、リヒタルゼンパッチ以降に出現したヒルウィンドである。実装当時、そのグラフィックの微妙さ加減により物議を醸したこのmobは、風3属性であるので土属性攻撃の通りが良い上に、サイズが中型のため、鈍器で闘う鍛冶士では小型のパンクよりも高いダメージを与えることが出来る。
このヒルウィンド、生息しているのはアインブロック↓←のフィールドのみ。さっそく行ってみたのだが、どうも以前のパンクよりは経験値は巧く稼げていない印象がある。と、いうのもパンクの生息数と比べると、ヒルウィンドのそれはかなり少ないらしく、策敵にかなり時間を取られてしまうためだ。
羽鳥人は80%しか回避出来ず
その代わり、と言っては何だが、このマップにはラフレシアが生息しており、カードが出現すればかなりの金銭的収益が期待できる。他にも、sパイクやsロングコートを持つキャラメルや、sマインゴーシュを落とすポルセリオ、カードに使い道があるホルンなども生息しているので、経験値とはトレードオフになってしまうが、こまめに叩いて行けばちょっとした小金は得られると思う。さらに、メタリンの落とすでっかいゼロピーも、鍛冶士ならアインブロックのNPCが石炭と交換してくれるので、これも意外に馬鹿にはならない。
ヘビー盾を+7に更新すべきか、ペノcを待つべきか……交換中

結局、このマップでこのボーナス期間中に得られた経験値は、一時間毎に500k~650kといったところだろうか。期間開始前は58%だった経験値を92%まで上げる事が出来たので、このキャラではそこそこは稼げた方だと思う。

ボーナス期間は終わってしまったが、せっかく残り8%の所まで来たのだから、この機会にLvを上げておかないと少々もったいない。そのため、期間終了後も鍛冶士での戦闘を少し続行することに。
先日手に入れた武器の試し斬りもしたかったので、今度はイズルードダンジョン第三層に向かう。第三層に着いて、おもむろにバーサークポーションを服用し、アドレナリンラッシュを使ったのだが……これが非常に面白い。Agiは50しかないこの鍛冶士なのだが、この二つとウィンドホークを併用する事で、なんとASPDが180に到達してしまったのだ。まさか、武器のオプションの攻撃速度5%増加が、よもやここまでの効果があるとは。武器自体の威力はそこそこではあるものの、この楽しさはそれを補うのに余りある。この武器を手に入れた価値は充分あったと思う。
AR前AR後


イズルードDで経験値調整をした後は、今度はギルドのメンバーの方々に協力を仰いで、モロクの魔王クエストを行った。このクエストの途中では、お荷物である私を含めた三人PTでは、塔を上るのはかなり厳しかったが、それでもなんとか調査を完了することが出来た。この場を借りて、メンバーのイシュさんとくるみさんに、お礼を申し上げたい。
数字合わせ中
そして、このクエストを完了して得られた経験値によって、ようやくLvUPを果たすことが出来た。前回LvUPした時には、これ以上Lvを上げるのはもう無理だ、等と考えていたのだが、意外になんとかなってしまうものだ。今回のLvUpで、Lukを二つ増強、これで鍛冶成功率も0.2%向上したはずだ。
任務完了&LvUpLuk+2
次のLvを目指すのは、流石に難しいかもしれないが、今回もそう思いつつも届くことが出来たので、次も、気長に目指して生きたいと思う。

|

« In same time,In another world... | トップページ | ジンクスまだまだ健在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/12022559

この記事へのトラックバック一覧です: 恩恵? あるいはタダの餌?:

« In same time,In another world... | トップページ | ジンクスまだまだ健在 »