« 熟成一年 | トップページ | 河岸を変えても »

2006/12/07

鉱脈枯渇

先日専用装備を買ったこともあり、久しぶりに十字軍を動かしてやろうと思い立つ。その前に過剰精錬の地属性ランスでも造ってやろうと思い、材料となるオリデオコンを採りに、久々にプロンテラ北の迷宮の森に行って見た。
ところが、どうもスティールの手応えがおかしい。
目を回しつつ盗る物は盗る
その昔に訪れた時には、バフォ.Jrからは結構な確率でオリデオコンを盗れていた筈なのだが、今回は延べ二時間で二個しか収集することが出来なかった。また、前はかなり大量に盗れてしまった無sブーツがこちらも二足のみ。
今回の戦闘時間はわずか二時間のみなので、この結果だけで判断するのは早急なのだが、それでもやはり収集確率が落ちた感触がどうにも拭えない。
オリデオコンやブーツのドロップ率は変わっていないと仮定して、以前から何が変わったのか考えてみる。そこで、ふと気が付いたのがフィゲルパッチでの変更点だ。
フィゲルパッチではZenyの消費促進を促すため、mobからのHP回復ポーションのドロップが基本的に無くなり、それまでポーションを持っていたmobはそれと同色のハーブを落とすようになった。バフォ.Jrもこのmobに該当していて、黄ポーションのドロップが黄ハーブに変わっている。
ここで、ドロップ率がポーションとハーブで変わっていないのであれば、何の問題も無い。しかしポーションとハーブではHP回復量の差がかなり有るため、少しだけ出現率が上方修正されている可能性も考えられなくも無い。実際、今回は黄ハーブがかなりの割合で盗れていた様な気がする。
この仮説が事実とするならば、私にとっては由々しき事だ。というのも、少し前のドロップ率二倍補償時に起きた、かえってスティール率が悪くなる現象が、常時起こるようなものだからだ。迷宮の森は私にとって、かなり確実なオリデオコンの供給元だったのだが、その供給率がかなり落ちてしまうのはかなりの痛手である。
まだ、短い時間しか闘っていないので、この仮説が本当かどうかはまだ判断は出来ないが、近いうちに追試してみる必要があるかもしれない。

|

« 熟成一年 | トップページ | 河岸を変えても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/12967090

この記事へのトラックバック一覧です: 鉱脈枯渇:

« 熟成一年 | トップページ | 河岸を変えても »