« We are now rushing into Year 5th. | トップページ | 撃墜数:1(JAS39) »

2007/01/10

飽くなき闘争

諸般の事情で、時期を今年にずらして行われたsaraサーバでの高Lv一次職集会。今回も参加してきたのでその報告を……と思ったのだが、全体の流れなどは他の参加者のblogにて、既にあらかた報じられていたり。
なので、ここでは自分の視点からの参加感想を書いてみたい。
まずは集合場所にて。雑談を交えつつ、新たな参加者が来るたびに、旧年中に出会えた人にはお年玉を、会えなかった方々にはそれに加えてプレゼントボックスをお渡しして、自己満足。
そんな中「ちょっとこれを使ってみて欲しい」と、参加者の魔術師さんから取引要請が。何だろう? とその要請を受けてみるとこんな物が……。
鎌は担保代わり
+7の物なら、以前自分で作って使っていたことはあるが、ここまで高度な過剰精錬が施されたLv3武器を使うのは初めての経験だ。
実際、監獄で使ってみた感触では、かなり強力だったように思えたのだが、後でシミュレートした限りでは、どうも+5の黒蛇&サイズ角弓より劣るか、ほぼ同等程度の威力に留まるらしい。特に、属性矢の効果が高い相手にはその差が顕著になり、逆にリビオのように属性効果が無い敵が相手になると、威力差はかなり迫ったものとなる。
また連弩はその重量が200とかなり重く、角弓を二張持つのとほぼ変わりないのも痛いところ。しかし、これは裏返せば若干の威力低下に目をつぶれば、持ち替えの必要が無いと言うことでもある。
また普通の弓よりも長い射程は、射程の延長スキルを持たないシーフにとっては有り難く思える場面も有りそう。そんな意味では扱いは難しいものの、高レベルのシーフ向きの武器であると言えるかも知れない。

今回の一次会では、一次職の参加者に交えて、通常ノービスの方々、三名も参加してくれた。ノービスとは言っても、それぞれLvは90以上の猛者達であり、彼女らは前衛として果敢に戦闘に挑んでくれた。が、カード等でHPを強化してはいてもMHPは余り高くないため、ソニックブローの直撃等を受けるとあえなく倒れてしまう事が多く、いくらデスペナルティーが無いとは言ってもちょっと可愛そうだった。
しかし、ボンゴンクリップや各種状態異常武器の使用など、自前のスキルが無い分単調になりがちな戦闘に、変化をつける工夫を随所に感じられた。このような楽しむ工夫は、我々も見習ってみても良いかもしれない。

今回は結局、一次会二次回を含めると、午前三時近くまで戦って回っていた。saraの集会での戦闘時間としては、今までで一番長かったのではなかろうか? そんな長い時間にわたる戦闘にもかかわらず、全員デスペナ無しで済んだというのは喜ばしい限りだ。
こんな楽しい集会にしてくれた、参加者全員に感謝、である。

一次会@監獄2F二次会@ノーグ1F

|

« We are now rushing into Year 5th. | トップページ | 撃墜数:1(JAS39) »

コメント

重量関係で悩む弓職には微妙な物なのでしょうか
普段は杖と服しか持たないもので、重量関係の思考が無い罠
そこらへんかなりアバウトです

言われてみて、1次2次会通してデスペナ無かった事に気が付きました
良くあの狩場で・・・前衛様様々です。

投稿: 氷雷 | 2007/01/11 00:58

SC内の武装の多さに驚かされます。
これだけ持つと重量過多は致し方ないでしょうなぁ。

投稿: イルカ | 2007/01/11 23:46

始めまして
いきなりですが、本題から書きます
ヘリオン攻略の鍵となる武器かもしれません>黒蛇連弩

悩みの種のヘリオンのヒールですが、使用条件があります
まず絶対条件としてある程度HPが減るまでヘリオンはヒールを使いません
そしてHPが減り、以下のいずれかの状況のときにヒールを使い始めます
・プレイヤーとヘリオンが接触して交戦状態に入る
・プレイヤーとヘリオンのタゲが外れている

逆に言えば上記二つを満たさないときはHPが減っていてもヒールを使いません
この二つの条件を満たさない状況とは

・プレイヤーとヘリオンのタゲが維持された状態で間合いが保たれ続けている

つまり『ヘリオンのタゲを確保した状態で接触されないように間合いを保ちながら逃げ続けている』ときは絶対にヘリオンはヒールを使いません
この方法を使うとヒール砲のように連射性に欠ける手段でもひたすらヘリオンに捕まらないようにぐるぐる周囲を回り続けてヒール砲を打ち込み続ければいずれ倒せます

で、前々回のエントリーで挑戦されたのを拝見したとき、この方法を書こうか悩んだのですが、シーフの弓射程では絶対にヘリオンに捕まるので書くのを控えていました
ですがこの+9黒蛇弩弓なら射程の問題はかなり改善されたと思うので、もしかすると倒せるかもしれません
ただしヘリオンは足が速いので支援プリでもIAありでたびたび捕まります
もし挑む際には馬牌や速度POTを使うことをお勧めします
何より非常に長期戦で常時集中力が必要となるので覚悟してください(支援プリで倒したときも10分以上かかりました)

それともう一つ助けになるかもしれない情報です
エイシェントマミーcのオートシグナムをヘリオンに発動させればさらに状況は改善されると思います
シグナムはボスにも効果があります

シーフでの撃破、応援しています

投稿: さやか | 2007/01/12 04:40

> 氷雷さん
ようこそ、しがなき盗者の塒へ。初めての書き込み有難うございます。
私も生粋の弓職ではないので、重量関係の感覚は他人とは違っている可能性は高いのですが、それでも重量200は少し厳しい部類ではないのかと思います。ただ、イルカさんの指摘にも有るように、私が余計な装備を持ち歩きすぎる、と言うのが一番大きな問題かもしれませんが(苦笑)。

> イルカさん
うぐ。痛い所を的確に……(笑)。本当なら、装備をもう少し絞って持ち込むべきなんでしょうけど、長年身体に染み付いたクセはなかなか拭い去れず……困ったものです。

> さやかさん
ようこそ、しがなき盗者の塒へ。雑多な文章が書き散らばっているばかりの場所ですが、今後ともどうか宜しくお願いします。

実はヘリオンの自ヒール使用条件については事前に情報として得ていたので、撃ち逃げは試みてみたのですが、やはり射程5の弓と通常の移動速度では巧く行かなかったですね。
そこで、連弩+馬牌ですが……目から鱗が。確かにこれなら逃げうちも不可能では無いかも。しかし、操作するプレイヤー側に逃げ撃ちが出来る技量が無いので、どこかで練習を積む必要が有りそうですね。
また、積載出来る銀矢+馬牌の量にも限りがあるのでその範囲内で倒せるかどうか、不安な点は有ります。
とはいえ、お陰で希望がまた見えてきたのもまた事実
。情報を寄せて頂き感謝いたします。
ちなみに、Aマミーのシグナムですが、試してみたものの発動条件が被ダメージであるため、結局巧く行きませんでした(苦笑)。画面内にヘリオンを捕らえて、他の敵で発動できれば良いのですが、そういう位置関係に持ち込むのはさらに難しいでしょうし……うーむ。

投稿: Tod | 2007/01/15 18:44

本日、0時過ぎごろにコメントが有りましたが、内容や日付と曜日の整合性が無く、なんらかの危険があると判断し、削除致しました。
もし、この書き込みのURLをクリックした場合、最悪の場合アカウントハッキング等の被害を受ける可能性が有りますので、早急に対処する事をお勧めします。

> 正月ボケ続行中。
> ◆公式よりもダイジな告知◆
> 1月15日(金)and16日(土)は第五回花束市場!
> Fraya鯖最大で最後のイベントです!
> バイオプラントバトルもこれが最後!!!!
> 絶対見逃すなYO!!
> 詳細はコチラ:http://www.twmsn-ga.***/******.***/

投稿: Tod | 2007/01/16 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/13427367

この記事へのトラックバック一覧です: 飽くなき闘争:

« We are now rushing into Year 5th. | トップページ | 撃墜数:1(JAS39) »