« 真の敵は目の前に在らず | トップページ | 年に*度の書き入れ時 »

2007/02/01

弾切れ

せっかく狐のお面を完成させたものの、つい出来心で壊してしまったため、先週の一週間はフェイヨンダンジョン第五層でのやり直しの日々だった。
とはいえ、目的の狐の尻尾は中々良いペースで採れるので、余りストレスは感じずに済むのはありがたい。尻尾以外にも、青箱も悪くない率で得られるし、オリ&エル原石もドロップ率こそ高くは無いが入手できたり、とプチレア級のアイテムは意外に多いので私には結構あっている戦場のようだ。
そんなこんなで無心に闘っていると不意にこんなものが出た。
意識して無いときに限って
有効に使いたい物では有るが、実用するには+9外套の入手が必須。また厄介のタネを拾ってしまったような気がしないでもないが、また新たな目標が出来たとでも考えることにしよう。
また、アクティブ敵を倒している合間にドケビにもちょっかいを出していたのだが、今回の滞在ではそいつも黄金を落としてくれるという気前のよさ。もし、前回の狐のお面が壊れずに+7になっていたら、フェイヨンDには留まることは無かったので、カードも黄金も拾えはしなかったはず。まぁ、運というのはこんなものなのだろう。相変わらずペノメナはカードを寄越してはくれないが(苦笑)。
実はコレも以前から狙ってたり
主目的だった狐の尻尾は、一回二時間の戦闘を四~五セット繰り返して千本弱の収集を完了。三度目の狐のお面を完成する事が出来た。

ちなみにドケビ産の黄金は、相当昔に青箱から出たsサークレット、そして倉庫に押し込んであった各種収集品と共に材料となり、その日の内にこんな物に化けていたりする。
二年越しで完成懲りてない……懲りてない……(その2)

しかし、調子に乗った反動が出たのかどうか、一つ問題も発生。
以前は、盗賊の弓や、黒蛇cのみしか刺さっていない連弩、あるいは大型黒蛇c角弓しか所持していなかったため、弓はあくまでも補助武器という位置付けにあった。なので大半の敵にとは短剣で闘い、少数の有効な敵のみ弓で撃つ、というスタイルが普通だった。なのでそう多くは矢を持ち歩く必要も無かった。
ところが、中型黒蛇角弓を手に入れた今、メインに撃破するべき敵も弓で闘う事が出来るようになった。それ自体は戦闘力の増加という意味では喜ばしいことなのだが、その反面、矢も物凄い勢いで消費するようになってしまった。

結局、今回のフェイヨンでの滞在で、前に作ってもらった水晶の矢を使い果たしてしまったのだ。材料のトゲのついたエラ自体は、イズルードダンジョン第四層で二時間も闘えば充分な数は集まるはずだが、私自身ではこれを矢に仕立てることは出来ないわけで……。
そうなると、ギルドメンバーや知り合いの弓手の方にお願いするしか方法は無いのだが、使う時間やSPを考えると、そう軽々しく頼むわけにも行かず……。
そんな訳で、もし今度接続時間が合ったなら、無理を承知で矢の製造をお願いに上がるかも知れません。宜しくお願いできれば幸いであります。 >関係者各位

|

« 真の敵は目の前に在らず | トップページ | 年に*度の書き入れ時 »

コメント

最近踊を作ったので、inしてる時間なら矢作りますよ~

2倍期間で狩場のラグも2倍。精神効率に至っては1/8。
狩できずにプロ南をぶらぶらしてるのでwisくだしあー

投稿: 氷雷 | 2007/02/02 11:36

> 氷雷さん
おぉ、それはありがたいです。
こちらは、上のエントリのように、人が比較的少ない場所を見つけて、ちまちま稼いでますので、火曜日以降にお願いに上がるかもです。

……人が余り居ない、とは言え、やっぱりラグは厳しいものが有りますな。自動操縦のキャラが居るときも有りますし。そんな時には流石のここでも精神効率はガタ落ちしてしまいますねぇ……。

投稿: Tod | 2007/02/04 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/13744414

この記事へのトラックバック一覧です: 弾切れ:

« 真の敵は目の前に在らず | トップページ | 年に*度の書き入れ時 »