« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/30

強襲

今回の雑談では、三周年記念で特別な場所に行って見よう……などという話題は全然でなかったのだが、何故か行き先はグラストヘイムの騎士団に決定。記憶が確かならば、saraでは過去、一度も行った事の無い場所である。それだけに、今回は全滅も有り得るのでは、と危惧していたのだが……。

……いやぁ、結構何とかなってしまうものですなぁ……。

深淵の騎士、二騎に襲い掛かられたり、結構なMHにぶち当たったり、果てはミステルティンに遭遇したり(しかも一時間ほどの間に四体も)したものの、全滅するどころか、倒されたのはレベル的にまだスタート地点に近いカビさんだけだった、という結果は驚きだ。
ただ、これにはチャイナ女史の存在がかなりの部分を占めているとは思う。魔剣を押さえ込めるだけのFleeに加えて、複数の深淵にタゲられても金剛により耐え切ることが出来る女史の存在は、今回のPTにおいては正に切り札。
私では残念ながら避けきれない&耐え切れないのは目に見えているので、今回は弓を持って、攻撃に専念させて頂いたのだった。
一次職VS深淵こんなMHにも結構遭遇したり一次職VS魔剣

条件さえそろえば、二次職や転生職でなくともある程度の闘いも出来る、と再認識した今回の集会。また、こんな楽しい機会があれば良いな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

三周目

今回の一次職集会は、第三十六回目。という事は、この集会も三周年を迎える訳だ。最初のうちは、マイノリティの集まりなだけに、いつまで続くのか不明瞭なところはあったのだが、意外に(と言ったら失礼か)続くものだ。という訳で、今月分の告知。
それにしても前回の報告と、今回の告知の間に、エントリがたったの二つしか無いと言うのは……我ながら拙いような気がする……(滝汗)。

―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv一次職集会 Part 36 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 5月 26日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

Waiting


参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
  *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
  *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
  *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
  *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
  *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
  *基本1次職オンリーのイベントなので、2次職、スーパーノービス、ノービスでの参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
  *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/19

At "Out of service"

最近は、経験値稼ぎと称してオットーを乱獲し続けている、私の十字軍。が、それも長期になってくると流石に飽きがくる。幸い、今はコモドを拠点にしているため、ココモビーチ以外にも近場に経験値を稼げそうな場所は何箇所かある。
そこで今回はカララ沼へ行ってみた。全マップで唯一フェアリーフが生息しており、亀島以外では珍しいドラゴンテイルの生息地でもある。
それだけに、経験値もある程度期待できるのだが、フェアリーフのHitは遠距離攻撃をしてくるmobの例に漏れずかなり高く、ドラゴンテイルのそれも95%回避するのには200以上のFleeを要する程度に高い。それゆえ、Fleeが190にも満たないこのキャラでは予想以上に回復剤を消費してしまう。
また、今回は攻撃力重視で槍装備としたため、盾が使えず被ダメージが嵩んだ上に、予定外のグリフォンとも遭遇してしまい、結局予定の半分、三十分戦った時点で撤退を余儀なくされてしまった。
それだけ消耗する程戦闘をこなしたわけだから、その分の経験値は稼げているはずだが、やはりこの戦闘時間の短さは問題だ。もっとHPやSPの回復剤を投入すれば、効率や滞在時間は延びるかもしれないが……。

そんな感じで、コモドへの帰路に就いた途端。進路を塞いでいたアリゲーターを何気なく突付いてみると……。
獲得経緯はともかくセット完成まであと3枚
弓手カードセットの一角なので将来使うだろうし、このカードの最近の供給先は機械操縦キャラである事を考えれば、誤ってそれらの露店から買わずに済むのは非常に喜ばしい。
が。本来の戦闘行動中には何も手に入らず、ふと気が抜けた瞬間に予期していない物が手に入る、というのは……やはりこれも「お約束」の一環なのだろうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

Harf and a harf

このところ、キャラクタの稼働率は盗者と十字軍とで、ほぼ五分と五分といった感じになっている。騎士志望の剣士はと言うと……ここ一ヶ月近くは構ってやれてないのではないだろうか。
現在の最優先事項は、十字軍のLv99達成へ向けての経験値稼ぎに有るので、剣士にはその分、割りを食わさせてしまっているが、申し訳ないが彼には今しばらく我慢してもらう事になりそうだ。

その十字軍は、経験値を稼ぐがためにココモビーチへ、そして盗者の方は相変わらずカード奪取を目指して、時計塔地下三層に通っている。
が。カードが欲しいペノメナはまったく落としてくれるそぶりも見せず。代わりに出なくて良い方の場所ではこんなものが。
Str+1,Vit+1。使うにしても微妙か……
実は、レグルロカードはこれで三枚目。人生、巧く行かない事の方が多いとは言えども、いくらなんでも……うーむ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/01

Full squad -1

告知では、人が集まってくれるかどうか危惧していたのだが、どうやらそれはまったくの杞憂だったらしい。ゴールデンウィークとは言っても、まだ初日である上に土曜日だったがため、まだ出掛けず家に留まっていた人の方が多数派だったのかも……とか邪推してみる。

そんな訳で、今回集合場所には十二名と、過去最大の人数が集まることになったのである(二次職で様子を見に来てくれた方や、2PCでの別キャラを同伴した方を含めればそれ以上)。残念ながら、うち一名の方は他所での都合により戦闘には参加できなかったが、それでもパーティのフル構成より一名足りないだけの大所帯と言うのは、初めて経験するものであった。
これだけの多人数となると、初対面の方も多くなってきたため、久しぶりに自己紹介をするという流れに。お話を聞いてみると、こちらこちらの方も今回駆けつけてくれたようである。いつもネット上で一方的にサイトを拝見させて頂いている、という関係の方々と直接声を交わす、というのはやはり不思議な気分だ。
パーティ結成

今回のPTは十一名構成ということもあり、Lv幅がかなり大きいものになったため、難易度が余り高くなくて、なおかつ皆で楽しめそうな場所がにしたい、と提言。そんな訳で行き先は時計塔の地下二階に決まる。
流石に、mobの湧きの激しさではROの世界でも有数な場所なだけに、ひやりとする事もしばしば。しかし、こちらも、今回は数の多さでは負けてはいない。度重なる乱戦でも滝のようなダメージを敵に与えて次々撃破。都合によるPTメンバーの途中退場&途中参入などはあったが、普段は出来ない闘い方が出来、楽しい時間を過ごす事が出来た。
物量vs物量

参加者のうち、幾人かの方々は体調や修学上の理由等で、今月分の参加は難しいとのこと。今回の多人数での戦闘が楽しかっただけに残念なところだが、現実世界での生活を疎かにしてまで参加して欲しい、とは言える筈もなし。ただ、それらの事情に一段落が着いたら、またお会いできれば良いとは思います。
それでは、皆様、またの機会があればよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »