« Wrapping materials | トップページ | Wrapped objects »

2007/12/25

ボロ雑巾のように

とりあえず、今回の集会は定例のものではなく、sara限定、しかも先月の集会時に突発的に決めただけのものなので、どれくらいの人たちが集まってくれるのか心配だったのだが……要らぬ心配だったようだ。
包んだプレ箱が早速役に立つ、の図

さて、雑談などが終わり、戦いに出発する。今回は、期間限定で今しか挑戦できないから、と言う事でまずはコモド大洞窟へ行ったのだが……。
結論から言うと、まったくもって歯が立たなかった……(汗)。
最初に向かった、中央から向かって左下のWPの先はMHになっており、ろくな抵抗も出来ぬうちにセーブポイントへ送り返されるPTメンバー達。私も持って2秒、早ければ0.1~2秒程度で倒されてしまったような気がする。
見事な袋叩き(汗)

これはどうにもならないから、とターゲットを左の部屋に変更。侵入すると、先の部屋のように入った途端にMHと言う事はなく、敵もまばらに見えたので、各個撃破していけばどうにかなる……と一瞬でも思ったのは甘かった。敵と交戦している内に、どんどん増援が現れて、終いにはMVPボスまで現れる始末。
目の前に……ッ?!

いつもは、ここまで完膚なきまで叩きのめされるような無茶は出来ないので、逆に清々しいような気もしないではない。デスペナルティが無い場所であるからこそ、そう思えるのであろうけれども。

ここまでは楽しくはあっても戦闘としての体は成していなかったため、今度はGH最下層へ移動することに。普段なら、移動に手間がかかるので二の足を踏む所だが、幸いこちらも期間限定で空間移動ができる。しかもここは丁度その転送NPCが居るコモドである。反対者が居なかったため、そのまま全員で殴り込みを掛けた。
この、定員近い構成のPTだと、たとえこちらが一次職+ノービス系メンバーだとは言え、ごっついミノタウロスもさほど時間もかからずにバッサバッサと薙ぎ倒されていく。ただそれでも、油断は禁物。我々一次職は、有効な範囲攻撃を持つ職が余りないため、自然と防御ステはVitよりもAgiを選択する人が多くなる。一たびハンマーフォールを使われると、複数人がスタンして、ピヨピヨ音がステレオで響く、なんて状況も結構あった。結局、何人かの人がデスペナを受けてしまう結果となり、その点だけは非常に残念だったと思う。ともあれ、参加者のうち、弓手さんの内、一人がLv95に上がったところで今回の集会は終了となった。
大洞窟の後では楽に思えてくるのが不思議

次回の集会は、今週の土曜日。全サーバー共通の定例版である。ただ、私自身は都合により、欠席確定なのがつまらないところ。非常に残念だが……それでも、参加してくれる人が多ければ良いな、と思う。

今回参加した皆様方、お疲れ様でした。次回はお会いできませんが、またお会いできる機会を楽しみにしております。

|

« Wrapping materials | トップページ | Wrapped objects »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/17478649

この記事へのトラックバック一覧です: ボロ雑巾のように:

« Wrapping materials | トップページ | Wrapped objects »