« 年が変わると共に | トップページ | 1 Slimy thing (1) »

2008/01/10

職が変わっても

先日、錬金術士としての生活を始めた5thキャラ。MSSでの経験値をフルに得るためには、もう少しBaseLvを上げねばならないのだが、ここで少し困ってしまった。現在のLvは61なのだが、このLv帯に適する戦場と言うのが皆目見当もつかないのだ。
最近行った戦場と言えば、十字軍の最後の追い込みの為に行った、高Lvキャラに向いた場所ばかり。かと言って、1st~3rdキャラがこのLv帯を経験したのは、既に四~五年以上も前の話であり、当時の知識を現状に当て嵌めるのはかなり無理があるだろう。だったら、このキャラが商人時代の終盤に行っていた場所から続きをすればなんとかなるのでは、と思ったのだが、生憎そこはアユタヤDの第一層。ここはJob経験値最優先で選択した場所であったので、今回のBaseLvUPという目的にはそぐわない。
どうしたものか、と考えてみたが、年末あたりにルティエの玩具工場へと包装材料を採りに行った事を思い出した。そういえばそこの第二層は、二次転職前後の経験値稼ぎに適していると言う話を聞いた事が有る。そんな訳で、今回のターゲットは玩具工場第二層に決定。
ただ、戦場を一か所に限定すると飽きが来てしまうので、もう一箇所別の候補を出す事に。こちらは過去、1stや3rdキャラがかなり長い間お世話になった記憶があるミョルニル廃鉱第三層にした。
以前のキャラ達は、廃鉱にはもう少しLvが高くなってから行ったような覚えは有るのだが、現在は当時よりも装備が充実しているし、彼らはStrが低い、戦闘には向いていないキャラだった。今回の錬金術士はStrもしっかり振ってあるので恐らく何とかなるだろう……と、見切り発車をする事に。

これでやっと、戦闘を開始する事が出来たが……。
Jobが上がって、錬金術士としてのスキルを習得していくのだが、ラーニングポーションや生命倫理はパッシブスキルなので、問題はない。しかし製薬スキルであるファーマシーは、関連ステータスであるDexとLuk、Intが低いので低レベルの間は役には立たない。また、スプリングラビットc挿しのクリップを二つ持っている関係上、回復剤には「にく」ばかり使っているので、ポーションの回復量を増強出来るポーションピッチャーも出番がない。そして、錬金術士の目玉と言えるだろうホムンクルスだが、この時点で創造したとて産まれたばかりでは、錬金術士自体が経験を積めるような強さの敵が相手では、すぐに死んでしまうのが目に見えているので実戦には投入できない。かと言ってホムを育てているような悠長な時間は残されてはいない。
結局、戦闘では、やっている事は商人時代となんら変わっていない様な気がしないでもなかった……(汗)。もちろん、転職した事によって、武器の基本ASPDや最大HP、SPは向上しているし、ラーニングポーションのお陰で回復剤の効力もさらに増強されているので、以前よりは確実に楽にはなっている筈なのだが。

なにはともあれ、転職から約一週間。闘い続けてようやく、Lv61からLv69へ引き上げる事が出来た。
蜂の巣にされつつも着実に目標Lv到達

これで、当初の計画通り、MSSの報酬を余す事無く得る事が出来、錬金術士の方はこれで一段落ついた、と言ったところ。ちなみに、報酬を得る時点での経験値はLv69の20,340、そして得た後ではLv71の621,194となったので、確かに計算は合っているようだ。
二階級特進

次は、4thキャラの剣士、と言う事になるが流石に実質四日間でLv54から69に、と言うのはかなり苦しいと思われる。この時間でどこまで上げる事が出来るのか……さて、どうなる事やら。

時に、話は突然変わるが、レア運には恵まれていないと自認しているこの私。
そんな私の、ほぼ唯一の例外と言えそうなのは、スケルワーカーである。こいつだけは、かなりの枚数のカードをくれたような覚えがある。実際、私の持っている対中型グラディウスとサーベル、モーニングスターに刺さっているカードは自力で拾った物であるし、その他にも何枚か露店売りさせてくれたおかげでかなり財布が潤ったものだ。
ただ当時は、のちに騎士(志望の剣士)を作る事になるとは思っていなかったので、+10パイクは用意していたのにも拘らず、対中型パイクを作る事には消極的だった。そのためスケワカcが三枚集まった時点で、廃鉱に訪れる機会が無くなり、カードとパイクはそのままカートの中で埃を被って眠る事に。
そんな記憶が、先の狩場の選定で、私を廃鉱に足を向けさせた要因でもあった。
……その行動は間違ってはいなかったようだ。
喜びは昔と変わらず

以前は非常に大勢の人々で賑わっていた廃鉱も、今は昔。現在では訪れる人もまばらになり、かなり寂れてしまった印象を受ける。それでも私にとっては、長い時間を過ごしてきた、そして経験値的にも財政的にも私を鍛えて上げてくれた思い出の場所だ。
久々に訪れた私を歓迎してくれた訳では無いのだろうが……それでも何か感慨深く思えたのは事実である。

|

« 年が変わると共に | トップページ | 1 Slimy thing (1) »

コメント

スケワカの恩返しおめでとうございます。
俺にとってはウィスパーとミノとパサナって所ですかね。
さあ、次はミストからの恩返しを!

んで、狩場ですけど。
ステにもよるんでしょうけど、
対動物装備があれば、ベインス南で黒蛇なんか
結構美味しいかも知れないですよ。
60-70台だと全被弾狩りなので回復代はかかりますが、
それをさっぴいても、回復要らずのローリスクローリターンをちまちま続けるより、
ちゃっちゃと育てて地下4なりなんなり、
金銭も期待できる次の狩場へ行けると思えば安いモノですし。

投稿: かしわぎ | 2008/01/11 19:13

本日、13日の16時09分頃にコメントが有りましたが、これにリンクされているURLは危険ドメイン名リスト(出典:BS Wiki、安全の為に)に含まれているものだったため削除致しました。
もし、この書き込みのURLをクリックした場合、致命的な被害を受ける可能性が非常に高いため、早急に対処する事をお勧めします。
また他所でこれと似たURLを見かけた場合にも、警戒を怠らぬようご注意願います。

> 途中からと言うのはその日少々用事があったためで、それまで私はROにログインできないでいました。 ..... 今回Schwarzwaldに集結した戦力は人数では敵と同等程度ですが、こちらには99LVのオーラをまとっている者も多く質の点では圧倒的にこちらのほうが上 ...

> 投稿 アズサ | 2008/01/13 16:09

> http://gtvxi■com/uplink1028/9974link/

投稿: Tod | 2008/01/13 17:58

> かしわぎさん
恩返しされる相手が何種類も居て良いですねぇ。ちなみに、ミストにもかなりの数のカードは頂いてますが、そちらはもう勘弁ッ!

お勧めの戦場ですが、早速剣士に行かせてみましたよ。中型短剣、動物盾、毒鎧についでにガスマスク、と商人盗賊系と共用品であるものの装備は揃ってたので、確かに稼げる感覚が有ります。
回復剤連打にはまだ慣れないのが問題ですかねぇ(苦笑)。Vit型キャラやる上では当然の事だとは頭では分かってはいるのですが。

投稿: Tod | 2008/01/15 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職が変わっても:

« 年が変わると共に | トップページ | 1 Slimy thing (1) »