« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/26

Missing girl.

何時ものことながら、出かける目的地の選考に手間取る、一次職集会でのこと。自分でも何処に行けば良いのか思いつかず、皆で、う~ん、と唸っていたところ、誰かがポツリと一言。
「 一通りはいってるもんねぇ」
そうなのだ。一次職集会も、年末などの代替開催なども含めれば、既に四十台後半もの回数が行われている。その間、大規模パッチでマップ自体は拡大してきているとは言え、自分たちで行けそうな場所は既に殆ど行き尽くしてしまっているのだ。新鮮味が有る場所で、しかも皆で楽しめそうな場所はどこか、と言われても、パッと出てこないのはある意味当然だったのかも。

結局、龍之城第三層に、約三十分強ほど滞在。マジさんが一回、横湧きにより倒されてしまった以外は、全般的にのんびりと闘う事が出来た。時々、ミョグエやヒェグンの四~五体からなるMHに当たって、あたふたする場面はありましたが。
それにしても、チュンイー見学ツアーと言う名目だったのに、そのお目当てのチュンイーには一度も遭えなかったのは残念だった。チュンイーのカードには結構な高値が付いているので、もしかしたら、の期待もあったのだが。戦闘を開始した時点からしばらくの間、二次職や転生職の方々がテレポやハエでヒュンヒュン移動していたのも関係していたのだろうか?

ともあれ、参加者の皆様方、お疲れ様でした。また機会が有りましたらご一緒しましょう。
剣2、魔盗ノビ各1名での戦闘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

忘却の危機

このところ、名もなき島ダンジョン侵入の為に、どうクエストを遂行しておこうかetc.で思考が一杯々々になっていたのだが……ふと、何気なくカレンダーを見て驚いた。
……今月、ってえらく短かったんだな(汗)。と言う訳で、今月の一次職集会の事は、完全にすっかり頭から抜け落ちていた。
危うく、告知どころか集会自体に参加し忘れる所であった……;。

p.s. >靜音さん 注意喚起ありがとうございました。正直、今の今まですっかり気付かなかったので危ないトコでした……(苦笑)。
―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 45 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  2月 23日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting


集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/21

Volcano

「トール火山の秘密クエスト」……完遂時の報酬は、BaseExp百万とJobExp七十万。また、クエストの途中では古い紫色の箱も一個得る事が出来、さらにこのクエストを完遂しておく事が、来る三月に来ると予告されている大規模パッチで実装される、新たなダンジョンへ侵入するのに必須とされるらしい……。
と、得られる物を書き出していくと、良い事ばかりのように思えるが、そうは問屋が卸さない。このクエストはその名の通り、トール火山ダンジョンへ行かねば進行が出来ないため、途中で死ぬ可能性が非常に高いのだ。トール火山クエ以外でも、通常のフィールドやダンジョンを通過する必要が有り、デスペナルティを受けるかもしれないクエストもいくつか存在するのだが、このトール火山はその危険性が桁違いであるらしい。他にも非売品である緑ハーブやゼロピーを湯水のように消費せねばならないようで、ROで実装されているクエストとしては、報酬が苦労に見合わない方の部類に入るだろう。
しかし、前述のとおり、新パッチのダンジョンへ入るための前提でもあるので、避ける訳にも行かないのが困りもの。どうせやらなければいけないのなら、得られる経験値だけでも、なるべくデスペナルティで目減りさせずに済ませたいものだ。

ただ、そのデスペナルティは回避する手立てがないわけでは無い。もし、死んだとしても、減る経験値が元から存在しなければ、痛くも痒くもない。
そんな状態にするには、方法が三つある。デスペナルティが発生しなくなる課金アイテムを使うか、LvUP直後の経験値0%状態にする。そしてLv99を達成し、経験値が意味をなさなくさせる、と言った所。
この内、課金アイテムは最初から使うつもりはないので除外。残りの二つだが、Lv99のキャラは当然、盗者が該当する。そしてLvUP直後のキャラクタと言うと……先日騎士がLvUPした折、実はこのトール火山クエストに挑戦するつもりで経験値を調整してあったりする。

そんな訳で、騎士にてトール火山へ行ってみたのだが……実際に体験してみると、その恐ろしさは予め聞いていた噂から想像していたものを軽く上回りますな、あれは……(汗)。

テレポートやハエの羽で移動すれば、画面内に二、三体以上ボス級の敵が居るのもまれでは無いし、火属性鎧を着ていても呪文一発でHPの4/3以上持っていかれる事もざら、油断すれば一撃で13000程度のダメージを貰って即死する事も……。
そんなトール火山に少なくとも三回は行かねばならないのだから、いくらデスペナルティが無いとは言っても心臓に悪い事、この上ない。結局倒れたのは三度ほどで済んだので助かったが、これがデスペナのある状態だったら、そしてこれがLv90台の後半だったら、等と思うと少しゾっとする。
スピアブーメランで即死出口の目の前に陣取るのは反則だ……

ともあれ、どうにかこうにか任務完了。死んだ分を差し引いても、ほぼ満額と言える経験値を得る事が出来た。消費した緑ハーブ/ゼロピーも、それぞれ820枚、410個で済んだので、なんとか許容範囲内に済んだのではなかろうか。
きっかり1M獲得。JobもLv43の0%から75.9%に。

さて、次は盗者の番と言う事になるのだが……HPが二倍近く有り、Defも充実していた騎士でさえこれだけ苦労したのだから……先行き不安である……(汗)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/19

Stardust

先日、騎士が使用するための属性パイクを鍛造し、風以外の三属性は揃える事が出来た。が、どれも目標にしていた+10には届かず中途半端な精錬で止まってしまったのは以前に挙げたエントリの通り。
その後も、機会を見ては鍛造、精錬を繰り返してみた。その結果、+9の物が三属性それぞれ一本づつ出来たのだが、その代わり倉庫に溜め置いてあった星の欠片を使い尽くしてしまった。しかし、鉄だけはまだパイクの鍛造を十八回試行出来る分が、まだ残っている。この鉄を、強い属性パイクとして鍛えるとなると、当然星の欠片が必要になってくるのだが……星の欠片と言えば、アマツの雅人形が収集品に近い確率で落とす事は良く知られている。となれば……やはり彼が一番の適役だろう。
回収者

私の盗者は普段、戦場には三つから四つ、時にはそれ以上の武器を持ち込むため、重量制限に苦しむ事が多い。しかし、アマツダンジョン第一層は、出現する敵が全て中型で、しかも闇&不死属性の者しか居ないため、持ち込む武器を中型黒蛇角弓と銀矢のみに絞る事が出来る。これと月光剣とヒールクリップを持ち込めば、回復剤も持つ必要も無くなり、装備重量をかなり軽減させることが可能である。普段はスティール用に携帯しているQDexナイフも、今回は倉庫に置いていく事にした。
ここまで徹底して荷重を減らしてみたのだが……それでも、戦闘開始三十分も経たずして、所持重量が50%を超えてしまった。雅人形が星の欠片、銃奇兵が鉄を、それぞれ結構な数を落としていくのでこうなってしまう。星の欠片は今回の目的であるので全部拾っていくのは当然だが、鉄もパイクの材料となるので捨てていく訳には行かない。それと、矢の重さもバカにならない要素ではある。

ともあれ、そんな感じの戦闘を一時間×二回。星の欠片は36個入手。第一線は引いても、未だその腕は錆付かず、といったところだろうか。こうして、倉庫内の鉄を全て消化できる分量の星の欠片は入手。後は+10のパイクを作るだけである。

続きを読む "Stardust"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

調理師免許取得への道 -ショコラティエ'08編-

またもやってきた、バレンタインパッチ。とは言え、私は相変わらず、今年も人から何か貰えるような当ては思い当たりすらまったく無し。なので、今回も名刺代わりに配布するための品物を作るために、このイベントを利用させてもらう事とする。まぁ、バレンタインにチョコを野郎から贈られても、嬉しいと思うような人など居ないだろうが……細かいコトは気にしないように(爆)。
普通はこういう反応だろうなぁ……

ただ、残念なのは今年は、カカオから板チョコを作る事が出来ないらしいことだ。私は例年、チョコレートは原材料のカカオから作るのが慣例となっているので、この仕様には若干不満が有る。材料として既に製品化された板チョコを購入して使うのでは、手作りと言う感覚が薄れてしまう気がするからだ。サーバー内の現金を減少させるインフレ対策と言う面も有ると思われるので、運営上での方向性としては正しいのであろうが……やはり一ユーザーとしては少々残念である。

そんな訳で、今年はクエスト中で得られるレシピと卵&小麦粉を消化出来るだけの分を作るだけに留める事にした。
結果、出来上がったのは手作りチョコと手作りホワイトチョコが三個づつ、ストロベリーチョコが五個。去年は作るのに難儀したチョコタルトは十個作って七個までが成功、失敗作は三つに留める事が出来た。今回は、タルトをオーブンで焼く時間の待ち時間を13秒台後半から14秒台前半辺りにしてみたのだが、それが功を奏したのだろうか? 正確な条件は何なのか、少々気になるところである。
今年は製作快調

なお、今回のクエストではRAGtimeサイト内のクエスト情報を参考にしながら進めていったのだが、それに加えてゲーム内においてもみくりさんにご助力頂いた事を追記しておく。この場を借りてお礼を申し上げます。
その節はお世話になりましたm_ _m

続きを読む "調理師免許取得への道 -ショコラティエ'08編-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/14

From now,your name is...

とりあえず、先日のLvUpで騎士と錬金術士のLv上げは一段落。次にやりたい事は何か有っただろうか……と、見まわしたところ、まだ育っていないキャラ(?)が約一つ。過日誕生させておいきながら、まだ実戦の場へと連れて行っていなかったホムンクルスである。
そんな訳で、ここ最近は彼(?)を成長させる事に、集中的に時間を割いていた。その甲斐有って、ランダムボルト魔法のカプリスを最大Lvまで習得させる事が出来た。
四色のスペル

誕生させてからこの時点までペットと名前の被りが有った為、まだ名前を付けてやっていなかったのだが、これでイメージ的には当初付けようとしていた名前の第一候補のそれにかなり近づいた。これなら、もう最初の予定通りの名前でも良いかな、とも思ったのだが……。そこまで考えた時点で、バニルミルトは攻撃魔法だけでは無く、回復魔法(カオティックベネディクション)も扱う事が出来るようになるのを思い出した。
五色目の呪文

これは最早、暗黄色のさらに上位の存在だと言っても良いように思える。そして、カプリスの属性やカオティックベネディクションの対象の選択のランダム性等を考慮に入れた結果……命名。

Chromatic:━━ a. 色の; 多彩の; 色の着いた,(濃い)彩色の;

これから連想するのはかなり無理が有るように思えるほど、出典からは離れた名前にはなってしまったが、これはこれで良い命名は出来たのではないか、と自分では思っている。


色々と至らぬ創造主だとは思うが……これからもよろしく。相棒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/06

End of the turn.

先日の火曜日で終了した経験値1.5倍増加期間。この間はログイン時間のほとんどを、騎士での戦闘に費やしていた。場所はもちろんアユタヤダンジョンの第一層。
増加期間開始時には、33だったJobLvが……。
開始時点

紆余曲折はあったものの
死因:スキル誤選択、及び回復剤のケチり過ぎ死因:テレポによる穴への実体化、溺死

なんとか43まで上昇。Jobをここまで上げられたのに対し、BaseLvの上昇は二つまでで抑えられた。これで、Base/Jobの不均衡は少しは是正出来たのだろうか。
終了時点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

Let's forge.

先日、ギルドメンバーの寅さんに要請を受け、久々に武器の鍛造を行った。頼まれたのは、片手剣が二種と鈍器が一種類。武器を打つのは久しぶりだったためか、片手剣の方は残念ながら最低限の仕事しか出来なかったのだが、鈍器の方はLv1武器だったこともあってか、星欠片三個入りの物を四本連続で造る事に成功した。
ちょっとしたレア品か?対高Fleeなmob用兵器

なんとか任務を遂行し、ちょっと多すぎな報酬(多謝!)を頂くと共に、出来た製品を引き渡したのだが……この三連星メイスを見てふと気がついた。Lv1武器と言えば、パイクもそうだったよなぁ、と。


そんな訳で、後日アインブロックへと向かった。ここは鍛冶師用品の販売所と、精錬業者が同居しているので、武器鍛造を行うには何かと都合が良い。さすがはブラックスミスギルドと言うべきか。
倉庫には鉄鉱石もかなりの量が溜まっていたので、これの消化も兼ねてパイクの鍛造も行ったのだが……どうも風向きが良くない。合計で三属性、十四回分試行したのだが、成功したのはその中の八本のみ。物欲が出てくると、物事は途端に巧く行かなくなると言う事か……。
鍛造中製品出荷

出来たパイクは早速精錬……したい所だったが、生憎これを使う騎士は、精錬所の無いアユタヤに滞在中。代わりに現在は荷物番になっている十字軍に精錬して貰う事にした。
一応、狙いは全て+10……であるが、残念ながら土パイクが+9になったのみで、残りの二属性は+8止まり。ここで十字軍の所持金も尽きてしまったので、今回はとりあえずここまでとした。
転生前の一仕事

まだ完成品では無いものの、とりあえず実戦に投入できそうな槍は入手する事が出来た。これで騎士の戦力も向上してくれれば良いのだが。

続きを読む "Let's forge."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »