« 調理師免許取得への道 -ショコラティエ'08編- | トップページ | Volcano »

2008/02/19

Stardust

先日、騎士が使用するための属性パイクを鍛造し、風以外の三属性は揃える事が出来た。が、どれも目標にしていた+10には届かず中途半端な精錬で止まってしまったのは以前に挙げたエントリの通り。
その後も、機会を見ては鍛造、精錬を繰り返してみた。その結果、+9の物が三属性それぞれ一本づつ出来たのだが、その代わり倉庫に溜め置いてあった星の欠片を使い尽くしてしまった。しかし、鉄だけはまだパイクの鍛造を十八回試行出来る分が、まだ残っている。この鉄を、強い属性パイクとして鍛えるとなると、当然星の欠片が必要になってくるのだが……星の欠片と言えば、アマツの雅人形が収集品に近い確率で落とす事は良く知られている。となれば……やはり彼が一番の適役だろう。
回収者

私の盗者は普段、戦場には三つから四つ、時にはそれ以上の武器を持ち込むため、重量制限に苦しむ事が多い。しかし、アマツダンジョン第一層は、出現する敵が全て中型で、しかも闇&不死属性の者しか居ないため、持ち込む武器を中型黒蛇角弓と銀矢のみに絞る事が出来る。これと月光剣とヒールクリップを持ち込めば、回復剤も持つ必要も無くなり、装備重量をかなり軽減させることが可能である。普段はスティール用に携帯しているQDexナイフも、今回は倉庫に置いていく事にした。
ここまで徹底して荷重を減らしてみたのだが……それでも、戦闘開始三十分も経たずして、所持重量が50%を超えてしまった。雅人形が星の欠片、銃奇兵が鉄を、それぞれ結構な数を落としていくのでこうなってしまう。星の欠片は今回の目的であるので全部拾っていくのは当然だが、鉄もパイクの材料となるので捨てていく訳には行かない。それと、矢の重さもバカにならない要素ではある。

ともあれ、そんな感じの戦闘を一時間×二回。星の欠片は36個入手。第一線は引いても、未だその腕は錆付かず、といったところだろうか。こうして、倉庫内の鉄を全て消化できる分量の星の欠片は入手。後は+10のパイクを作るだけである。

……ハズだったのだが。アマツで得られた鉄も入れ、思い切って全部で二十一回分のパイクを鍛造を試みたのだが、巧く行ったのはその内十本のみ。しかもそれを精錬しても+9の物が一本残ったのみ、と、結果は見事に惨敗に終わってしまった。
君らの方は、錆びまくっていた、と言う事かな……(溜息) >鍛冶士 & 精錬業者
この後一本を残し+9で全滅……

|

« 調理師免許取得への道 -ショコラティエ'08編- | トップページ | Volcano »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/40186734

この記事へのトラックバック一覧です: Stardust:

« 調理師免許取得への道 -ショコラティエ'08編- | トップページ | Volcano »