« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/28

Fruit basket

迷宮の森第一層にて、イチゴ狩りを開始してから、早や十日。なんとか、目標であった400個を集める事が出来た。

心配された低額カードは、残念ながらクリーミーのが一枚出てしまった……と思ったのだが、これがいつの間にやら3Mz弱程度にまで高騰していて驚いた。私が記憶している限りでは、少し前までは、高くて数十万程度で露店に並んでいたような気がするのだが……これは思い違いだったのだろうか?
出た瞬間は落胆したのだが……?

そして、このイチゴ狩りの間、さすらい狼には十数回程は遭遇しただろうか。お陰で、ノービス用装備を何個か得られた上に、ウェスタングレイスまで入手出来た。
これでWIL師匠に肩をならべられた……のだろうか?

先のクリーミーcも併せて思わぬ臨時収入も手に入り、満足行く結果が得られた。
余計な物まで盗ってしまったりはしたけども


イチゴの次に集める必要が有るのは、オレンジ。これを10%の確率で落とす、仔デザートウルフとペコペコ、そしてガラパゴの内、どれを狙うべきか比較検討した結果、モロク↑→のマップ(moc_fild06)で闘う事となった。
まず、ガラパゴは個体数が他の二者に比べてかなり少ない為、レアアイテムには魅力が有るものの、今回は除外。
残る仔デザとペコは、両者ともにレアアイテムに関しては皆無なのは同じ。ただペコの方は、多数生息するマップに、やはりオレンジを持っているコンドルと、収集品を露天に並べる事が出来るムカーも同居しているのが決め手となった。

まともなレアアイテムは期待できない場所なだけに、早い所集め切ってしまいたい、と思っていたのだが……早速こんなものが。
五年前に出て欲しかった……

迷宮の森とは違って、今度は前途多難な予感である……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/26

大規模パッチは来たけれど

名も無き島のフィールド及び、修道院の第一層は、人数さえいれば一次職のみでのPTでも闘えそうな印象が有る。ただ、上陸する前提条件が面倒過ぎるので、集会時の遠足の行先には成り得なさそうなのが残念なところ。今月は何処へ闘いに出る事になるのだろうか?

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 46 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  3月 29日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting


集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/03/24

着々と

無名島アップデートの際に、不具合の為実装を延期するとアナウンスされたクエスト群。クエストであるからには、必要とされるアイテムもいくつか出てくる。大概の物であれば、私の倉庫を漁ってみれば出てくるのではあるが、流石に全ての物が完全に揃っている、と言う訳には行かず、何種類かは抜けがあるものだ。
ここしばらくは、そんなアイテムを集める為に東奔西走している。

ある日は馬のひづめを採りにゲフェンダンジョンへ、
箱は要らん、ひづめをくれッ!

あくる日は燃える心臓を探すためノーグロードへ。
こちらの火山も舐めてると……

次には龍之城へブリガン採集にetc.。
久々にやってもーた……;_ _

先日、ベアドールを倒しに行ったのも、その一環だったりする。
お陰で、必要とされるアイテムは、NPC売りされている物を除けば、あと一種類と言う所まで漕ぎ付けた。ただ、その最後の一種類と言うのが「モロク果物酒」と言う曲者なのが厳しい所。

モロク果物酒は、Int+4の料理アイテムであり、入手するには調理製造するしかない。これを一本作るのに必要な材料は、イチゴとオレンジ各十個、ブドウ五個、レモン四個、アルコール二個と多岐に渡る。この内、レモンとブドウは倉庫内に相当数が蓄えて有り、アルコールも三桁回数は製造を試みられる分の材料は所有している。
問題となるのは、残るイチゴとオレンジだ。クエストで使うとされている果物酒の数は五本。調理製造には100%成功できる訳では無く、むしろ成功率は50%を切るか切らないかの辺りになるのではないかと予想される。さらに、クエストをさせたいキャラクタも一人では無く、四人居る。と言う事は、用意するべき数はそれぞれ四百個以上づつ……かなりの難関になりそうだ。

この果実はアビスレイクのドラゴン達がかなりの高率で落とすらしいのだが、残念ながら私の持つキャラでは、一人では彼らを相手に闘うのは少し無理が有りそう。故にこれらを集めるには、彼らよりドロップ率が低い敵を多数倒して集めるしか方法はない。ただ、低いとは言っても、ヨーヨーはイチゴを11%、子デザートウルフやペコペコはオレンジを10%の確率で落とすようなので、これらをメインに狙う事にした。

まずは、イチゴ狩りの為にヨーヨーの居るマップをチェック。数が一番多いのはカピトリーナ修道院前のマップだが、今回は迷宮の森第一層で闘う事にしてみた。ここはヨーヨー自体の数は少ないが、それ以外にもウルフやスネイク等、イチゴを持っている敵が存在しているし、それぞれの敵の出現位置も大体決まっているので、進軍ルートを定めておけば、同じ敵に定期的に遭える可能性が高い。それに、敵もバラエティに富んでいるので飽きる心配も無さそう。

そんな訳で、この数日間はすっかり迷宮の森の住人と化している盗者であった。肝心のイチゴは一時間半程度闘って、二十~四十個集まる程度、と余り効率は良くない。しかし、製薬材料等で利用する収集品がかなり入手出来たり、さすらい狼としばしば遭遇したり、と金銭的や精神的な面では意外に悪くないかもしれない。イチゴが充分集まるまでは、もうしばらくここへ入り浸る毎日が続きそうだ。
……その前に、アルゴスやらコーコーやらのカードを引く事が無いよう、祈りたいものではあるが(汗)。
一応、レアアイテムだけど……チョコの取り巻きもドロップが有るのは嬉しいところ自分では使えないのがちと残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

二年越しの復讐

現在、実装が延期になっているクエストで必要とされるアイテムを調べている時の事。唐突に一つ、忘れていた事を思い出した。

以前、自分で使うためのペノメナカードを獲る為に、盗者にて時計塔の地下第三層に籠っていた事が有った。結局、出るまでに一年半近くもの時間が掛ってしまい、お陰で十字軍のLv99達成や4th、5thキャラの育成の開始などが大幅に遅れてしまったり、と、予定が大幅に狂わされたりもしたのだが……この辺りの話は別の機会に譲るとして。
何故、ペノメナcが使いたかったかと言うと、とあるmobに対抗するためだった。そいつとは、一度闘ってみたのだが、一体すら倒す事が出来ず、逆に叩き伏せられてしまった苦い思い出が有る。そいつの名は……ベアドールと言う。
しかし、カードを入手するまでの時間が余りにも長過ぎたため、何故このカードが必要だったのか、つい最近まで目的をすっかり忘れてしまっていたのである。

ベアドールの攻撃を95%回避するのに必要なFreeは267、ペノメナのそれと1しか変わらない。と言う事はつまり、ペノメナの時と同じ手が使えると言う事だ。

早速、オーガトゥースとペノメナc挿し盾を携えて、アインベフ鉱山の第二層へと向かった。この他に持っていった武器は、オブシディアン対策の火ダマスカスに、対ジャンクポット用のHyTi角弓&鉄矢。第二層にはこの他にもミネラルが生息しているが、こいつはノンアクティブなので、手を出さないことにする。

それで実際闘ってみた感想だが……倒す事自体は出来た。ただ、かなりの苦戦となってしまったのだが。ベアドールと闘うには高い回避力だけでは無く、命中値も高水準で要求される。ベアドールに必中させるのに必要なHitは246だが、私の通常装備時でのそれは188。つまり攻撃しても58%しか命中しない。普段、他の場所で闘う分にはHitで苦労させられる様な事は殆ど無いのですっかり失念していたのだ。一応、石投げを連打して、暗闇状態にしてやれば、容易に攻撃を当てられるようにはなるが、石投げ自体の状態異常付与率がそう大きくないため、石の重量や使用SPがかえって負担になってしまうケースも多々あった。
それに対ベアドールの場合には、オーガのDef半減効果がかなりの痛手になった。ペノメナとは違い、ベアドールの攻撃力はかなり高い方の部類に入るので、被ダメージも馬鹿にならないレベルのものとなってしまうのである。もし、ペノc盾が無ければちょっと耐えられそうにない。
復讐は果たせたが

このままではかなり厳しいので、他の手はないか模索してみる。と、一つ思い当たる手が。これも対ペノメナ戦で試した物、オーガの代わりにTSpグラを使う事にしてみた。
すると、今度は中々良い感じ。対ペノメナ戦の時には威力不足を感じさせられたTSpグラだが、ベアドールは短剣のサイズ補正が100%となる小型サイズであるため、相対的に威力の減少が抑えられたようだ。そして、何よりもHitが+30されるのが大きい。これで命中率は88%となるのでミスがかなり減り、一撃あたりの与ダメージはオーガ使用時よりも減ったものの、戦闘時間は短縮できたような手応えが有る。
現有装備での最適解?

と言う訳で、ベアドールに勝つ、という当初の目的は果たせた。しかし、だからと言ってこれを主な獲物として戦うには少し無理が有りそうだ。何故なら、ベアドールの高ATKは盗者のMHPではやはり受けるのには荷が重い。オーガを装備せずとも闘えるようになったので、ダメージ量はそこそこ抑えられるようにはなったが、それでもまだ不充分。結局、一体と闘った後にHPやSP回復の為の休憩をかなり取らなければならない。また、ディスペルも使ってくるのでHSPの効果がすぐに切れてしまうのも痛い。TSpグラで命中率はあげられたが、まだ必中に達していないので、連続ミスでストレスが溜まる事も、ままあったりする。武器をTSpグラからTAグラに換え、Agi+8~+9あたりの料理を使用すればこの問題は解決できそうだが、闘いに行く度に、70k~150kもするような料理を何皿も食べていては、ダメージを受ける対象がHPから、財布に代わるだけになるだろう。
結局、ベアドール相手には、カード狙いでの戦いは仕掛けられそうになく、せいぜい錆びネジを少数入手するために会いに行く程度が関の山だろう。勝利は収められたものの、その辺りは少々残念な結果となった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/09

真相

無名島への侵入を、パッチ実装日の内になんとか済ます事が出来た、その翌日。今度は、現時点で実装されているもう一つのクエストを行ってみる事にした。
ただし、こちらの方は事前に得られた情報は殆ど無く、知っていたのは開始地点がモロクであるらしい、と言う事だけだった。そんな事情も有り、今度はなるべく情報サイトは参考にせずに、自力で話を追ってみようと考えた。
まずは、起点のNPCに誘導された通りにモロクの中央の湖に向かったものの、次に話しかけるべきNPCは見当たらず。
仕方なく、起点NPCの「時々だが居るらしい」との言葉だけを頼りに、近辺を歩き回ってみたのだが……その内、移動中、キャラクタが何か不自然な動きをする場所が有る事に気がついた。
不審に思い、付近を一歩づつ動いて調べてみると、どうやら立ち止まる事が出来ない地点が有るようだ。
バックステップなら踏めるけど

これは怪しい、と泉の周りを探ってみると、他にももう一箇所、立ち止まろうとすると弾かれる場所が見つかった。これは一体何なのだろう? と考えていると、やはり泉の周りを調べているらしいアコさんの姿が目に入る。私と同じようにNPCを探しているのかな、と思いつつ、名前を見てびっくり。そこには、一次職集会で何度か御一緒させて頂いたキャラの名前が……RagTimeのみくりさんであった。
挨拶して話を聞いてみると、どうやらクエストの検証中だったようで、一時間近く張り込んでいたものの、お目当てのNPCは見つからなかったとのこと。
こちらからは、近くに停止不能な地点が有るようだ、と先ほど得た情報を伝えると、みくりさんは「そのような場所が他にもあって、そこを通過するとNPCが現れるのでは?」と仮説を立ててくれた。
もし、その説が正しいとなると、他にも停止できないセルが存在するはずで、付近をくまなく調査する必要が出てくる。仕方なく、しばらく二人で一歩づつ歩いて辺りを探してみる。調査を始めてから程なく、みくりさんがもう一箇所停止できない場所を発見。
調査中

さらに、他にも同じような場所がないかと、私がちょっと移動した途端……。
何時現れたッ?!

件のNPCが突如出現。しかし、何が引き金になって表れたのかは、この時点では判らなかった。
その後も色々歩き回りった結果、一旦クエストを進めてしまった私では、再度NPCを出現させられなかった事、そしてNPCが出現する場所を除けば、停止不可なセルが四箇所有るらしい事までは判った。しかし、残念ながら私はここで昼食のため時間切れ。みくりさんに別れを告げ、ログオフしなければならなかった。

数時間後、食事から戻ってみると、既に結論が出たらしくRagTimeにはかなり詳しい情報が挙げられていた。
3/5のトップページでは、随分と私の事を持ち上げてくれて貰って下さっているのだが、私がした事と言えば、偶然見つけた、侵入不能なセルの存在を幾つか伝えた事のみ。
情報を整理して、結論を導き出し、判りやすい図解も作成。そしてそれを形にしてWebに送り出したのは、ひとえに、みくりさんの手腕が有ってこそ。彼女にあの場所で会えていなければ、私もまだしばらくはNPCを見つける事が出来ずに、クエストを進行させる事は出来なかったであろうし、私の漠然とした話を確固とした情報として下さった、と言う意味でも、こちらこそ感謝しなければバチが当たると言うものだ。

さて、この場面を切り抜けられれば、後は難しい条件もほとんど無く、NPC達の指示に従い行動すれば話を進行させる事が出来る(ただし、一度ラヘルの北、と言うのをベインスの北だと思い込んでしまい、撮ったSSを見返すまで散々迷いまくった、と言うのはここだけの話である(汗))。
途中で非売品の宝石が一個必要となる場面はあるが……私の倉庫を漁れば、大概の物は大体転がっているので、これもまったく問題は無し。

それにしても……教皇聖下には、してやられた感が有る。初謁見の時には頼りない印象しか持たなかったのだが……。伊達に女神の加護を受けた化身は務めていない、と言う事か。
騙されてた訳では無いけれど

未だに聖域にうろつくモンスターの存在やら、ルーンミッドガッツ間との外交問題等、この先まだまだ紆余曲折は有りそうだが、今クエストの完了によって、アルナベルツ教国での不穏な動きは、一応のところ止まったと見て良いのだろうか。
ラヘルパッチが実装された当時の聖域に入るためのクエストにて、結果としてジェド大神官を失脚させるような行動を取る事になり、非常に肩身の狭い思いをしていたのだが、今回はその借りをやっと返す事が出来たのかな、と、肩の荷が下りる気がした。

ROの舞台の内情に迫る物としては、久々に救いの有る結末を迎えられるので、多くの人に体験してもらいたいクエストである、と個人的にはお勧めしたい。得られる経験値もかなり高いものでもあるし。
ただ、かなり高難易度の前提クエストをしておかねばならない、と言うのが唯一の難点ではあるが……。

続きを読む "真相"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/06

潜入

名無し島パッチが当たった、その当日。
ログインして、早速、島へと潜入するためのクエストに着手。事前で情報収集していたので、島に渡る場面までは比較的楽に進める事は出来た。
スタートダッシュ

問題はその先の場面……戦闘が必要となるマップでの行動だ。この島の敵はかなり手ごわく、なおかつ高いHPを持っている。主たる敵は中型、かつ不死属性のため、弱点を衝きやすいのだがそれを勘定に入れても私の攻撃力では手に余ってしまう。一対一でならばなんとか倒しきる事も可能だが、二体以上を相手にするのはかなり厳しいように見えた。例え相手が一体だとしても、ゾンビスローターのSBに直撃されてしまうとHPが満タンの状態でも即死する可能性が高い。さらには、修道院第二層以深に多数居るネクロマンサーが相手では、攻撃を避ける事も儘ならずその上TS一発食らえば死亡確定、と、どう考えても分が悪い闘いに成ってしまう。
体感戦闘時間、約40~45秒
5%でしか当たらないものの……

火山クエストの時と同様に、テレポート連発で目的地に辿り着こうとしたものの、なかなか巧い場所へテレポートアウト出来ず、その内SPが尽きて憤死。
HPもSPも尽きた(泣)

これは日を改めた方が良いかな、と思いつつ三度めの挑戦をしていたところ、良く見かける人が目に入った。眩く光るスーパーノービス……以前にも何度かお世話になっているチャイナ女史だ。どうやら臨時PTでここに挑戦しに来たらしい。私が単独行動している事を話すと、有難い事に、快くPTに迎え入れてくれた。
お陰で、修道院の最深部まで足を踏み入れる事が出来、クエストを先に進める事が出来た。それにしても事前情報にてどんな粗筋の話なのかは知ってはいたものの、やはり実際にこの目で確かめてみると、衝撃を受けざるを得ないシナリオでは有る。
拾われて知ってはいたけれど、それでも……

修道院最深部でクエストを進行させた後は、一旦補給に戻り、修道院第一層でPT戦を楽しませて頂いた。しかし、自分のHPの少なさや攻撃力不足のため何度か御迷惑をお掛けしまったのは悔いが残る。ここで、スティールで新装備でも奪取して金銭面から貢献できれば良かったのだが、残念ながら今回も何時ものごとく引きが弱く、それも叶わず。その点については本当に申し訳ないと思う。
ただ、私には厳しい戦場ではあったものの、PTを組んで頂いた方々によれば、ペアでは美味しそうな場所だとの事。バンシーは経験値が高いうえにDefが低く、レックスディビーナも効きやすいため、打撃職とプリーストが組めば良さそうだ、という話であった。
道中助けられた上に、興味深い話も聞かせて頂き、ひたすら感謝である。> 今回PTを組んでくれた方々

ともあれ、どうにかこうにか本クエストは完遂。ルーンミッドガッツ王国の行き先に暗雲が立ち込めるような結末なだけに、暗澹たる思いは残る。が、他人と協力して闘い、楽しむと言う、久々にMMOらしい遊び方が出来、満足できる一日でもあったとも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

Burning road

噂や、情報サイトで調べた限りに於いては私が持っているキャラでは、来る、名もなき島パッチの新ダンジョンでの戦闘に耐えられそうな者は……現段階では、残念ながら居そうにない。
戦闘をなるべく避け、要所々々で闘うのみに抑える事が出来るのならば、盗者ならばある程度は行動できるだろうか。それとは別に、今から十数Lvほど成長させられれば、もしかすると騎士や錬金術士でなら闘えるようになるかもしれない。
もちろん、十字軍も今の状態のままなら闘う事も不可能では無いはずだ。が、入場するには「トール火山の秘密」を始めとした幾つかのクエストをこなしておく事が必須。だが、Lv99のままではそのクエストで得られる経験値は無為に帰する。そして、経験値を無駄にしないためには転生をする必要が出てくるが、今は倉庫やカートに収まりきらない分の荷物持ちをしている状態なため、今、転生してしまうとそのアイテムの行き場が無くなってしまう……と、八方塞がりな状況の為、現段階ではパスしてもらう事にする。

そんな訳で、先日、火山クエストを完了させた騎士に続き、盗者と錬金術士にも同クエストを行わせたのだが……思ったとおり、甘くはなかった。
盗者の方は、火山クエストでのベインス<=>トール火山間の往復では、なんとか死亡回数は三回に抑える事が出来た。だが、続く「基地潜入」クエストで八回も地に伏す事になってしまった。前の三往復で思ったより倒れた回数が少なかったことに気を良くして、かなり強気になってしまった事と、一度基地には潜入出来たものの、そこで一度サーバーキャンセルされてしまったのが敗因だろう。デスペナルティが無いとは言え、死ぬ度にセーブ地点に戻され、火山ダンジョン内での緊張を味あわされるのは、しんどい物が有った。
ステップの踏み間違いが命取り

錬金術士も、火山クエストでは三回死亡。ただ、こちらは騎士と同様に、Base、Job共に経験値を0%の状態に調節してから挑んだので、損失を最小限に抑えられたのは幸いだったか。
経験値調節でもお世話になります、葉猫様

幸いと言えば、盗者では散々倒されまくった基地潜入クエストを、騎士、錬金術士共に、ノーミスで抜けられたのは僥倖だった。こちらは火山クエのように経験値調整をする時間の余裕が無かったため、倒れていれば損失も少なくは無かったので、本当に運が良かったと思う。
火山クエ完了@錬金術士基地潜入クエ完了@騎士基地潜入クエ完了@錬金術士

さて、火山クエストと言えば、トール火山での危険性もさる事ながら、途中での緑ハーブの消費量の多さでも悪名が高い。一応、私の倉庫には緑ハーブの在庫は大量に有ったため、なんとかなるとは思っていたのだが……成否が乱数に振り回されるのを実感した。騎士は820個の消費で済み、盗者では300個使ったのみで切り抜けられたのでこれはツイているのか、と思いきや錬金術士では1520個もの消費を強いられてしまった。トータルで見れば平均に近い消費数だったようだが、順番は錬金術士が最後だったため、かなり精神的に疲れた気がする。
違うモノ、排し過ぎ……
今度は何も排さな過ぎ……

……が、この時点でも緑ハーブはまだ7000個以上残っていたりするのが私の倉庫だったりする(苦笑)。これは、まだ火山クエストを行っていない十字軍と鍛冶士が使う為の最低限を残して残りは売ってしまおうと思う。売り切る事が出来るかどうかは別として、こんな時位は商売っ気を出しても許される……と思うのだがどうなのだろう……?
売れる分は売ってみる

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »