« Burning road | トップページ | 真相 »

2008/03/06

潜入

名無し島パッチが当たった、その当日。
ログインして、早速、島へと潜入するためのクエストに着手。事前で情報収集していたので、島に渡る場面までは比較的楽に進める事は出来た。
スタートダッシュ

問題はその先の場面……戦闘が必要となるマップでの行動だ。この島の敵はかなり手ごわく、なおかつ高いHPを持っている。主たる敵は中型、かつ不死属性のため、弱点を衝きやすいのだがそれを勘定に入れても私の攻撃力では手に余ってしまう。一対一でならばなんとか倒しきる事も可能だが、二体以上を相手にするのはかなり厳しいように見えた。例え相手が一体だとしても、ゾンビスローターのSBに直撃されてしまうとHPが満タンの状態でも即死する可能性が高い。さらには、修道院第二層以深に多数居るネクロマンサーが相手では、攻撃を避ける事も儘ならずその上TS一発食らえば死亡確定、と、どう考えても分が悪い闘いに成ってしまう。
体感戦闘時間、約40~45秒
5%でしか当たらないものの……

火山クエストの時と同様に、テレポート連発で目的地に辿り着こうとしたものの、なかなか巧い場所へテレポートアウト出来ず、その内SPが尽きて憤死。
HPもSPも尽きた(泣)

これは日を改めた方が良いかな、と思いつつ三度めの挑戦をしていたところ、良く見かける人が目に入った。眩く光るスーパーノービス……以前にも何度かお世話になっているチャイナ女史だ。どうやら臨時PTでここに挑戦しに来たらしい。私が単独行動している事を話すと、有難い事に、快くPTに迎え入れてくれた。
お陰で、修道院の最深部まで足を踏み入れる事が出来、クエストを先に進める事が出来た。それにしても事前情報にてどんな粗筋の話なのかは知ってはいたものの、やはり実際にこの目で確かめてみると、衝撃を受けざるを得ないシナリオでは有る。
拾われて知ってはいたけれど、それでも……

修道院最深部でクエストを進行させた後は、一旦補給に戻り、修道院第一層でPT戦を楽しませて頂いた。しかし、自分のHPの少なさや攻撃力不足のため何度か御迷惑をお掛けしまったのは悔いが残る。ここで、スティールで新装備でも奪取して金銭面から貢献できれば良かったのだが、残念ながら今回も何時ものごとく引きが弱く、それも叶わず。その点については本当に申し訳ないと思う。
ただ、私には厳しい戦場ではあったものの、PTを組んで頂いた方々によれば、ペアでは美味しそうな場所だとの事。バンシーは経験値が高いうえにDefが低く、レックスディビーナも効きやすいため、打撃職とプリーストが組めば良さそうだ、という話であった。
道中助けられた上に、興味深い話も聞かせて頂き、ひたすら感謝である。> 今回PTを組んでくれた方々

ともあれ、どうにかこうにか本クエストは完遂。ルーンミッドガッツ王国の行き先に暗雲が立ち込めるような結末なだけに、暗澹たる思いは残る。が、他人と協力して闘い、楽しむと言う、久々にMMOらしい遊び方が出来、満足できる一日でもあったとも思う。

|

« Burning road | トップページ | 真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/40399240

この記事へのトラックバック一覧です: 潜入:

« Burning road | トップページ | 真相 »