« 真相 | トップページ | 着々と »

2008/03/16

二年越しの復讐

現在、実装が延期になっているクエストで必要とされるアイテムを調べている時の事。唐突に一つ、忘れていた事を思い出した。

以前、自分で使うためのペノメナカードを獲る為に、盗者にて時計塔の地下第三層に籠っていた事が有った。結局、出るまでに一年半近くもの時間が掛ってしまい、お陰で十字軍のLv99達成や4th、5thキャラの育成の開始などが大幅に遅れてしまったり、と、予定が大幅に狂わされたりもしたのだが……この辺りの話は別の機会に譲るとして。
何故、ペノメナcが使いたかったかと言うと、とあるmobに対抗するためだった。そいつとは、一度闘ってみたのだが、一体すら倒す事が出来ず、逆に叩き伏せられてしまった苦い思い出が有る。そいつの名は……ベアドールと言う。
しかし、カードを入手するまでの時間が余りにも長過ぎたため、何故このカードが必要だったのか、つい最近まで目的をすっかり忘れてしまっていたのである。

ベアドールの攻撃を95%回避するのに必要なFreeは267、ペノメナのそれと1しか変わらない。と言う事はつまり、ペノメナの時と同じ手が使えると言う事だ。

早速、オーガトゥースとペノメナc挿し盾を携えて、アインベフ鉱山の第二層へと向かった。この他に持っていった武器は、オブシディアン対策の火ダマスカスに、対ジャンクポット用のHyTi角弓&鉄矢。第二層にはこの他にもミネラルが生息しているが、こいつはノンアクティブなので、手を出さないことにする。

それで実際闘ってみた感想だが……倒す事自体は出来た。ただ、かなりの苦戦となってしまったのだが。ベアドールと闘うには高い回避力だけでは無く、命中値も高水準で要求される。ベアドールに必中させるのに必要なHitは246だが、私の通常装備時でのそれは188。つまり攻撃しても58%しか命中しない。普段、他の場所で闘う分にはHitで苦労させられる様な事は殆ど無いのですっかり失念していたのだ。一応、石投げを連打して、暗闇状態にしてやれば、容易に攻撃を当てられるようにはなるが、石投げ自体の状態異常付与率がそう大きくないため、石の重量や使用SPがかえって負担になってしまうケースも多々あった。
それに対ベアドールの場合には、オーガのDef半減効果がかなりの痛手になった。ペノメナとは違い、ベアドールの攻撃力はかなり高い方の部類に入るので、被ダメージも馬鹿にならないレベルのものとなってしまうのである。もし、ペノc盾が無ければちょっと耐えられそうにない。
復讐は果たせたが

このままではかなり厳しいので、他の手はないか模索してみる。と、一つ思い当たる手が。これも対ペノメナ戦で試した物、オーガの代わりにTSpグラを使う事にしてみた。
すると、今度は中々良い感じ。対ペノメナ戦の時には威力不足を感じさせられたTSpグラだが、ベアドールは短剣のサイズ補正が100%となる小型サイズであるため、相対的に威力の減少が抑えられたようだ。そして、何よりもHitが+30されるのが大きい。これで命中率は88%となるのでミスがかなり減り、一撃あたりの与ダメージはオーガ使用時よりも減ったものの、戦闘時間は短縮できたような手応えが有る。
現有装備での最適解?

と言う訳で、ベアドールに勝つ、という当初の目的は果たせた。しかし、だからと言ってこれを主な獲物として戦うには少し無理が有りそうだ。何故なら、ベアドールの高ATKは盗者のMHPではやはり受けるのには荷が重い。オーガを装備せずとも闘えるようになったので、ダメージ量はそこそこ抑えられるようにはなったが、それでもまだ不充分。結局、一体と闘った後にHPやSP回復の為の休憩をかなり取らなければならない。また、ディスペルも使ってくるのでHSPの効果がすぐに切れてしまうのも痛い。TSpグラで命中率はあげられたが、まだ必中に達していないので、連続ミスでストレスが溜まる事も、ままあったりする。武器をTSpグラからTAグラに換え、Agi+8~+9あたりの料理を使用すればこの問題は解決できそうだが、闘いに行く度に、70k~150kもするような料理を何皿も食べていては、ダメージを受ける対象がHPから、財布に代わるだけになるだろう。
結局、ベアドール相手には、カード狙いでの戦いは仕掛けられそうになく、せいぜい錆びネジを少数入手するために会いに行く程度が関の山だろう。勝利は収められたものの、その辺りは少々残念な結果となった。

|

« 真相 | トップページ | 着々と »

コメント

ヤキ入れお疲れ様でした!
とにもかくにも、勝つ事ができたなら超okって事で!!

しかしあのクマはなんとかならんもんですかねえ。
VIT剣士でもAGI剣士でもハンターでもBSでも、
どれで戦ってみても「コイツ不味くね?」としか思えない存在で…
今にして思えば状態異常インベでも食らわせればよかったかも。

投稿: かしわぎ | 2008/03/16 23:43

うちの剣士で挑んだ時は、プロボックかけた上で☆入り武器でスタンバッシュ連打、で済ませてしまいました。
安直といえば安直ですが、これが一番確実なのかもしれません。

投稿: 靜音(の中の人) | 2008/03/17 10:42

> かしわぎさん
私が行った時に見た限りでは、アサシンがカタールで勝負してたり、セージがFW&ボルト等で闘っていたのを見かけたような。やはり、適材適所、と言う事なのでしょう。
それに剣士でしたら、下で靜音さんがおっしゃっているとおり、星入り武器&バッシュと言う手も有りでしょうね。

> 靜音さん
安直でも何でも、それが一番効果が挙がるのなら、使わない手はないでしょう。
しかし、プロボックは危なくないですか? ただでさえ大きいATKがさらに増強されて、被ダメージがシャレにならなくなるような気もするのですが(汗)。

投稿: Tod | 2008/03/20 10:31

一匹あたり、白ポ5本くらいは覚悟してます。
しかし、手間取ってバッシュが弾切れになるともっと酷いですからね。

投稿: 靜音(の中の人) | 2008/03/20 13:33

ややや、言葉足らずで申し訳無いです。
もちろん☆バッシュはしてたのですが、
それだけでは何と言うか、ラチがあかないような感じでして。

「☆バッシュにプラスして」暗闇インベでもすれば楽だったかな、と。
ほら、少しでも楽して美味しいトコにありつきたいじゃないですか!
…それでも面倒ない相手には変わり無さそうですけどね。

投稿: かしわぎ | 2008/03/21 20:09

> 靜音さん
盗者はAgi型なだけに、まず被弾しない事=ダメージを受けない事が前提条件になってますので、敵Atkが上がってしまうプロボックには、ちょっと怖く思えてしまったワケで。これがAgi型とVit型の思想の違い、ってヤツなんでしょうかね?

> かしわぎさん
確かに、石投げで気絶させても、持続時間はかなり短かったような覚えが有りますな。やはり前衛職で、しかも被弾を前提にして闘う相手にしては、ちと手厳しいようですね……。

投稿: Tod | 2008/03/28 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二年越しの復讐:

« 真相 | トップページ | 着々と »