« 就労ビザ | トップページ | 今度は何処への旅路を行くか »

2008/06/18

粉塵爆発

先日よりROに戻って来られたのは良いものの、しばらく接続出来なかった反動で、今度はエントリを書く暇を惜しんでログインするように……。お陰で、本blogの更新がまたも滞る結果となってしまっている。自分でも、こんな極端過ぎるのは如何なものか? とは思っているのだが……兎にも角にも申し訳ありませぬ m(;__)m。

今回は、既に半月以上も前の話になるのだが、五月分の一次職集会での話を。
この日、定刻を少し過ぎて集合場所に到着してすぐに目についたのは、豪勢なカートを曳いた商人さんの三人組。その後にも続々と参加者が集まってきたのだが、今回はなぜかカート率が高く、最大事にはカートが六台も並ぶ事に。saraでの一次職集会の立ち上げの時期には、商人は(魔術師や盗賊等と並び)少数勢力だった事から考えると、まさに隔世の感を覚えた。
ただ、これでは戦闘しに行くには職のバランスが悪い、と言う事でその内の御一人が、キャラチェンジしてアコライトで戻ってきてくださったのだが、ここで再びびっくり。そのアコさんはオーラを出していたのである。私の知る限りでは、この時点のsaraサーバではオーラのアコさんは二名しか居ないと思っていたので、これには非常に驚いた。
話を伺ってみると、それも当然、Lv99を達成したのは五月の十八日、つい先日の事だったそうだ。とは言え、そこまで高いレベルのアコさんの存在を今まで全く知らなかったのもまた事実。先ほどの商人の件もそうだが、このsaraサーバでも、ようやく高Lv一次職と言う遊び方を選ぶ方も徐々に増えてきたのだろうか、と、ふと思うのだった。
まーちゃん's 6+3

どこへ戦闘に行くか、と言う話になり、当然の如く候補に挙がったのは、先日実装されたばかりのモスコビア。ただ、この時点ではフィールドへの上陸クエストを終えていない方が何名かいらっしゃったのと、今からそのクエストをやる事にしても、その途中で順番待ちの列が二桁人数になっているとの報告が、偵察しに行った方から有った為、断念。
それでは、そのクエストに必要な「錆びたネジ」を採りに行こうとの発想から、アインベフ鉱山に決定。構成人員は剣士さん一名と商人さん四名、アコさん一名に転生弓手さんが一名。そして、私とダンジョン突入直前に合流したカビさんを加えた盗賊二名で、計九名の大所帯となった。

ネジが目当ての為、目的は第二層なのだが、そこへの移動途中の第一層から、ウンゴリアントに遭遇した誰かが倒れたり、何かのカードが出たようだったりと、早くも波乱の様相。カードが出ると言う事、以前と同じようにまたフラグか何かなんでは、とかとか一瞬考えたのだが……その想像は外れてはいなかったらしい。
第二層でネジを落とすのはベアドール。要Flee/Hitが非常に高く、ATKも大きいため、普通に戦うには厳しい相手。それでもこの人数で掛れば、HPはそれ程でもないため、短い時間で倒す事も不可能では無い……ハズだったのだが。それは唐突にやってきた。

自爆。総じてMHPの低い一次職では、DefやMDefでの軽減が出来ない自爆は、かなり厳しい物が有る。火属性鎧や無形種族の三減盾が有れば防御可能とは言えどちらも決して安い物では無く、用意出来ない方も多い訳で……。結果、この自爆が死因で複数回倒れてしまう人が出る結果となってしまった。
爆心地:画面最上部中央

しかも、お約束の如くBOSSにも遭遇。これでもPT壊滅の憂き目に遭う事に。
またも壊滅……

こうやって文章にすると、散々な目に合ったようにしか聞こえないが(実際にそうであるが(汗))、思いきり暴れられたのもまた事実。精算時に「楽しかった」との意見が結構出たのは救いだったかもしれない。

さて、その清算後。saraでは珍しい事に、まだ戦い足りないと言う方が多かった為、急遽、一次職集会という枠は取り払って、とにかくどこかに戦闘しに行こうと言う話に。今回は商人が多いから、と言う事なのか、今度は母様やカビさんもJob50未満ながら、商人で参加する事にしたようだ。これで商人が七名と言う壮観なPTが結成される事となった。
そんな中、私はと言うと、手持ちのキャラの中には残念ながら商人は居らず、居るのは既に二次転職済みの鍛冶士と錬金術士のみ。他の方はどちらでも良いよ、と仰ってくれたのだが、ちょっと後ろめたい物が有ったので結局、引き続き盗賊で参加。ただし、アドレナリンラッシュのスクロールを持ってきた方がいらしたので、折角だから、と私もコレ一本で参加させて頂く事とした。他の方々も、めいめい、斧や鈍器を持って、準備万端の模様で有った。

そんなPTで向かった、時計塔の地上第三層。驚いた事に、ここでも戦闘中の最中「カード出た!」との声が。ただし、この集まりでカードを見ると言う事は、死の予兆であるのは既に実証済み。ここでもMHが原因で倒れる方が数名出てしまったのは致し方の無い事だったのかもしれない(苦笑)。
ちなみに、シーフの斧はその基本ASPDの低さにより、通常時では163のASPDしかない。ところが、これにHSPと速度増加。さらにARの効果が加わると、ここまで攻撃速度が上がってしまう。
変速手斧

盗賊が、(見た目)片手剣をASPD180超の速度で振り回す様は、我ながら妙な感じであった。ただし、斧なので当然ダブルアタックは発生しないし、元のATKはそう高くない上、サイズ補正もよろしくない為、攻撃力は普段の低さに輪を掛けて低くなってしまうのは目を瞑って頂きたいところである(汗)。

今回は、多数の死者を出してしまったものの、二枚出たカード(ノクシャス&時計塔管理者)のお陰で、懐には大分優しい集会ではあった。

また機会が有りましたら、次回も宜しくお願いします。 >参加者各位
まーちゃん's 7+2


|

« 就労ビザ | トップページ | 今度は何処への旅路を行くか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/41572165

この記事へのトラックバック一覧です: 粉塵爆発:

« 就労ビザ | トップページ | 今度は何処への旅路を行くか »