« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/28

目の前に広がるは数多の道、されど選べるは唯一つ

一口にパラディンと言っても、様々なタイプの者が居る。転生した者にしか扱えぬシールドチェインやサクリファイスと言ったスキルを軸に戦闘を組み立てるタイプや、JobLvの上限が70になるのを利用してクルセイダー時代には不可能だった組み合わせのスキルを習得しようとする方向性、はたまた、ゴスペルや献身等のスキルを習得し対人戦に特化するような生き方etcetc.。
幸い、私はまだステータスが未配分で、スキルもHP回復力向上をマスターした程度で他は保留にしているため、どのような方向にも進む事が出来る。有る意味、有利な状態とも言えるかもしれないが、一歩道を間違えば取り返しが付かなくなる可能性もある。
それ故、慎重に検討を……と行きたい所だが、限られた時間はもう殆ど残っていないため、そうも言って居られない、というのが現状である。

そんな訳で、どのような進路を取ったら良いか、ざっと検討してみる事に。
まず、真っ先に対人型は除外。対人戦型が需要が有る場と言えば主にGvGと言う事になるが、私の場合は仕事の都合上最後まで参加出来ないと言うのが決定事項。最近の高難易度ダンジョンの中には、対人仕様と同じようなスキルやステータスを求められる場所も有るようだが、これも接続時間が知っている方と合わない事が多い、と言う理由で、この方向性では私の手に余る可能性が高いからだ。
同じような理由で、ゴスペルや献身と言ったスキルも、習得しても意味が無いかも知れない。なぜなら、これらは掛ける相手が居て初めて意味をなすスキルであるから。

となると、やはり単身で行動する時に力を発揮出来る方向性を目指すべきか。幸い、装備は片手剣、両手槍、そして防具共に有る程度揃っているので、そちらの選択には不自由しない。
ただ単純に単独行軍型といっても、まだまだ選択肢は多い。両手槍が主体のスピアクイッケン型に、盾+片手武器を持って、シールドチェインやリフレクトシールド等に活路を見出す盾スキル主体型、等々。

選ぶ範囲は狭まってはきたが、まだもう一考しておきたいところ。それでも、少なくとも今週中には進路を決めねばなるまい。我ながら優柔不断にもほどがあるが……さて。


ちなみに、シミュレートしたところ、BaseLvだけは上がっている恩恵で、バッシュLv10ならばメタリンに必中する事が判明。お陰で、もう一つだけBaseLvを上げる事に成功。もし、時間制限が無ければ、All1のままどこまで上げられるのか、試してみたいような気もしてきた……それが出来ないのは残念ではあるが。
無理やりにしても程が有る?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/27

Last chance

今月も早い物で、あと数日で終わってしまう。夏休みももうすぐ終わってしまう、と落胆している方も多いのではなかろうか?
月の終わりとなると、当然一次職集会の話題を出さねばなるまい。最近は、戦闘に行く先がなかなか決まらず、難渋する事が多いのだが、今月は少し事情が違うかもしれない。先日のエントリでも話題に出したが、「モロクの子供失踪」クエストが消滅する日が近づいている。もし、今回の集会に、このクエストが未完の方が参加するようなら、この機会にタナトスタワー第四層まで登ってしまうのはどうだろうか、と言う案を出してみる。
もし、参加者の方が全てクエストを完了しているのなら、モロク崩壊後のクエストで必要とされるらしい、氷の心臓を集めに行くと言うのが次善の案となるだろうか。

ともあれ、今回の告知である。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 50 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  8月 30日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting


集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――

以下は、集会とは関係ない、当方のキャラの話。

続きを読む "Last chance"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/26

Re-incarnation

先週の土曜日、このところの懸案の一つだった、十字軍の転生を済ませる事が出来た。
十字軍から聖戦士の卵へ

転生する為には所持金を、丁度1,285,000zする必要が有り、一人だけでこの調整をするのはかなり面倒である。が、今回は一次職仲間の靜音さん(の中の人)の御助力を得る事が出来(多謝!)、さしたる困難も無く終わらせられたのは本当に助かった。
ここで、ついでに一次転職程度までさくっと……、と言うお申し出を受けたのだが、今回はお気持ちだけ有り難く受け取り、自力で頑張ってみる事にした。
と、言うのも、転生ノービス時代にやってみたい事が一つ有った為。もちろん、これ以上お世話になるのも悪いかなと思ったのと、この日は既に二十三時近くになっていて眠気が迫っていた事もあったのだが。
ちなみにこの時、装備の受け渡しもして頂いたのだが、同時に「ノービスにはこれがないと」、と言う事でこんな物も頂いた。この意見には私も全面的に同意である(笑)。
やっぱりノービスと言えば卵のカラでしょう(笑)

さて、転生ノービス時代にやりたい事、と言うのは……各職業の転職場巡り。知識としては、転生以前の職にしか就けないと言う事は知ってはいるのだが、だったら実際に他の職になろうとしたら何と言われるのか……ふと気になったからだ。私が転生できるのは、恐らくこのキャラが最後になるだろうと思われるので、この機会は逃せない。

そうして、各地を巡ってみたのだが……その甲斐は少しは有ったと思う。なかなか興味深い反応を見せてくれる職もあり、結構面白かった。以下は、そのごく一部。
ただ、ここ最近実装された特殊職一次職の担当は、通常の他職で相対したような反応しかせず、少し拍子抜け。これは、転生が実装されてからずっと後に出来た職だから、と言う事が関係しているのだろうか。
一瞬騙されかけたか?いくら転生してるとは言え、アサシンギルドの長たる者が1/1のノビに気押されるのはマズいのでは……(汗)

一通り、やってみたかった事を終え、今度は本来の目的のBaseLv上げを開始。
以前、キャラクタスロットが三つから五つに増やされた時に作ったキャラと同じように、プパc挿し服と超強マインを持ってのスタートの為、初期ステータスのノービス一人でも、気楽に戦闘が出来る。
それに加えて、現在は冒険者アカデミーと言う物も存在している。ここで得られるアカデミーバッジを別のキャラクタで取得しておけば、これも装備できる。これはドロップしたり他人には譲渡出来ないので、事実上倉庫を利用できるJob7以上からしか使う事が出来ないが、MaxHP+400&MaxSP+200と言う性能は、BaseLvが一桁台のノービスが使える物としては驚異的な性能だと言える。
ノービスにして、このHP&SP

また先日衝動買いした物の内の一つも役に立ってくれた。グングニールはLv4武器なのに関わらず、装備制限レベルがLv4である。そのため剣士に転職さえしてしまえば、最初からその高ATKとHIT+30の装備効果を得られる。槍と言う武器の特性上、剣士ではASPDがかなり遅く、修練による攻撃力向上は望めない上、属性が風である為に、使い所は制限されてしまうが得られるメリットはそれを差し引いても大きいように思う。
このLv&ステでも必中

そんなこんなで、アカデミーのクエストも活用しつつ、現在BaseLvは30まで育ってきてはいるのだが、問題が一つ。実はまだ、将来どのような方向性のキャラクタにするのか、決めかねているのだ。そのため、ステータスはいまだ初期値のまま。最終的な目的である、モロクの魔王クエストの報酬経験値を得るのに充分なLvまで上げるには、ステータスの強化が不可欠である以上、どんな型にするべきか決めねばならない。しかもそれには、来月の九日まで、と言う期限が定められている。はてさて、どうしたものか……。
ここまでは辿り着いたものの……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/22

三歩進んで五歩下がる

私の盗者は、Strが18+4しか無いため、敵のDefがある程度以上高くなると、途端に歯が立たなくなってしまう。例えば、リビオ辺りを私が+7THグラで殴っても、たかだか二桁のダメージしか与える事が出来ない。現状では、このような高Defの敵の存在に、盗者の行動範囲をかなり制限させられてしまっている。それ故、相手のDefが高いほど与えるダメージも高くなる「錐」は是非とも手にしたいところ(私の低Strで有効に使えるのか、と言う疑問はひとまずは置いておく(汗))。
故に、この錐の入手が現在の最優先目標である。先日完成させた+7青い魚も、あくまで錐の購入資金にするペノメナcの入手を楽にするため、という計画の延長線上にあるものだ。

現在のsaraサーバでは、錐は大体60M以上程度の値段で露店に並べられている事が多い。今の私の所持金では、この売価ではまだ少し手が届かない。が、それでもかなりの大金が手元にある、と言う事実には変わりない。

そして……昔は超高級品であったLv4武器も、最近では相場も大分こなれて来ている物も多くなってきている。そんな、一度は手にしてみたいと思っていた物が、なんとか手が届きそうな相場の価格から、さらに一段安い値段で露店に置いてあるのをを見かけたりすると、その誘惑には抗らい難い物がある訳で……。
徴候は既に一月から火系二本

思わず手が滑る見逃すには誘惑が強すぎた……

なまじ現金を持ち歩いているのと、元々私には衝動買いをする癖が有るのとで、結局誘惑には勝てなかった。

自業自得とは言え……また錐入手が遠のいてしまったのが悔やまれる。せっかく作った青い魚も有る事だし、またペノメナ退治で一発狙いにでも行くべきだろうか……。
誘惑に負けた者のなれの果て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

Delicious,Unpalatable,or Uneatable

以前、私は、自分で使用するためのペノメナcを得るために時計塔地下第三層に籠っていた事が有った。その時は巡り合わせが悪かった為か、一年強もの時間が掛ってしまったが。

私の盗者がペノメナと闘う際には、武器はオーガトゥースを使う必要がある。盗者のFleeがペノメナを95%避けるために必要なそれに11だけ足りない為だ。一応、オーガ自体のATKが高いため、なんとか狩りが成立する程度の攻撃力は得られてはいる。しかし、可能ならば少しでも戦闘時間を縮めたい=攻撃力を上げたい、と言うのが正直なところ。しかし、オーガにはスロットは無いので、フローラやスケルワーカーといった武器用カードで攻撃力を上げる事は出来ない。
ならば、他の箇所で攻撃力を上げるしかない……と、頭装備の「青い魚」を作ったのは、一年以上前の事。

しかし、その時立てた+7青い魚を完成させる、と言う目標は、十字軍のLv99達成の為の闘いや、4th、5thキャラの育成の為に時間を取られて、未だ達成されて居らず。

このblogの更新が滞っていた時間。五月の花粉症のリハビリから、今までの間。モスコビア上陸やクエスト遂行等もしていたのだが、それ以外の時間は、実は主に先の目標を達成するために動いていたのである。

鱗を集め
要らない物までついでに

エルニウムを集め
実は収集数、間違えたたり(汗)

出来た青い魚は五尾。行動開始時に、三個だけ残っていたはずの「腐った魚」は、何故か四尾に増えているのは御愛嬌。
大量生産

早速精錬したものの、最初の二尾は両方とも+5にもならずに砕けてしまう。今日は日が悪いのか、それなら全滅も覚悟しなきゃいかんか、等と思いつつ精錬した三尾目。
何時もこの調子で居てくれたら

出来る時は、あっさり出来る物である。とは言え、覚えている限りでは七尾ほど、+7にならずに砕かれているので、結局のところはほぼ確率通りの結果に終わっただけかもしれない。

さて、三尾目で+7がいきなり完成したので、未精錬のままの青い魚が二尾残った。他には今まで使っていた+6が一尾と、未使用となった腐った魚が、未だ手元に。
当然、露店で処分する事にしたのだが……街に出店してきた某コンビニエンスストアからある物を仕入れして、一緒に売る事にした。が。
滑った……気がする(汗)

……我ながら、少し親父ギャグ過ぎた、と思わなくもないよ~な?(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/13

失われゆく故郷

公式ページの発表によると、次回の大規模アップデートが来月の九日に実装されるようだ。
新たな要素が増えていく事自体は喜ばしい事ではあると思うのだが……少し気になったのは、今まで存在していた街が廃墟と化す、と言う実装の仕方である。
もちろん、こうのような既存のマップの変更という手段も、方法としては当然有りだろう。ただ、その壊滅する街が、モロクだ、と言うのが個人的に非常に残念な所では有る。
モロクはシーフギルドが有る場所であり、つまりはすべてのシーフ系職にとっては、故郷のような場所と言える。私の場合、RO上で初めて作ったキャラでもある盗者が、初心者修練場から通常フィールドへ降り立った地でもある。それだけに、この街が無くなってしまうと言うのは、非常に寂しい思いを感じるのだ。
生まれ落ちた地にて

以上は心情的な面での話だが、実害……と言うか実利的な面で失われてしまう物も有る。
モロクにはクエスト関連のNPCが多数存在しているが、彼等の大部分は別の場所に移動される事で、クエストの進行には影響が出ないように配慮されるようだ。ただし、例外が一つ。
ノーグハルトパッチ時に実装された「モロクの子供失踪」クエスト。これはモロクを中心に話が進展するクエストであるが、その話の都合上、モロクが廃墟になった後には、消去されてしまうらしい。と言う事は成功報酬である百万以上ものBase経験値を得る機会が無くなる、と言うのと同義だ。
様々なアップデートを経て来た現在では、百万と言う経験値を得る手段はいくらでも有るが、それでも折角取得出来るはずの物を取り逃してしまうのはいささか勿体ない気がする。
ならば、アップデートが実施される来月九日までに済ませてしまい、報酬を貰ってしまおうと言う事になるのだが、私のキャラクターの内の一人では問題が出てしまう。現在、Lv99の状態で半凍結状態で居る十字軍だ。転生させた後に報酬を得させるつもりで、経験値が得られるクエストは今までやらずに置いていたのだが、この期に及んでは、のんびりもしては居られなくなってしまった。
幸い、クエスト中で、複数人数が要求されるタナトスタワーに登らねばならない場面は済ませて有るので、後は転生するだけで良い。
箱に噛まれつつも突破

それをするにしても所持金の調整等、難題が残っている。また転生したならしたで、このクエストで得られる経験値は最大百二十八万と、かなり多量で有るのでこれを溢れさせずに満額得られるLvまで成長させる必要も有る。

また、1st及び3rdキャラはこのクエストは既に完遂しているが、4th、5thキャラはまだタナトスタワーを登る必要が有る。これを期限までに全て済ます事が出来るのかどうか……かなり不安である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/10

相棒

先日、アイテム収集の為に、迷宮の森第一層を徘徊している時。通りすがりの方に声を掛けて頂いた。
私はその方には、これといった記憶が残っていなかったのだが(失礼!m(;_ _)m)、先方は私を良く御存じであるようだった。
その方曰く……「もっぷ、元気ですか」と。

私に関係あるモップと言うと、公式イラストで描かれているような、シーフが履いている靴の事……ではなく、以前連れ歩いていた、ペットのルナティックの事だろうか。
その場は、今はまだ(卵のまま)寝ている事を伝えて別れたのだが、確かに言われればその通りではある。

餌のニンジンジュース用の空きビンの手持ちが心許なくなったのと、餌の重量が気になる事も有り、眠らせたままになったのは何時位の頃だっただろうか?
そういえば、目ぼしいレアアイテムを奪取出来ていたのは、この時等を含め、コイツを連れていた時の方が多かったような気もするような。
幸い、空きビンの在庫はそこそこ回復してきているので、重量の事だけ目を瞑れば、コイツを起こすのに支障は無い。
そうと決まれば話は早い。早速、フェイヨンへ出向いて当面の分の餌を確保。
大量生産

これで晴れて、またしばらく彼(or彼女?)と共に闘う事が出来るようになった。以前のように、レアアイテムを出すマスコット役を果たしてくれると良いのだが……はてさて。
某飛龍山山頂にて

続きを読む "相棒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/06

Members overflow

七月の一次職集会での話。
saraでの一次職集会への参加者数は、ここ数回で急速に増えて来ていたのだが、今回は遂に、途中参加の方も加えると延べ十六名もの方が訪れる事となった。
参加者数が増える事自体は、集会の活性化と言う意味でも歓迎するべき事では有るのだが、人数が十二名を超えると一パーティでは収まらなくなってしまう。二パーティ以上に編成が分かれると、PTチャット等、集団としての意思の疎通が難しくなる場面も出てくると思われる。前回で予測していた事が現実になった格好だ。
次回以降、再び二PT以上の編成になった場合でも、その構成を活かせるような方向性を考えておくのも良いのかもしれない。

今回の場合には、PT編成をオーラ組と非オーラ組で分ける事になったが、これは結果的には悪くない選択だったように思えた。この大人数でも、オーラを出している方は流石に少数派で、その内の一人で今回唯一のアコさんには非オーラ組に回って頂いたので、バランスが取れたのではないか、というのがその理由。主観的な印象なので、それが本当に正しかったかどうかは、少し断言出来かねないのはアレですが(汗)。
この時点で2PT確定

そんな構成のメンバーで戦いに行った場所はGHの城、第二層。生体研究所や名も無き島が実装されている今では、やや影が薄くなってきている感があるGHだが、我々一次職にとってはまだまだ充分に手応えがある場所だ。
ひっきりなしに襲ってくる彷徨う者やレイドリックの集団の前に、倒れる方も多々。それでも、かなりのMHに飲み込まれそうになっても全滅せずに持ちこたえられたり、深淵の騎士が襲来してきても数に頼って返り討ちにしてみたり、と、ただの一次職の集団では無いという片鱗は感じられたように思う。
玉座にて

とりあえず、一時間強ほど暴れまわって、帰還。また機会が有りましたら、次回も宜しくお願いします。 >参加者各位

p.s. 清算後、参加者の別キャラのプリさんがLv99になるというので、そのオーラ式にお邪魔させて頂いた。で、古木の枝のmobで、つつがなく発光……と思いきや。
天使降臨……って二人も?!

なんと、別の方の商人さんも同時にLv99達成と言うサプライズ付き。事前にはプリさんの発光しか教えて頂いていなかったので、正に不意を突かれたとしか言いようがない。
これで、saraには何人のオーラ一次職が誕生した事になるのだろうか……残念ながら、私は寡聞にしてそれを把握出来ていないので、もしご存じの方が居られたらご教授いただければ有難く思います。
ともあれ、お二方ともおめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

業務連絡

まだ、一次職集会の報告が出来ていないのに、別のエントリを建てるのは心苦しいのですが……連絡方法が失われている方に伝えたい事があるので、この場を使わせて頂こうと思いますm_ _;m。

> カビの人さんへ

そちらのblogへコメントしようとしたのですが、本文が数文字だけの状態でも禁止キーワードに掛って、投稿できませんでしたので、こちらを使って連絡させて頂きます。

一次職集会と同じ時間帯(土曜の21時前後)か、日曜の昼間であれば、特に事情が無ければログインしているハズですので、盗者か(名前を御存じで有れば)錬金術士の方へWisして頂ければ連絡がつくと思われます。こちらからも、同じ時間帯にWisを飛ばしてみるつもりです。

それでは、お待ちしております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »