« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/26

片肺飛行

このところ、ROにログイン中、どうもPCが再起動を起こす事が多くなってきたようだ。通常にプレイしていて、負荷が高くなっている時に落ちるのは、まだ理解は出来るのだが、寝露店をしているだけでもダメと言うのはどうにも。
気温が上がってきて、熱暴走しやすくなってきた為なのか、はたまた、このPCは組んでから三年半経過しているが故、部品の劣化が進んで来たのが原因なのか。
どちらにせよ、このような状態では一次職集会などに参加するにもかなり不安ではある。もっとも、資金的な余裕が出来るまでは、このPCを騙し々々使っていくしかないのだが。

で、その集会。そろそろ、今月も期日が近づいて来たので、その告知を。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 60 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 5月 30日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/19

設計中

今回、クラスチェンジして実感したのは、そのMHPやMSPの高さ。
装備の補正が無い状態で比較してみた場合、私のメインキャラである盗者ことシーフは、BaseLv99、JobLv50で、Int13+1、Vit28+2の状態だと、MHPは3937、MSPは237である。
これが、パラディンでは、転職直後のBaseLv69のJobLv1、そしてInt1、Vit1+1の時点でさえも、MHP4050、MSP421もある。盗者のそれらをこの時点で既に上回っているのだ。シーフ系、ソードマン系と、職の系統の違いも大いに影響はしているのだろうが、それでもここまで違ってくるとは思いもよらなかった。
一般的な遊び方をしている方々にとっては、これが普通の感覚なのだろうか。が、転生自体も、さらに上位二次職も初体験である私には、これはかなりの衝撃だった。
これから、聖戦士を動かした後に、盗者でログインするような場合が有るとしたら、感覚の違いに気をつけないと、簡単に倒れかねないかも。用心せねばならないだろう。

さて、この聖戦士。以前にも書いたのだが、スキル振りが決まらないがゆえに、ステータス分配も出来ないでいた。
が、えらく長い時間が掛かってしまったが、ここに来てどうにか方向性が定まって来た。あるいは、ようやく踏ん切りがついたと言うか。
その踏ん切りを付けさせた物と言うのは、以前、趣味で収集した宝剣、宝槍の数々である。
自分の持ちキャラは全員前衛職なので、装備する事自体は可能だし武器ATKもそこそこ有るので、物理攻撃用として役に立たない訳ではない。しかし、これらの武器の最大の特徴である、自動発動する魔法の威力は、雀の涙ほどでしか無い。これは勿論、キャラのIntが軒並み低い為で、これでは武器の能力を完全に引き出しているとは言い難い。
折角集めた武器なのに、このまま単なるコレクションにしておくのは、前々から勿体なく思っていた。

そんな訳で、この聖戦士。私のキャラとしては初めての、Int重視にする事に決定。ただ、本来の目的である、オートスペル武器を使いこなす事を考えると、発動回数を上げる為に防御ステータスはAgiにしたいところ。また、オートスペル武器では、本家のセージのスキルとは違って、攻撃が命中しなければスペルは発動しないので、Dexも充分に上げる必要が出てくる。

ステータスの振り方はこれで良いとして、次はスキルを決めねばならない。
クルセイダー系のキャラでInt型となると、真っ先にグランドクロスが思い浮かぶし、実際に扱ってみたいと思っている。
だが、コレクションには宝剣だけでなく、宝槍もあるのでこれを生かすためにはスピアクイッケンの習得が不可欠だろう。しかし、スピアクイッケンの習得には、槍修練Lv10の習得が必須である。さらに、宝槍は総じて重量が高いので、所持量限界値を増やす為のライディング&騎兵修練も取っておきたいところ。
そして、宝剣類の他にも月光剣も所持しているので、それを生かす為にリフレクトシールドも使いたい。かと言って、転生したのに、転生職専用スキルを取らないと言うのも勿体ない気もするし、他にもディフェンダーやらプロヴィデンス、ディボーション等も面白そうだし……etc.etc.。

こんな悩みを、丁度ログインしていたギルドメンバーの方に打ち明けた所……
「えーっとあれだ……欲張り」
とのお言葉が(汗)。
まったくもってごもっとも。返す言葉もありません(滝汗)。

この後、色々と取捨選択をしてみた結果が、このような計画となった(わむてるらぶ内、すきるしみゅれーた。をお借りしました)。

この構成では、スピアクイッケンがLv3しか取れないのがネックになるが、転生前にはLv2で運用していた時期もある事を考えれば、これでもどうにかなるのでは、と楽観視している。

と、このようにアウトラインは決めては見たものの、Intはどこまで上げるべきか、とかAgiやDex等のバランスの取り方、またスキルを取っていく順番等、まだ煮詰め切れていない部分も残っていたりする。色々なサイトやブログを拝見させて頂いて研究している最中ではあるのだが……。
決めた、と言ってはみたのだが、結局はまだ計画中と言うか、仮組み中と言うか、そんな中途半端な状態だったりする。
……何と言うか、申し訳ない(汗)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/10

Paladinic stem cells

JobLv50への詰めの段階に来ていた、2ndの転生剣士。なんとなくしていたイヤな予感が的中して一回倒れてしまったものの、
AB発動中にクリティカルはマズいだろ……(汗) >クラベン

約三十分の戦闘でLvUP。BaseLvは70になる直前、ぎりぎりBaseLv69でのJob50達成となった。
完了!

昨年九月に廃止された、モロクの子供失踪クエストでの報酬経験値を完全に得る為に、Base経験値が得られるクエストを大量に行った為に、Base/Jobの比率は大分Base側に偏ってしまった。が、それが無くて、Job比率の高いスポアやリーフキャット等のmobを主な相手にしていれば、もっとずっと低いBaseLvでJob50に達していたのではないかと思う。
特に、白金のショーテルが装備できるBaseLv55からリーフキャット退治を開始していれば、格段に低いBaseでもJob50になっていたかも知れない。が、この武器の有用性に気づいたり、実際に入手をしたのはつい最近なので、これは机上の空論に過ぎないのだが。
未転生時代のBaseLv99到達や、転生実行時からは非常に時間が掛かってしまったが、酔狂な事をやっていたのだからそれは致し方あるまい。

ともあれ、その足でジュノーへ向かいセージキャッスルを経由してヴァルキリー神殿へ。これでようやく転職……と思いきや、門前払い。ステ振りやパラディンのスキル構成に迷いに迷っていた影響で、ソードマンのスキルも構成が出来ず、そのまま保留していたのをすっかり忘れていた……(汗)。
剣修練だけでも振っておけば少しは楽になってたハズ……(汗)

一旦出直し、今まで決め切れなかった進路を大まかながらも決定して、残ったスキルポイントを割り振る。

そして。

ここに(恐らく)史上最弱のパラディンが誕生する事となったのである。
All1パラディン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

He is on the last stage of the swordman high.

息抜きも終わったので、再び転生剣士の育成に立ち戻った今日この頃。
方法を端的に表せば、Hit及びATK不足を、白金のショーテルのクリティカルで補ってのリーフキャット狩り、である。最近は、目的の相手との遭遇数を考慮して、アユタヤフィールド02からアユタヤダンジョン第一層へと場所を移して戦闘している。
リーフキャトとの戦闘も少しは慣れてきて、SPの配分も掴めるようになって来た為、以前のエントリ時に装備していたアカデミーバッジをハイパーモードチェンジャーへ換装して、Defを強化。防御力ではなく、クリップ オブ カウンター×2として、さらなる命中率&攻撃力上昇も試みてみたのだが、こちらの場合、HP不足の為にオートバーサーク状態を維持するのが難しくなり、敢え無く断念。

これら装備と最低限の消耗品を持った空きスペースには、回復剤としてアイスクリームを所持限界重量の89%まで詰め込んで出発する。Str1の剣士では、アイスはこれで大体175個程度持てる事になるのだが、攻守ともに力量不足なこのキャラでは、この量の回復剤を持っても、およそ30分闘えるかどうか、と言うところ。
以前のエントリでも少しふれたが、回復量がほぼ同じで、重量が1/4のおいしい魚を使えば滞在時間もその分伸びるはずだが、アユタヤはフィールド入口とカプラ職員の居る位置が近く補給がすぐに行える為、アイスを使ってもその点は余り気にはならない。費用的にも、アイスでは一時間で約35,000zで済むところが、おいしい魚では1.9倍の約66,500z掛かってしまう。今回の様に滞在時間が気にならないような場所では、重量効率よりも価格効率を重視した回復剤を使うのも一考の余地は有るだろう。

戦場を、ダンジョン第一層に変えた甲斐が有ったのか、このLvでも一時間に約10%強のJob経験値を得る事が出来ている。
場所を変えたことでのお約束にも遭遇しつつ、
ドボンッ!

どうにかこうにか、あと一歩のところまで辿り着いた。
上の様な事故さえ無ければ、あと30分……のハズ

この聖戦士見習いから、「見習い」の字が取れるのも、あと少し……なのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/01

Cast a knight

今回は先週の話を少し。

ここ数週間の間は、転生剣士のJobを稼いでいたが、流石にこればかりだと飽きが来る。なので、他のキャラを見まわしつつ、何か出来る事は無いかと考えていると……4thキャラの騎士が目に止まった。
このキャラは、アカデミーシークレットストーリーの最終話が実装された時に、久々に動かしたものの、それ以降はまた休眠状態になっていた。この時点での経験値は、BaseがLv77の66.3%、JobはLv44の28.9%だった。
AS最終話終了時

ここで計算してみると、どうやらクエストで得られる経験値のみでLv80にまで成長させられる事が判明。判ったからには……と、以前と同じように経験値回収を実行に移した。

計画開始時 = B77(66.3%) =>
オーディン神殿発掘 => B77(92.7%)(デスペナ1回) =>
レッケンベルのアルバイト(1~3回目) => B78(44.8%) =>
氷のネックレスクエスト => B78(70.9%)
報酬経験値=Base700kBase400k+450k+550kBase700k

ここまで経過した時点で、BaseLv80になるのに必要な経験値は、残り約4M弱。ここからスパイ疑惑(600k)、大神官クエスト(1M+1.5M)、運命のカラスクエスト(900k+Job900k)の三つを行えば、丁度良い筈だった。
ここで気が付いたのが、現在実装されているアマツ夜桜幽玄会。このイベント内では、各地への転送サービスが供されているので、これを使えば、クエストの進行が楽になる。さらに、この日実装された期間限定装備の紅白帽を得れば、そのサービス料金が割引されると言う。
なので、その特典を利用すべく紅白帽を入手したところ、それと同じタイミングで、思いがけず経験値(200k)も入手出来てしまう。

あこがれの紅白帽 => B78(78.2%)
Base200k

このまま、予定通りに残りのクエストを実行すれば、Lv80には丁度でのLvUpにはならず、今得た200k分だけ超過してしまう。どうしたものか、とクエスト表を見返すと……丁度良い物が見つかった。先ほどの計画の運命のカラスクエストを、キルハイルクエストの前半部分に差し替えて……。

キルハイルクエスト(前半) => B79( 3.4%) =>
スパイ疑惑 => B79(22.1%) =>
大神官クエスト => B80( 0.1%)
Base700kBase600kBase1M+1.5M

これで、Lv80にほぼ丁度の経験値で上げられた事になる。さて、何故、この丁度、と言うのに拘ったかと言うと。
コレである。
クエストでの経験値回収なら、息抜き代わりに動かすだけでも実行出来るので、この際やってしまおう、と言う訳だったのだ。

一次職集会で何時もお世話になっているアコさんにお願いしてPTを組んで頂き、モロクの次元の狭間に潜入。途中、魔王に出くわし、冷や汗をかきながらも、なんとか闇の集合体の見える位置でログオフに成功。
命からがら

ここから先に進められるかどうかは、魔王を倒せる方々の手に掛かっている為、正確なタイミングは解らない。そこで、次元の狭間への魔王が斃れているかどうかを判別する為に、次元の狭間の入口に別のキャラを派遣。リログするタイミングの目安とした。
そして、次元の狭間へ踏み込んだ三日後。

斥候に出したキャラにより、魔王が斃れたらしい事が察知できたため、急いで騎士でログイン。そのの地点のすぐ近くに天使型の現身が居た為、一瞬にして戦闘不能にされてしまったが、それより先に僅かに早く次元の狭間のクリックに成功。モロクの表皮の回収に成功した。
Job1%と引き換えに

これでなんとか、このクエストの報酬アクセサリは、都合四個確保出来た事となる。挿すべきカードはまだ、思案中だが、入手すれば確実に戦力の底上げになるだろう。実際に手にするのが今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »