« Old fashion | トップページ | ひ~る み~? »

2009/06/19

Floor 1

先週のアップデートにて、倉庫の容量が以前の倍の600種を収納できるようになり、今まで荷物持ち代わりにさせられていたキャラも、その荷を下ろして、気軽に稼働させられるようになった。
もっとも、鍛冶士と錬金術士のカートの中には、それぞれの製品製造用のアイテムがまだ何十種か放り込まれたままになっている上に、今まで拾ってきたり買ったままで使っていないカードが山ほど残っている為、これでもまだ倉庫の空きが足りないのではあるが(汗)。
もう満杯(汗)

閑話休題。
そんな訳で、どのキャラでも何時でも動かせるようになったが故に、それぞれのキャラで使用したい装備もいくつか出て来た。例えば、鍛冶士で使う為のモリガン装備のセットや、聖戦士が使うバゼラルド、盗賊用のドロセラc四枚挿しのコンポジットボウetc.etc.。
しかし、それらを片っ端から買おうとすると、膨大なZenyが必要となる。が、ここしばらくは聖戦士の経験値稼ぎ等に掛かりきりだった為、稼ぐどころか出費がかさむばかりであった。

こうなれば、私の手持ちのキャラの中では資金稼ぎに向いている盗者の出番。しかし、今回必要な金額は、安く見積もっても八桁以上となるので、生半可な稼ぎではとてもではないが追いつかない。
ならば、一発大きいのを当ててみよう……と、盗者の能力で倒せそうなmobで、八桁台もの高額品を持っているものは無いか、と調べて行くと……アリスの存在にたどりついた。
一次職でのアリスカード収集、と言えば、すぐに思いついたのがtagir氏の事。そこで、氏の記録を参考に、機械人形工場に行ってみよう……としたところ、何故か侵入が不可能だった。これはキルハイルクエストを中途半端な時点で中断しているのが問題なのだろうか? もっとも侵入出来たとしても、私の盗者には鬼門である高Def、高HPを持つエリオットやエリセルも居るので、カードを狙える程アリスと闘う事が出来るのか、少し疑問が残る所ではあるが。
門前払い

さて、機械人形工場へ行けないとなると、他に候補になりそうな場所は、タナトスタワーの一階しか思い当たらない。ここに居る敵は、アリス以外にはミミックとライドワード、プラズマ程度なので、私の盗者でもなんとか捌き切る事が出来る。
問題は、ボスの慰める者まで居る事なのだが、要Flee及び要Hitのスペック上では95%回避&必中は可能な為、どうにかなるだろう……と見切り発車した。

今回用いた装備は、ライドワードの暗闇攻撃用のデビルチc兜、プラズマの地属性攻撃対策用に火属性服、そして同じくプラズマの使うストーンカースに対処する為にメデューサc盾を用意した。当初は、ダメージ軽減のためにペノメナc盾を使っていたのだが、余りにも石化させられる回数が多い為、変更を余儀なくされた。
武器は、小型と中型特化短剣と、対慰める者用にギンヌンガガップを持ち込んだ。

そんな準備を整えて向かったタナトスタワー。実際に現地で闘ってみると、敵影が薄いお陰でこの盗者の攻撃力でも、敵に囲まれる心配をせずに済む、と言うのが第一印象。ペノメナ盾が使えないため、ライドワードからの被ダメージは厳しいが、戦闘後に余裕が有る為、ヒールクリップで落ち着いて癒す事が可能だ。
逆に、敵が少ない為に、目的のアリスと闘える機会は少なく、さらに同じ目的でこの場所に居る方も数人、常に居るようなので、少ない戦闘機会が輪を掛けて減ってしまう事も。
最大の懸念だった、慰める者だが……実際に闘ってみると、やはり手強い相手だった。95%回避が可能であっても、一発の被弾が大きく、ダメージが四桁に届いてしまう事もある。さらに、レックスエーテルナやレックスディビーナを使われるのも厄介だ。
それ以上に脅威になるのが、HPが減って来た時に使用してくるグランドクロス。詠唱時間が有る為に、使用したのを確認してから退避する事は可能なのだが、反応が遅れて逃げ切れなかった時には最後。闇属性鎧を着ていない状態であっても、シーフの最大HPではほぼ即死である。
退避失敗、即、死亡

もしエンジェリングc挿し鎧でも持っていれば、まったく気にせず闘えるのだろうが……そんな物を買おうとするなら、何枚のアリスcが必要になる事やら。今のところ彼女と闘った場合、倒した回数よりも敗北を喫した方が多かったりする。どうにか、安定した闘いが出来るようになりたいものではあるが……。

そういった困難はあったものの、アリスからはレアアイテムを頂く事が出来た。もっとも、貰った物はカードと同確率のドロップ率のコッチだったのだが。
出た瞬間は嬉しかったが……後から罪悪感が(汗)

やはり、欲しい物ほど手に入らないジンクスは、何時になっても変わらないらしい……。それでも、貰った物は有難く頂く事にはするが、これも先日の猫耳と同様、もちろんコレクション行きである(笑)。

---

ちなみに、荷物を降ろして動きが取れるようになった鍛冶士も、盗者と並行して戦闘しに出掛けていたのだが、こちらはこちらでこんな物を拾ったり。しかも一日の内で二つとも……。
今も昔もハズレcの代表と言えば一応、グランドクロス@聖戦士用に欲しかった物ではあるが……

アルゴスはともかく、アルギオペの方は使う当てが有る為、確かに欲しいとは考えてはいたが、何もこのタイミングで……という思いは拭い切れない。何も手に入れられないよりはマシとは言う物の……やはり出るのは溜息ばかり、である(苦笑)。

|

« Old fashion | トップページ | ひ~る み~? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/45389593

この記事へのトラックバック一覧です: Floor 1:

« Old fashion | トップページ | ひ~る み~? »