« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/24

ひ~る み~?

今週末は、定例の一次職集会である。が……。今週は経験値増量期間になっていたり、来月に新アップデートが実装される事が発表される等、かなり大きな動きが有ったようだ。今回の遠足の行き先は、経験値重視の場所に行くべきかどうか、ちょっと思案のしどころかも?

経験値増量と言う事で、何時もならこんな機会には、鍛冶士に経験値を稼がせるのが常なのだが、ここしばらくは、また体調不良のため、ROにログインする事自体が出来ていなかったりする。土曜日までに、なんとか立て直して、集会にはしっかり参加したいところだが。

ともあれ、今回の告知を。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 61 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 6月 27日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/19

Floor 1

先週のアップデートにて、倉庫の容量が以前の倍の600種を収納できるようになり、今まで荷物持ち代わりにさせられていたキャラも、その荷を下ろして、気軽に稼働させられるようになった。
もっとも、鍛冶士と錬金術士のカートの中には、それぞれの製品製造用のアイテムがまだ何十種か放り込まれたままになっている上に、今まで拾ってきたり買ったままで使っていないカードが山ほど残っている為、これでもまだ倉庫の空きが足りないのではあるが(汗)。
もう満杯(汗)

閑話休題。
そんな訳で、どのキャラでも何時でも動かせるようになったが故に、それぞれのキャラで使用したい装備もいくつか出て来た。例えば、鍛冶士で使う為のモリガン装備のセットや、聖戦士が使うバゼラルド、盗賊用のドロセラc四枚挿しのコンポジットボウetc.etc.。
しかし、それらを片っ端から買おうとすると、膨大なZenyが必要となる。が、ここしばらくは聖戦士の経験値稼ぎ等に掛かりきりだった為、稼ぐどころか出費がかさむばかりであった。

こうなれば、私の手持ちのキャラの中では資金稼ぎに向いている盗者の出番。しかし、今回必要な金額は、安く見積もっても八桁以上となるので、生半可な稼ぎではとてもではないが追いつかない。
ならば、一発大きいのを当ててみよう……と、盗者の能力で倒せそうなmobで、八桁台もの高額品を持っているものは無いか、と調べて行くと……アリスの存在にたどりついた。
一次職でのアリスカード収集、と言えば、すぐに思いついたのがtagir氏の事。そこで、氏の記録を参考に、機械人形工場に行ってみよう……としたところ、何故か侵入が不可能だった。これはキルハイルクエストを中途半端な時点で中断しているのが問題なのだろうか? もっとも侵入出来たとしても、私の盗者には鬼門である高Def、高HPを持つエリオットやエリセルも居るので、カードを狙える程アリスと闘う事が出来るのか、少し疑問が残る所ではあるが。
門前払い

さて、機械人形工場へ行けないとなると、他に候補になりそうな場所は、タナトスタワーの一階しか思い当たらない。ここに居る敵は、アリス以外にはミミックとライドワード、プラズマ程度なので、私の盗者でもなんとか捌き切る事が出来る。
問題は、ボスの慰める者まで居る事なのだが、要Flee及び要Hitのスペック上では95%回避&必中は可能な為、どうにかなるだろう……と見切り発車した。

今回用いた装備は、ライドワードの暗闇攻撃用のデビルチc兜、プラズマの地属性攻撃対策用に火属性服、そして同じくプラズマの使うストーンカースに対処する為にメデューサc盾を用意した。当初は、ダメージ軽減のためにペノメナc盾を使っていたのだが、余りにも石化させられる回数が多い為、変更を余儀なくされた。
武器は、小型と中型特化短剣と、対慰める者用にギンヌンガガップを持ち込んだ。

そんな準備を整えて向かったタナトスタワー。実際に現地で闘ってみると、敵影が薄いお陰でこの盗者の攻撃力でも、敵に囲まれる心配をせずに済む、と言うのが第一印象。ペノメナ盾が使えないため、ライドワードからの被ダメージは厳しいが、戦闘後に余裕が有る為、ヒールクリップで落ち着いて癒す事が可能だ。
逆に、敵が少ない為に、目的のアリスと闘える機会は少なく、さらに同じ目的でこの場所に居る方も数人、常に居るようなので、少ない戦闘機会が輪を掛けて減ってしまう事も。
最大の懸念だった、慰める者だが……実際に闘ってみると、やはり手強い相手だった。95%回避が可能であっても、一発の被弾が大きく、ダメージが四桁に届いてしまう事もある。さらに、レックスエーテルナやレックスディビーナを使われるのも厄介だ。
それ以上に脅威になるのが、HPが減って来た時に使用してくるグランドクロス。詠唱時間が有る為に、使用したのを確認してから退避する事は可能なのだが、反応が遅れて逃げ切れなかった時には最後。闇属性鎧を着ていない状態であっても、シーフの最大HPではほぼ即死である。
退避失敗、即、死亡

もしエンジェリングc挿し鎧でも持っていれば、まったく気にせず闘えるのだろうが……そんな物を買おうとするなら、何枚のアリスcが必要になる事やら。今のところ彼女と闘った場合、倒した回数よりも敗北を喫した方が多かったりする。どうにか、安定した闘いが出来るようになりたいものではあるが……。

そういった困難はあったものの、アリスからはレアアイテムを頂く事が出来た。もっとも、貰った物はカードと同確率のドロップ率のコッチだったのだが。
出た瞬間は嬉しかったが……後から罪悪感が(汗)

やはり、欲しい物ほど手に入らないジンクスは、何時になっても変わらないらしい……。それでも、貰った物は有難く頂く事にはするが、これも先日の猫耳と同様、もちろんコレクション行きである(笑)。

---

ちなみに、荷物を降ろして動きが取れるようになった鍛冶士も、盗者と並行して戦闘しに出掛けていたのだが、こちらはこちらでこんな物を拾ったり。しかも一日の内で二つとも……。
今も昔もハズレcの代表と言えば一応、グランドクロス@聖戦士用に欲しかった物ではあるが……

アルゴスはともかく、アルギオペの方は使う当てが有る為、確かに欲しいとは考えてはいたが、何もこのタイミングで……という思いは拭い切れない。何も手に入れられないよりはマシとは言う物の……やはり出るのは溜息ばかり、である(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

Old fashion

その昔、ラグナロクオンラインがまだ正式サービスを開始しておらす、まだβテストだった時代。装備やアイテムの種類は、今から考えると格段に少なく、頭装備も当然、限られた物しか存在していなかったそうだ。
そんな中でも、見た目も可愛らしく、所有しているmobが比較的遭遇しやすいスモーキーであるために、入手も有る程度現実的な(とは言っても、ドロップ率は0.02%だが)「猫耳のヘアバンド」や、これを材料にして作る事が出来る「ウサギのヘアバンド」は非常に人気が高かったようだ。そのため、スモーキーが生息していた、通称タヌキ山と言われたマップ(カピトリーナ修道院の前のマップ、で合っているのだろうか?)は、連日大賑わいだったとか。

私がROで遊び始めたのは、正式サービスが始まった直後辺りからのため、β時代の事は直接見聞してきた訳ではないのだが、ネット界隈の情報などで、これら二つがROの象徴的な装備なのだな、とそんな風に思っていた。時期的にもβ時代に近かったためか、ゲーム内でもそれとなくそんな雰囲気を感じとる事も出来た。
しかし、私はスモーキーと闘うような機会がほとんど無く、それ故、猫耳のヘアバンドもまた縁がまったく無い物だった。

さて。時は移り変わって現代の話。
聖戦士のスキル取りの順番を決めかねていた私は、気分転換を兼ねて(世間一般ではこれを現実逃避と言う)、盗者で迷宮の森第一層を彷徨っていた。
主に、ヨーヨーのテイムアイテムを目的に、ついでに頭部装備作製用に輝く鱗の収集もして、さらにあわよくば、ヨーヨー辺りのカードを手に入れられたら、と考えての行き先だったのだが……思いもよらない物を手に入れる事に。

前振りが前振りだったので、既にお気づきかと思われるが……。
入手に掛かった時間、約六年半

個人的には、そこまで欲しい、とは思ってはいなかった装備ではあるが、いざ手に入ってみると、それでも感慨深い物がある。以前、オールドスターロマンスや、スイートジェントルを手に入れた時と同じく、しばしの間、昔の情景に想いを馳せさせてもらった。

次は、ウサギのヘアバンドを作るために、もう一個猫耳を狙ってみようかな、などと、ふと思った一日だった。

……もっとも、私のキャラは可愛げの欠片も無い男シーフなので、猫耳もウサ耳も似合う筈もないので、一度も被らず、コレクションとして倉庫かカートの片隅に眠る事になるのではあるが(苦笑)。どうやら、今日から倉庫の収納数上限が以前の倍の600種類に増えているそうなので、丁度良いかもしれない。

続きを読む "Old fashion"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/03

Old farm

先月の一次職集会も大勢の参加者に恵まれ、十七~八名といったところだっただろうか。前回から参加を始めた方も居れば、初めてお目に掛かる方もいらっしゃり、賑やかなことこの上ない。今回は弓手さんの姿が見られたのが珍しかった点だろうか。saraサーバでは、一時は弓手が一次職集会での一大勢力だったのだが……。こんな所でも時の流れを感じずには居られなかった。
ちなみに、前回の一次会の清算分のイグドラシルの葉は、この雑談時に、参加者に分配させて頂きました。一か月、ずっと預かりっぱなしであったので、ほっとしたと言うか、ようやく肩の荷が下りた、と言うのが正直なところ(笑)。
集合場所にて

さて、今回向かったのは、グラストヘイムの騎士団第二層。今でこそ「一昔前の上級狩り場」程度の位置づけになっている場所のようだが、我々一次職にとっては現在でも充分、歯ごたえが有る相手が波のように押し寄せてくる場所だ。
とは言っても、こちら側も数では引けを取らない。
レイドリックが現れたら、押し包んで殲滅。レイドリックアーチャーが出ればこれも数人がかりでタコ殴りに。そして深淵の騎士が相手だとしても、皆で取り囲んで……ブランデッシュスピアを喰ってばたばたと倒されてみたり。
大乱戦

今回も、非常に楽しかっただけに、時間があっという間に過ぎてしまった。
ただ、今回はアコライトの方が多かったとはいえ、純然たる支援型の方はそう多くなかったはずなので、その方々ばかりに負担を強いていなかったかどうか、少し気がかりではあった。
また、今回は雰囲気に乗ってしまい無茶な突撃ばかり掛けてしまったために、倒れる人も多く出てしまった。もちろん、こういった集会の場であるから、とあらかじめ覚悟をしていた方も居ると思うのだが、逆にこのデスペナをかなり厳しいと感じる方もいらっしゃるのではないか、またそう感じた方も、その事を中々打ち明けられないのではないか……と、少々不安に思う事も。
そういった点にフォローを入れられるようになれれば良いのだが……中々思い通りに行かないのがもどかしい所。これが今回の反省点だろうか。

この後は、イズルード西へ帰還して、清算。この後、二次会へ行く方と帰る方とで二手に分かれて解散となった。今回は私は、眠気がかなりきつくなって来たので、ここで終了。
二次会組は、どうやら先月に続けてエンドレスタワーに行ったようなので、今度会った時、土産話を尋ねてみようと思う。

それでは、また次回もよろしくお願いします。 >参加者各位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »