« 異世界雑感 | トップページ | 2nd Extend »

2009/07/30

Environmental transformation

今月の一次職集会は、新たに参加してくれた方、二名を交えて1PTぎりぎりの構成人数となった。……PTが満員に近いのに、何故か人数が少ない気がするのは、いったいどうした事なのか(笑)?
アッシュ・バキュームパッチが実装されて間もない時期だけに、狩りの行き先の候補にどうかと言う話も出るには出たのだが、彼の地の敵の強度を考えると簡単に全滅しかねない、という判断により即行で却下。
代わりに、今回のパッチで配置変更が行われた場所に行ってみよう、との意見から、結局その中からフェイヨンダンジョンの第五層が選ばれた。

まずは、第一層から第四層まで、思い出話をしたり、以前は居なかったはずの大口蛙に驚かされたりしながら、昔を懐かしみつつ歩いて進軍。
目的地まで行進中

目的地の第五層に着くと、早速目の前にはキャットナインテイルが。これは最初から熱烈な歓迎だ、と、迎え撃ったのだが……何か違和感が。なんとなく味方の数が少ないような? 思えば、敵も数も妙に多い気がするし、そんな事を言っている間にもう一体キャットナインテイルがッ? この子も複数居るの?!
そんなパニックを起こしているうちに、見事に倒れる我々。
FD来るのも久しぶりだからすっかり忘れてた……(汗) >出現ランダム

敵がこの位の数でも、こちらも頭数は揃っているのだからなんとかなるハズだったのに……と、ここまで考えてからようやく思いだした。第四層から第五層に来る場合、出現場所は四隅のうち何処か、ランダムになるんだった……(滝汗)。
なんとか救援して頂いて、なんとか他の方々と合流。これ以降は比較的安定した闘いが出来たと思う。ただし、先述のようにキャットナインテイルが複数生息(しかも倒されても即時出現)している上に、アムムトやらジェネラルスケルトン等もかなりの数が現れるようになり、一次職の視点からすればかなり手応えの有る場所になったように思う。アムムトのアシッドテラー等はMHPの低いスパノビさん等では即死しかねない威力が有り、実際に何名か倒されてしまったのは残念だった。
乱戦中

一時間半程滞在して、一旦帰還。清算後、二次会として今度はゲフェニアダンジョンへ。ここにはタナトスタワーの敵まで出現するようになったと聞いていたので、流石に無理なのでは? と思ったのだが、どうやら四つの内一つのエリアだけにはタナトス系の敵は追加されていないらしく、そこをターゲットにする事となった。

が……タナトスの敵は居ないと言っても、追加されていたのはオウルデュークとオウルバロンの梟コンビ。これに元からの住人の深淵の騎士も加えれば、彼らの攻撃力、及び防御力はフェイヨンダンジョンのそれよりも圧倒的に高い為、非常に危険。
そのため、ここでも地に伏す事になってしまった。PTの内半分近くの人が倒れる事態も発生してしまったが、通りすがりの方に起こして頂き、なんとか復活。その後は少し慎重に索敵しつつ進軍した為に、死者を出す回数もかなり減ったが、戦闘中敵が横湧きするような事も結構な回数が有り、常に気を抜く事の出来ない闘いとなった。
バロン三体は勘弁(汗)
リベンジ中

残念ながら、私はゲフェニアから帰還した時点で、眠気がかなり強くなってきていたので、残念ながらここでリタイア。聞いた話によると、この後にも有志の人は、三次会四次会とさらに闘いに出掛けて行ったのだとか。若い、って良いなぁ……(溜息)。

ともあれ、今回の集会も大変楽しめた。ただ、倒されてしまった方々のデスペナがどの位多かったのは心配な所。参加前の状態より少しでもプラスになっていれば良いのだが……。

今回もお疲れ様でした。また次回も宜しくお願いします。 >参加者各位

|

« 異世界雑感 | トップページ | 2nd Extend »

コメント

こんばんはー^^
FD5は変更直後にG狩りで行って来ましたw
個人的にはキャットナインテイルやアムムトよりも、かなり数が多くて弱点を突きにくいミョグェが気になりましたが・・・
ただそこまで難易度の高いMOBは(ヤファ以外)いないので、少人数で行くとかなりアツイ感じがしましたねー
ゲフェニアは今度行こうと思っていますが、MVPが追加されたりと気安い狩場ではなくなったようですね。
どう変わったのかを見に行くのはなんだか楽しいものですw返り討ちにあうことも多いですが・3・

投稿: flawless | 2009/07/31 21:21

> flawlessさん
我々(一次職&ノービス連合)の場合、MHPが少ないという事情の為、アシッドテラーやメマーナイトで一撃即死が有り得る、アムムトやナインテイルの方が厄介なようです。硬い相手は、こちらは数の暴力で押せますし、頭数が揃っているだけに、誰かしらがプロボックやインベナム等使うので、どうにかなってしまいます(笑)。
普段行けない狩り場に行ける楽しみは有るものの、この集会と言う括りではどうしてもLvの高さが分かれてしまうため、丁度良い難易度の場所、というのがなかなか見つからないのが悩みの種ではありますねぇ。皆でムチャやって、揃って討ち死に、というのも全員の同意が有って、それで覚悟の上でならたまにやるのもそれはそれで面白いですけど。あくまでも、たまに、ですけど(苦笑)。

投稿: Tod | 2009/08/05 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/45787391

この記事へのトラックバック一覧です: Environmental transformation:

« 異世界雑感 | トップページ | 2nd Extend »