« Wings of seraphim | トップページ | 異世界雑感 »

2009/07/09

その羽は誰の手に

前回のエントリを書いた後、エンジェリングで一つ思い出した事が有る。

それはかなり昔、私の盗者がまだ駆け出しだった頃。確か、今まで闘っていたプロンテラ地下水路では、経験値やZenyの稼ぎに限界を感じて、試行錯誤していた時期だったように思う。
そんなある日、なんとは無しに歩き回っていたマップで、一人の騎士さんがエンジェリングと闘っている場面に出くわした。
この時代は、正式サービスが開始されて間もない為なのか、RO全体にもまだのんびりした雰囲気が漂っており、ボス敵と闘っている間にも、その周りに人だかりが出来て、応援や雑談が花開く、と言う構図が良く見られたものだった。
私は、エンジェリング自体、まだ殆ど見る事も無かった事も有り、物珍しさも手伝って、例に倣って座って応援する事にした。すると交戦している騎士さんがこちらに気づいたのか、声を掛けてくれた。「スティール出来るなら、やってみて良いですよ」、と。先のエントリでも書いたが、この時代はボス属性の敵からもスティールが可能だった。
しかし。お言葉に甘えて、このエンジェリングにスティールを試させてもらったのだが、当時の盗者はまだ、ほんの駆け出しで、Dexも低くスティールのスキルもまだマスターLvには届いていなかったように思う。当然の事ながら、SPを全て使い尽くしてもアイテムを拝借する事は叶わず。
結局、その騎士さんがエンジェリングを倒すのを、次第に増えて行ったギャラリーと共に応援して、見送ることになったのだが……。折角のチャンスだったのに、まったく歯が立たなかったと言う事実に非常に悔しい思いをさせられた。その悔しさが、一つの決心を私にさせた。「いつか、あいつから何か盗らせてもらうんだ」と。
私の盗者のステータスは、Agi> Dexと言う、戦闘力に欠ける型であるのだが、その時の決心が、この盗者のDexを可能な限り上げさせた、原動力の一つとなったのだ。
そんな出来事が有ったのが、このポリン島。そう考えてみると、エンジェリングと言う敵やポリン島と言うマップは、私の盗者にとっては、非常に因縁の深いものだったのかも知れない。

昔話ついでにもう一つ、今度は鍛冶士の話。こちらはSSの日付を見ると'05年とあるので四年前の事だったようだ。
この時期は、盗者用のダマスカスの鍛造をするための材料収集を兼ねて、鍛冶士の経験値稼ぎにミョルニル廃鉱に良く通っていた。
レア運とは縁遠い私にしては例外的に、スケルワーカーからはカードを良く貰えていたので、お陰で対中型武器のいくつかは自作出来たり、売却していくばくかは財布を潤わせたりは出来たのだが、それ以外のレア物は、やはりさっぱり見当たらず。
そんなレア運でも相当の時間を掛ければどうにかなるもので、やっとのことでガイアスが出してくれたのがこの一品。
これを得るまでに、スケワカやらガイアスcやらのカードが幾つ出た事か

当時、既に盗者はギルドのメンバーから譲って頂いた妖精の耳を装備しており、新たに手に入れたこれはダブる事になる。売ってしまえばまとまったお金にはなったのだが、思うところが有りこれはこのまま取って置く事にした。ただし、その「思うところ」は、簡単に実現できるようなものではなかったため、これはこのまま倉庫の片隅にずっと居座る事になる。


時は移って現代。先日手に入れたヘアバンドと、もはや年代物となった、鍛冶士が廃鉱で拾って来たアクセサリとを持って、ジュノーへ向かった。その昔やろうとした「思うところ」を果たす為に。
鑑定すらせず、ずっと保管していた物を持って
妖精の耳獲得から四年以上、ついに作製

昔ならば、超高級品というかコストパフォーマンスが非常に劣る品ではあったのだが、現在では価値も落ち着いて手軽にとは言わぬものの、比較的手は出しやすくなってきている。が、長年、いつかは作ろうと思っていたものを、こうして完成させて手にしてみると、金銭的な価値では言い表せない充実感が有る気がする。少なくとも、何か肩の荷が下りたような気分ではある(笑)。

ただ、今まで装備していた妖精の耳と比べると、かなり大振り過ぎるような。少なくとも、自分からみると似合わないような気がしないでもない。
少し不似合い……かな……?

Str+1のオプションも、低Strの盗者にはミスマッチではある。かといって、鍛冶士や錬金術士に使わせるには、溶接マスクが装備出来なくなるデメリットが有るし、聖戦士も盗者と同じく低Strになる予定なのでこちらも真価を引き出せない可能性が高い。そう考えると、今回作ったコレは、騎士の手に渡る事になる……のかなぁ……。

|

« Wings of seraphim | トップページ | 異世界雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/45583864

この記事へのトラックバック一覧です: その羽は誰の手に:

« Wings of seraphim | トップページ | 異世界雑感 »