« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/25

望みは薄けれど

相変わらず今回も参加できるかどうか難しいのだが……集会自体は行われるであろうと言う事で、今月の集会の告知を。今年最後の集会なだけに、ぜひとも出席したいのでは有るのだが……。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 67 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 12月 26日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

異世界譚 二題

先日の土曜日、私とは別のサーバーで活躍している転生剣士のDRApandaさんが何やらネタを披露するとの事なので、世界の壁を飛び越えてお邪魔してみることにした。
ただ、翌日は朝三時より仕事が有った為、少し横になって休みながら、予告時間の午後九時を待つ事にした。
のだが……。

案の定というか、思い切り寝過ごしました(滝汗)。気付いた時には既に時間は二十分ほど過ぎており、慌ててログインしたものの、既に全ては終わった後だったという;_ _。

何があったのかと言えば、DRAさんがLv98に到達されたとの事。オーラエフェクトは好みではないようなので、DRAさんにとっては、これが最終Lvとなるようで。その瞬間に居合わせられなかったのは痛恨だったが、なんとかお祝いは出来たので、辛うじて良し、と言う事にしておきたい(汗)。
それにしても、DRAさんと言いかしわぎさんと言い、ノリの良い会話がテンポ良く出てくるのには何時もながら感心させられる。自分は、会話に反応するまで一々時間が掛かるノリの悪い人間なので、見習いたいところなのだが……。
ともあれ、DRAさん、この度はおめでとうございました。これからもますますのご活躍を祈っております。そして、Irisサーバの一次職集会の皆様方、遅刻して乱入した上に、余り面白い話も出来ず、申し訳ありませんでしたm;_ _m。もし、何か縁が有りましたら、宜しくお願いします。
異世界での楽しき一時
---

さて、自サーバーの方でも、異世界行きをしていたりする。異世界は異世界でもアッシュバキュームの事ですが。

アッシュバキュームで実装されたクエストの中に、生体研究という物が有る。これは異世界のmobの内のいくつかを倒す事が主目的である為、一次職はもとより未転成の二次職ぐらいの力量では、職によっては、これを完遂するのは厳しい物が有る。だが、私の盗者は幸運にも知り合いの方の助力を得られた事も有り、タタチョを十体倒す段階までは進めることは出来ていた。
龍神祭の行われている期間には、支援呪文を掛けてくれるNPCも配備されているので、この機会にこのタタチョを倒し、クエストを進行させてしまおう、と考えたのだ。

ここで、自キャラとタタチョの能力を簡単に比較してみたい。

自キャラ
MHP4330 Def43+30 Hit188 Flee258 ATK125~137
(+7TBdグラディウス、+7グリーンブーツ、+7ブルータルバックラー、+7インソムニアックジュエルヘルム、+5モッキングマント、ブローチオブフラッシュ×2装備時)

タタチョ
MHP39500 Def20+30 必中要Hit166 95%回避要Flee296 ATK10,000~11,000
地1属性 動物種族 中型

自キャラは手持ちの装備のうち、Flee強化型の装備で固めてみたがそれでも、95%回避を達成するには38も足りない。しかし、これは対ヘリオン戦時にも使用したFlee強化アイテムの「揚げ菓子」と、夏に行われたイベント、ポイントラリー時に取得した「焼きワニの野菜蒸し」(Agi+7料理)を併用すれば、あと1の所まではカバーする事が出来る。これに、龍神祭の支援NPCから速度増加を受ければ、クリアする事が可能だ。
問題はタタチョのATK。この装備で、タタチョの最大攻撃力の打撃を受けたとすると、(11,000×(1-0.43)-30)×0.7=4,373。自キャラの最大HPを上回るダメージを一撃で受けてしまう計算になる。当然、耐動物盾は必須である為、攻撃力のある弓は使えない。
鎧をアドベンチャースーツからアーマーへと換装すれば、ぎりぎり生き残れる計算にはなるのだが、今度はその重量のため、回復剤の積載量が減ってしまう。幸い、タタチョは属性攻撃は使用してこないため属性鎧は使用する必要が無いため、プパc挿しのアドベンチャースーツを用いてMHPを増強することにより、対処することにした。
加えて、兜は先日貰った帽子に換えて、怪盗アニバーサリーに武器に火属性を付与してもらう。幸い、この装備にはAgi+1の特性も有るので、そのまま戦闘にも用いることに。Fleeの強化という面では、これも先日手に入れた「肉球のヘアピン」を使う手も有ったのだが、こちらはまだ精錬も済んでおらず、挿す為のナイトメアcも手に入らなかった為、こちらは見送ることにした。
また逢えるとは思っていなかったので吃驚……って、あんたセージだったんかいッ?!

実際の戦闘においては、まずは他の敵が近くに居ないタタチョを探すところから始めなければいけないのが面倒ではあった。見つけたならば、接敵するまでの間に、揚げ菓子にワニ蒸し、覚醒POTを使用する必要が有る。3つアイテムを使用するだけだが、慌てて使い損ねると死ぬ恐れも有るので、ここは気を使った。
これだけ下準備をした甲斐があり、自力にてタタチョを打倒。一次職でも、ここまでは出来ると言う事は証明できたと思う。龍神祭の期間外で同じ事をするならば、速度増加などの支援が受けられないのを、兜を肉球のヘアピンに換えてFleeの確保をし、属性付与を火属性コンバータの購入、使用で代用すれば可能だろう。
ハイパーモード、オン!Defeat it!

だが。今回の作戦の最大の肝である揚げ菓子は、三分間しか効果が無い。この間に倒せなければ、死は免れない。また、スタン攻撃やハンマーフォールも使ってくるので、これも回避できなければ、お終いである。実際、今回も十体倒す間に、こちらは四回倒されてしまった。
I'm defeated...

倒すことは可能ではあるが、狩る対象にするには、対費用的にも精神的にも割りにあわなすぎる敵ではあると思う。

余り頻繁にやるべき事では有るが、それだけにたまには無茶をしてみるのも良い物だ。今度は一体、何に挑戦しようか……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/14

お揃い

しばらく前、12月3日から9日までの間、仕事の方で研修に参加するため、ROの方は留守にしておりました。
そして、帰宅後、ログインしてまずやった事はと言えば、7周年イベント内での期間限定クエスト「怪盗アニバーサリー ~消えた迷探偵~」
経験値や装備品が得られるから、という理由も有るのだが、このクエストの主要人物、怪盗アニバーサリーにはちょっとした思い出が有るからだ。
今は丁度、ROの公式ページで「7周年の思い出」をテーマにキャンペーンをやっているようなので、今回はこの思い出についてでも少々。

---

思い起こせば、この盗者こと、1stキャラであるシーフがこの世界に生まれ出たのは、ROの正式サービスが始まって間もない、'03年の1月の事
それから約一年後、自分の思い描くキャラとは違うから、と二次職に転職せずに生きる事を心に決めつつ、このゲームにもどうにかこうにか慣れて来た頃に行われた、正式サービス一周年イベント。その中で、幸運にもこのキャラは(当時は汎用GMの姿をしていた)怪盗アニバーサリーと一戦交える機会を持てたのだ。
イベントの為に組んだ、通りすがりの人達との即席パーティで立ち向かった結果……見事これを撃破。
見事撃破! でも、勢い余って物騒なセリフも……?そのセリフに対しての返事が……このお茶目さにヤラれました(笑)

無事、目的を果たした達成感と共に、イベントを通して茶目っ気のある言動を見せてくれて、どこか憎めない印象を受けた彼女に対し、ターゲットであった以上仕方ないとは言え、殴り倒してしまってなんだか少し悪い事をしたな、と言うちょっぴりの罪悪感とが、今でも記憶に残っている。

---

そんな訳で、この怪盗アニバーサリー、自分にとっては、どうにも古くから知っている知人のような気がしてしまう。勿論、今の彼女はNPCであるので、相手は当時の事を覚えてくれている筈も無いのだが(苦笑)。それでも、年に一度、彼女に再会できるこの時期が来るのを楽しみにしていたりする。
今年も出し抜かれた……昔は一度勝った事も有るのに;

当時と姿の変わらぬ……と言ってもオーラは出たけれど(笑)……私の盗者が、そんな彼女にお揃いの帽子を貰って、それを被れる日が来た、というのはなかなか感慨深いものが有る。
装備品としての能力的には、スティールが自力で出来るこのキャラにとっては、少し微妙と言わざるを得ないのだが、そんな事は二の次だ……等と言い出すのはちょっと叙情的に過ぎるだろうか。
来年は、コレを被って会いに行こう。きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »