« 明日はどっちだ | トップページ | Black knight »

2010/06/10

撃墜数:2(JAS39)

先月は、三つ目の肉球のヘアピンを作るために、かなりの時間をモロクの南西のサンダルマン要塞で過ごした。
その際、何度かグリフォンに遭遇したのだが、これを倒す為の装備は用意していなかったので、敢え無く撤退。が、その回数が意外に多いのに気が付いた。
そういえば以前、こいつとは昔闘ったことが有ったな……と思い調べてみると、それはかなり昔、三年半もの前のことだった。かの時は、遭うだけでも苦労したのに、今回は何故こんなに良く遭うのだろう、という疑問が少しだけ思い浮かんだのだが、こいつの持っているポールアクスやグリフォンの爪の価値の下落加減を考えれば、当然の事か、とすぐに思いなおした。昔の栄華は今何処、なんとなく侘しいものである。ともあれ、よく遭うのであるならば、ついでに倒してみよう、と考えた。

閑話休題。以前の時は、グリフォンの95%回避の要Flee262を確保するために、憂鬱な箱を利用したのだが、毎回使うには買うにしろ自前で入手するにしろ少し手間が掛かるし、一分間しか効果は続かないので多少頼りない。
しかし、現在は憂鬱な箱を使わなくとも、HSEでAgi増加効果が付いた鎧や兜を使うなど、Fleeを上積みする手段は幾つか実装されているので、これを使わない手は無い。
そんな訳でせっかくなので(?)、今回は現在作製中の肉球のヘアピンを採用した(ちなみに作っている最中の物は過剰精錬に回すための物で、既に作って有ったものを使用)。
これを使用することによりFleeは、Agi(99+4)+BaseLv(99)+回避率増加スキル(30)+ウィスパーc(20)+マーターc(1)+ブローチ オブフラッシュ*2(2*2)+肉球のヘアピン(5)で、丁度262に達する。

さて。撃破の報告は前回と同様、SSでも良かったのだが、今回は今後の計画のための練習なども兼ねて動画を作成してみた。
……とは言うものの、録画や動画の作成等はほとんど経験が無いため、出来はといえば、不満足な物になってしまった(汗)。特に、終端が尻切れトンボになってしまったのが原因不明、というのが今後に向けて不安が残るところ。そんなボロボロな動画では有りますが、御笑覧頂ければ幸いかと。

|

« 明日はどっちだ | トップページ | Black knight »

コメント

撃墜&撮影お疲れ様でした!
あと3つ落としてエースの称号ゲットだぜ?
肩口あたりに☆☆☆☆☆みたいな感じで!

しかしかなり滑らかなRO描画環境ですなぁー
と感心しかけて、俺のがへちょいだけかもと気付いてしょんぼりであります。

投稿: かしわぎ | 2010/06/13 01:35

> かしわぎさん
コイツはかしわぎさんなら、楽勝な相手だと思うので、ちと気恥ずかしい気はしますが、視聴有難うございましたm_ _m。

PC環境は昨年夏に組んだ、Core2Quad+G45オンボードVGAという1~数世代前のハードではありますが、腐ってもマルチコア&DirectX10であるのが効いてるのかもしれません。

とりあえず、第二弾、第三弾も予定だけはしてるので、期待せずに待っていただければ幸いです。

投稿: Tod | 2010/06/17 07:22

[箱]・_・)ノ最近ゲーム中では会ってませんが、ぶろぐは見てますyp。
それにしても錐の精錬値が+5というのが驚きだだだ…。
R化を前に「R化後は錐は(相対的に)弱体化する」とかで値下がりして、
6/15付けのSakuraiJのテストプレイでMob相手には相変わらず強力とわかって
また値上がり…というか露店で見かけなくなってしまって残念。
買い逃ししました…orz

投稿: あめ。 | 2010/06/17 10:38

> あめさん
どうも、ご無沙汰しておりますm_ _m。
錐の購入時のいきさつは、08/10/16の記事にて記述して有ります。未精錬との差が余り大きくは無かったものの、高い買い物だったので、当時、相当悩んだ記憶が。後になって考えればコレは正解だったような気もしてきましたが(笑)。
R化以降の事は全然分からないのですが、錐の利用価値はあり続けそうなのには、ほっとしてます。自分が大枚叩いて購入した物は、大概、後に大幅に値崩れすることが多いので(苦笑)。

投稿: Tod | 2010/06/26 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/48593367

この記事へのトラックバック一覧です: 撃墜数:2(JAS39):

« 明日はどっちだ | トップページ | Black knight »