« 九月分告知 | トップページ | Shooting booster »

2010/09/28

Healing booster

連星風ダマスカスの製造原料を採掘するために、アインベフ鉱山第二層に篭りきりになっている、我が盗者。
先日のエントリでも記したとおり、二点以外は不満なことも無く、安定して闘い続けていられている。
その内の一つ、対ミネラル用弓が無いのは、非特化の対大型弓でもそこそこのダメージが出せているので、少し不満では有るものの許容はできる。が、もう一つの、ヒールの回復量低下はかなりの痛手だ。回復剤を多く持ち歩けないこのキャラにとって、月光剣とヒールクリップの組み合わせは命綱に近い物だったので、どうにか対策を考える必要がある。

対策として考えられるのは、
・被ダメージ量を減らして回復するべきHPの減少自体を防ぐ
・回復剤を軽量、かつ回復量の多い物に換え、回復できる総量を増やす
・ヒールを使う時、もしくは受けるときに、その効果が上がる工夫をする
辺りか。

このうちダメージ総量の減少は、回避比率は既に95%に到達している上、新たな防具の導入も資金や重量制限により難しい。
次の回復剤の変更についても、今でも比較的金銭的、及び重量的効率の良いアイスクリームを使用している関係上、これ以上重量や回復量重視のアイテムに換えると、かなり高額なものを使用せざるを得ず、かなり負担が大きくなる。故にこの手も採り辛い。
となると、やはりヒールの回復量をどうにか増やすしかない。現在ではヒールの回復量はIntよりもMATKに依存する部分が多いらしい……とは聞いているが、MATKを増やす手段は殆どIntを増やすのと同意義のため、まずはこれを伸ばす方向で考えてみる。
しかし、Lvは上限に達している上にステータスポイントも使い切っているため、素のIntを上げるという方法は使えない。かと言って、頭部装備や武器で上がるInt量では、ヒールに大きく影響するほどMATKを上昇させることは出来ないようだ(通常装備時ヒールLv1回復量=84~143、+5海東剣(=Int+3)装備時回復量=100~130、+5海東剣&フリッグのサークレット(=Int+2)装備時回復量=102~132(回復量はRoRatrio様でのシミュレータでの計算))。
他方、ヒールの回復量を直接上昇させる効果のある装備は、大体が転生職かアコライト系列職用の物しかなく、そうでなければ、非常に手に入れにくいグロリアス系の装備セットやダイアデム程度しか見当たらず、とてもではないが実用的とは言いがたい。新たに実装されたプエンテローブと言う服もこの効果を持っているが、装備部位が鎧である為、属性鎧を作るためには高価なこれを複数用意せねばならず、これも資金的に厳しい。
これは八方塞か……と思っていたところ、その回答は露店巡りをしていた時に見つかった。
ちと高い買い物だったが

バゼラルド。Intが+5されるのも優秀だが、シーフが装備できる武器の中では唯一MATKが加算されると言うのも貴重である。転生すればエレメンタルソードと言う選択も増えるのではあるが……。
それはともかく、安い買い物ではなかったが、saraサーバの相場では4M台中盤の値段で取引されているのを良く見かけるため、思わず飛びついてしまった。
シミュレートの結果では回復量は92~234となり、ランダムながらもR化以前には不可能だった200超の回復も可能のようだ。実戦に投入しての試験でも、シミュレート通りの結果を確認。
200超ヒール達成

回復量がランダムなのは少し厄介だが、平均すれば概ねR化以前と同じような感覚で使っていけるようなので、とりあえず問題の一つは解決したと言っても良さそうだ。二次職以上の方々にとっては、不満足な回復量ではあるのだろう、が、そこはMHPの少ないAgi系の一次職。これ位回復してくれれば、充分にやっていけるのだ。
また、MATKを持つ武器は精錬すれば、ATKだけではなくMATKも上昇するらしいので、バゼラルドも過精錬すればヒール回復量も増大させられるのではないか、と期待が持てる。優先順位は低いものの、将来的には挑戦して行ってみたいものである。

|

« 九月分告知 | トップページ | Shooting booster »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/49588332

この記事へのトラックバック一覧です: Healing booster:

« 九月分告知 | トップページ | Shooting booster »