« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/29

十月分告知

日曜日の早朝は仕事のため、このところ一次職集会にはなかなか出席できないでいる。不義理が続いているので、睡眠時間などを巧く調整して、なんとか出席したいのではあるけれど……。
ともあれ、そんな訳で今月分の告知を。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 77 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 10月 30日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

千載一遇

今回のハロウィンイベントで用意されたパンプキンハット2010。ここ数年のカボチャ帽は年号付きになっているので、昨年以前の物を使いまわしすることが出来ないのは残念なのだが、今年の物は今年の物で面白い効果が付与されているので最大限利用させてもらうとした。
私にとって有用だったのは、スマイルマスクと併用したときのセット効果。Lv60以上の一次職以下の職が使用したときは、転送員が、利用できる全ての場所へと転送してくれるようになる、という効果は、恐らく転職直前の普通の一次職が、転職への追い込みを楽に出来るように、という便宜なのだろう。が、これは有る意味、高Lv一時職の為にあるような効果と言って良いようなもの。お使い系クエストでの移動やら、セーブポイントへの帰還やら(トール火山を選択すれば、中央WP前に出るので、そこに入ってリログすれば直帰出来るのである)にと有効に使わせてもらっている。ただ、一次職でも転生済みのキャラではこの効果は利用できないそうなので、今月の一次職集会で皆でこの帽子を被って同じ場所へ移動、というようには使えなさそうなのは残念ではある。
追加するにしても豪快過ぎないか、この数は?

オペラ仮面のFlee+20というのも単純ながら強力な効果であった。
この機を利用して、何時もなら勝負を避けるしかない敵を狙ってみた。二つほど前のパッチで追加されたクエストの中には、イグドラシル中心部に現れる敵を倒せ、という物がある。
そんな事を言いつつ、一人で行く訳だが

この倒すべき敵というのがドゥネイールとラタトスク。R化によってATKが半減し、通常攻撃一発当たれば必ず即死、と言う状況ではなくなったものの、現有装備では95%Fleeを達成できず、やはり太刀打ち出来ない相手ではある。
が、このカボチャ帽+オペラ仮面のFlee+20を、モッキングマントやシュバルツバルト産おやつ等と併用すれば、普段は実現できないFlee400にも手が届き、シミュレーション上では95%回避も可能となる。
そんな計算結果を得て、闘いを挑んでみたのだが……やはり、シミュレートと実戦では違うもの。通常攻撃は避けられても、スキルや魔法はそう簡単には行かなかった。どの種類かは分からなかったのだが、スキル攻撃を喰ってしまった場合は、やはり即死してしまった。
私はどうやって死んだのだ?(汗)

他にも魔法攻撃も、詠唱妨害が出来ないために必ずダメージを受けてしまう。1回で3000~4000近くのHPが吹き飛ぶので、気が気ではなかったが、そこはそれ。
サンダーストーム!!アーススパイク!!

即死しなけりゃ死なない((c)byかしわぎさん)ので、パンプキンハット2010の効果で白ポーション以上の回復効果を持ったカボチャをドカ喰いして、なんとか命を繋いで撃ちまくる。
カボチャが無ければ負けていたカボチャが無ければ負けていた(その2)勇士どころか、ただの盗者に過ぎないけれど

こんなチャンスでも無ければ、挑戦できるような敵、クエストではなかったが、苦労しつつも何とか突破出来たのはやはり嬉しいものだ。
今年のハロウィーン、あと少しではあるが有意義に遊ばせて貰うこととしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

くたびれ儲け……だけではなくて

今朝まで続いていた、経験値とアイテムドロップ率増加のボーナス期間。どちらも両立したいところだが、狙っているカードがドケビとなると、経験値の方は、既に一番Lvが低い者でもLv78になっている私の配下のキャラにとっては、余りあてにはならなくなる。……が、例外が一体居た。
錬金術士の連れているホムンクルス、バニルミルトだ。彼はまだ、先週の火曜日の時点ではLv46であったので、ドケビ相手でも充分に経験値を貯められる。他にもっと経験値効率の良い敵は居るのだろうが、それはこのボーナス期間が終わってから探す事とする。

と、考えた末に決めたのではあるものの、使役者の錬金術士にとっては、ドケビの森はかなり温い場所であるので、戦闘は単調になりがちで、かなり退屈を強いられた。とは言うものの、錬金術士本人に最適な場所だと、今のホムンクルスではすぐに倒されてしまう。せめて、肩を並べて闘える位には早く育って欲しいものだが……そのためにも、退屈でも今は経験値の蓄積が必要か。もっとも、他にも強くしたいキャラや、欲しいアイテムは色々有るので、このような機会でもないと、なかなかホムンクルスにまでは面倒を掛けてやれないのだが。

さて、上でも書いたように、ドケビを相手にするのは錬金術士にとっては非常に楽であるので、回復剤もまったく必要としない。そのため、今回は投擲用の赤ポーションを数本持っただけで出掛け、街に帰ることなくしばらくマップに留まることになった。
が、ホムンクルスの経験値は比較的順調に進んだものの、プチレア級のアイテムの集まり具合が、ドロップ率上昇中にもあるにも関わらず、余り思わしくない。かと思えば、先日書いたように、必要の無いレアアイテムであるマイトスタッフは拾ってしまったり、と、期待が持てない展開が続く。
今回もやはり空振りか、と思い始めた、ボーナス期間も終わり間近の日曜日。
期待が出来なかっただけにビックリ

出るときには、予兆もなしにいきなり出るものだなぁ、と改めて思ったり。
そういえば、このホムンクルス稼働時間は短いものの、以前ウィスパーカードを奪取していた事があったりしたのを思い出した。だとすると、彼は結構良い運を持って生まれているのかも。
だとしたら、もっと良いアイテムが得られる場所での戦闘に耐えられるだけの力を、早いところ身に付けさせた方が良いのだろうか。ならば、彼の育成の優先順位を上げる事が、結果的にはうちの財政状況を好転させる手助けになるのではないか……などと考えさせられたり。
結局、目的のドケビカードも手に入り、ホムンクルスのLvも7つ上がり53となるなど、実りの多い一週間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

骨折り損……とまでは行かないが

既に十日ほど前の話になるが、エルディカスティスパッチが実装され、早速盗者にてクエストをやって来た。
必要アイテムを揃えるたりするために、数日ほど掛かってた上に何度も倒されてしまったが、これをなんとかクリア……したのは良いのだが、報酬として得られたブラディウムブローチやドラゴンのマントと言った装備を身に付けられるのは、転生職のみだったので少しガッカリ。
せっかく貰ったのに……
せっかく貰ったのに……その2

ならば、と私の持ちキャラでは唯一の転生職である聖戦士でクリアしてみれば、今度はエルディカスティスで請け負える仕事(クエスト)は、全てLv80に達してからではないと受注出来ないと分かって、やはりガックリ。しかも、装備すればサファ族の首都へと転移出来るスキルが使える、エルディカスティスの光も装備制限Lvは同じく80で、これも使用不可能。クエストの完遂までに、デスペナは1度貰っただけで済んだのは不幸中の幸いだったが。
人(NPC)と話してる時に噛み付いてくるのは勘弁(泣) せっかく貰ったのに……その3

他のキャラはまだ異世界クエストは行っていなかったため、別のキャラを仕事遂行の為にエルディカスティスに送り込むようなことも出来ず、今回のパッチの初期段階は、私にとっては消化不良なものとなってしまった。
もっとも、このエルディカスティスの光、Lv的には盗者は装備できる上にステータスも付与出来るらしいので、全くのくたびれもうけ、と言う訳でも無さそうなのが救いだが。
理想的に付与が出来れば(Flee+12)+(Agi+2)+(Agi+2)という、アクセサリ1個でFleega16も上がる反則的な装備も作れるようだ。
が、これらの効果はまったくのランダムで付与されるため、希望のステータスを手に入れるまでは、何度も試行せねばならないが。さらに、これの付与もタダで行えるわけではなく、前述の仕事などの小クエストで得た報酬を支払わねばならない。
既に三度ほど試してみたが、このランダムも完全な同確率ではなく、上位効果はどうも出にくいような気がしてならない。納得できるような効果が得られるまでは、しばらくこの地で粘る必要が有りそうだ。
今までの履歴はMATK+1% => リセット => MATK+1% => リセット => Flee+6

さて、この週の後半には、同パッチの記念で無料開放デーが設定されており、この中でアイテムドロップ率が一定時間上昇する効果を付与するサービスも行われていた。
そこでこの効果を、メンテナンスを挟んで次に持ち込み、今週の特典であるアイテム率1.5倍の効果と合わせて利用することを目論んでみた。
現在持っている属性鎧は、その殆どがR化によって弱体化してしまったアーマー挿しの物なので、これを更新したい。今回狙ったのは、その中でもステータス未分配なキャラや、まだ育ちきっていないホムンクルスでも相手にすることが出来るドケビであった。
……のだが。
カードと同じドロップ率で有るはずなのに、これが出るというのは、やはりお約束なのだろうか。しかも二本も。
裏目 またしても裏目

それとも、先日の錐の一件で、ここ当分の運を全て使い果たしてた、とでも言うのか。
だとすると、しばらくの間は物事は全て裏目々々に出ると見て間違いないのかもしれない。困ったものだ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

Shooting booster

アインベフ鉱山の第二層で闘う上で存在する問題点のうち、ヒールの回復量については先日のエントリで解決。もう一つ、ミネラルに対する特化弓が無い、という点がまだ残っていたのだが、こちらもあっさりと片が付いてしまった。こちらの解決の糸口も露店巡りから。
欲しい物の条件にほぼピッタリで吃驚

サイドワインダー、クルーザー各c挿しのアーバレスト。カードだけは既にとうの昔に入手していたのだが、将来は角弓に挿して作成、使用したいと思っていた物だ。だが、この精錬度と値段ならば充分に割に合うだろう、と購入したわけだ。
刺さっているカードのうち、サイドワインダーcは、現金商品の特典装備であるひよこちゃんを利用しない私にとっては、弓でダブルアタックを発動させるのに必須。もう一方のクルーザーc、用があるのはこのカード単体ではなく、セット効果の方。
アーチャーセットである、この組み合わせ装備はシーフである私には全ての効果は使いこなせない。が、全職に効果のある遠距離攻撃ダメージ+20%、という部分こそが目当てなのだ。ちなみに、武器以外の部分の装備は、既に用意してあったりする。
装備、精錬度がバラバラなところから間に合わせ感が漂う

実際に使用してみた所、感触は上々。当初の標的であるミネラルだけでなく、ベアドールやオブシディアン相手にもこの弓一張で闘うことが出来るようになったので、かなり戦闘時間を短縮できた。特に後者に対しては炎の矢を用いることによって、火ダマで闘っていた時よりも圧倒的に早く倒せるようになった。また、今までは大型黒蛇角弓で撃っていたジャンクポットに対しても、補正が15%+Atk5から20%に変わったことで、僅かながらも戦闘時間の短縮に繋がった。
待望の対ミネラル補正付き弓

盾が持てない分、喰らうと痛いが

火矢を使えば、あっという間に

相変わらずタフだが少しは楽に

ただし、デメリットもある。一番大きいのは胴の装備が固定されることにより、属性服が使えなくなる点。故に、敵の属性攻撃が厳しい場所では非常に使いづらい。
今踏んだクレイモア、画面に映ってなかっただろ……?(泣)

また、靴も半漁人c挿しに固定されることにより、常用していたマーターcの効果(最大HP+10%)が得られなくなるのも、MHPの低い一次職にとってはキツい。マーターcでようやく4000を超えていたMHPは、3937に低下してしまい相対的に敵のダメージの一発一発が脅威になってしまう。

ともあれ、使いどころは厳選する必要は有るものの、利用できる場所においては非常に有効な武器が手に入った、と見て良さそうだ。この勢いに乗じて、次期アップデートも乗り切りたいものだが……果たしてそう巧くコトが運ぶかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »