« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/26

十月分告知

前回の一次職集会もやったばかりと思っていたら、早い物でもう十一月も終わり近く。なので、今月分の告知。
今回もちゃんと参加できれば良いのだが……。

―――――――――――――――――――――――――――――
+ 高Lv1次職集会 Part 78 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 : 11月 27日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

Stand by ready.

先日より、リーフキャットを倒し続けている、高位鍛冶士見習いの転生商人。途中、他キャラも扱っていたため、成長は遅れてしまったが、先日なんとか転職が可能となるJobLv40に到達した。
40!

ここで転職してしまえば、BaseLv39のホワイトスミス、という珍妙なキャラクタが出来上がるのだが、その誘惑はのけておいて、あと少し、Job50までは頑張ってみるつもりである。
目下のところ悩んでいるのは、メマーナイトを取得するかどうかの選択。最近は戦闘型のブラック/ホワイトスミスでもメマーナイトは習得しない人も増えてきている、と言う話も聞く一方、メマーナイトの消費金額を抑える事が出来るフェイクゼニーはアルケミスト系では習得できないため、これを活用するのならばこのキャラクタしか選択肢は無い、と言う事情もある。
Job50になるにはもうしばらく時間が掛かるであろうから、その間にじっくり考えて見ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

二周目(easy(?) mode)

先日、11月4日。鍛冶士が育成時代、長い間お世話になったミョルニル廃鉱の第三層に向かった。出現するmobの顔ぶれは大分変わったが、ともあれ懐かしいこの場所で、最後のLvUPを果たす。その直後、ジャンクポットに囲まれて、あっという間に倒されてしまったのは御愛嬌。
青春時代を過ごしたこの場所で

転生をするには持ち物の整理や所持金の清算等が必須で、倉庫等が既に満杯近くになっている私にとってはこれも障害になっていたのだが、物品についてはアカウント内の他キャラに分散させる事で何とかごまかす。金銭は同時期に転生したギルドメンバーの方の協力が得られたので、これもどうにかクリア。
11月6日に、当方二人目の転生キャラとなった。
ようやく初期三キャラ全てで一周クリア

私の鍛冶士の、最終的なステータスはDex89+12、Luk91+2であった。
最終ステ

これで現在所持している製造用の装備をフルに利用した場合、星のかけら二個入りの属性Lv3武器を製造に成功する確率は、計算上は26.7%となるようだ。
しかし、このDexとLukを得る為に、Agiを50まで上げたのみで、他のステータスは一切振らずに済ませてきたので、戦闘能力はかなり限定された物になる、という弊害が生まれた。現存しているこのキャラのSSは'03年12月の物で、実に七年以上の時間を使った事になる。
今は亡き旧ワムテ森にて

もちろん、これは覚悟の上であったが、それにしても長い時間が掛かってしまった物だ。この経験を教訓に転生後は、転生前の武器製造成功率を確保した上である程度の戦闘能力を付与する、と言う育成方針を立てることとした。
製造に関する基本値は、JobLv*2+Dex+Lukで算出されるらしい。これを、私の鍛冶士の最終ステに当てはめると294と言う数値が出てくる。転生後はJobLvは70まで上げられるので、これから70*2を引いた154を、DexとLukの合計で上回れば良いという事になる。しかし、JobLvを70まで上げるのはかなりの苦労が要るとも聞くので、Job65辺りでのDex+Luk計164や、Job60での計174当たりも念頭に入れておいた方が良いのかもしれない。これに充てた残りのステータスポイントをどうAgiとStrに振っていくのか……なかなか悩ましい物がある。
こうやって、色々シミュレートしている間が一番楽しいものではあるが、それはそれ、とりあえず、まずは一歩足を進めてみようと思う(……などと言ってると、私の2ndキャラにジト目で見られそうな気がするが)。
「私をこんな目に合わせておいて、よくもそんな事が言えたものだ……」

ちなみに、この鍛冶士、転生前はJob40での転職だったのだが、お陰で充分に商人スキルが取れず、少し後悔する事となった。
幸い、現在は昔より倒し易く、かつ高い経験値を持っている敵も多く実装されており、ステータスも若干は戦闘寄りになる予定であるので、Job50を目指そうと考えている。
しかし、ただJob50にするだけでは物足りないので、なるべく低BaseLvでJob50に届かせ転生前のコンプレックスを解消しよう等というアホな事を思いついてしまい、早速実行に移している。
もちろん、フィゲルのモンスターレースを使えばBase1/Job50というキャラクタを作るのも可能だとは知っているが、レースの結果が出るまでただ待っているのは、自分の性に合わないので、これはパス。
まずは最初の数Lvはプパ(Base3/Job6)を倒してLvUP。
プパcと超強マイン様々。必中は無くとも初期育成には充分役に立つ

数Lv上げて、ある程度Dexを上げたてスポア(Base99/162)に有る程度命中させられるようになったら、これをターゲットに追加。
これを倒せるようになると、LvUPが急加速

そして、Lv3短剣が装備できるBase24まで上げたら、それを装備して、一気にリーフキャット(Base247/1818)へとランクアップ。R化によって、リーフキャットの回避力がガタ落ちしたからこそ使える力技である。
アユタヤD1Fでのお約束。しかし、まだ損失はリーフキャット一体分なので全然痛くない!JobがBaseを追い抜き始めてきた

そんな訳で、現在は黙々と鍛冶士改め、高位商人の育成に励んでいる日々である。Job50に手が届くまで、これはしばらく続きそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/04

宿願、落胆、そして

先日の一次職集会には、久しぶりにフル参加をすることが出来た。集会には普段の戦闘とは違った、面白みが有るので、なかなかに楽しめた。スケジュール調整など、難しい面はあるものの、これからもなんとか参加していきたいものだ。

さて、私の当座の目標は、星のかけら二個入りの+7風ダマスカスを作ることである。
11/2には今期のカボチャ帽の全ステータス+4という効果が消え去ってしまうため、それを利用出来る内に鍛造だけは済ませておきたかった。が、10/31の時点で集まっていた鋼鉄の数は300個強。
これで五回の試行は出来るのだが、連星属性Lv3武器ともなると、この数では乱数の加減次第では、一振りも打ち上げられない可能性も高い。鋼鉄は露店で買ってくれば一番手っ取り早いのではあるが、やはり自分で使う物為に作る物の材料は自力で調達したい……と言う事で、手持ちの鉄と石炭を材料に、ちょいと製鋼。鋼鉄精製の成功率はあまり良くなかった記憶が有り、それが不安要素だったが背に腹は変えられないため、恐る々々実行。
その結果、210回試行して196個の鋼鉄を得た。成功率はもっと悪い物だと思っていたが、カボチャ帽の効果もあってか、まずまずの結果だったように思う。
オリデオコンも不足していたが、こちらは有り余っている原石を精製してもらい、必要数を確保。
旧ブラックスミスギルドにて、携帯用溶鉱炉を補充しつつ

これで確保できた材料は、ダマスカス鍛造試行八回分。
五月以来の久々の武器鍛造と言うことも有り、少々緊張。打ち始めから最初の四回分が失敗してかなり肝を冷やしたが、最終的には三本のダマスカスが完成、やれやれと胸をなでおろす。
全部失敗するのでは、と悪い予感もよぎったが

さて、問題はここから。いくら素体の武器があっても、精錬に失敗したら全てが水の泡。しかも私の作った武器は、過去の経験からすると何故か過精錬に弱いような節がある。
ここで、火曜日のメンテナンスの夜にアルベルタで行われる、蚤の市に足を向けた。ここには過去に精錬で何度かお世話になっている職人祭りを運営している方々が参加している事があり、その時には武器精錬のサービスを行っているからだ。
HPを見ると、2日はイベント開催日ではなかったようだが、職人さん自体は参加していて、露店の看板で武器作成と精錬の請負を宣伝しているのを確認。早速、昨日打ち上がった三本のダマスカスの+7までの精錬を依頼。
その結果……。
緊張の一瞬まさかまさかの

まさかの三本全てが+7に。流石は職人、腕が良い。

……などと喜んだのも束の間、この日のメンテナンスより、あろうことか星のかけら入りの武器の最低ダメージ保障が失われ、攻撃が必ず当たる効果が無い現状が、仕様となるという通達が出てしまった。
低Str高Dexな盗者が使う武器として、このダマスカスは作ったため必中効果が必要となる場面はそう多くない。が、他のキャラの場合には必中効果こそ必要とされる場面も多々あるはず。
それが無いとなると、製造成功率を大幅に下げてまで星のかけらを入れる必要も無いわけで、今までの苦労はなんだったのか、と少々愚痴りたくなる。

それでも、武器の性能自体はともかく、長年の目標としていた物がようやく完成したことには間違いない。これで心置きなくLv99、そして転生へと向かうことが出来る。
次のLvUPまでに必要な経験値は残り0.1%。この残りになってからだいぶ足踏みをしていたが、唯一の壁がなくなった今、終着点はもう目の前である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »