« 十月分告知 | トップページ | 二周目(easy(?) mode) »

2010/11/04

宿願、落胆、そして

先日の一次職集会には、久しぶりにフル参加をすることが出来た。集会には普段の戦闘とは違った、面白みが有るので、なかなかに楽しめた。スケジュール調整など、難しい面はあるものの、これからもなんとか参加していきたいものだ。

さて、私の当座の目標は、星のかけら二個入りの+7風ダマスカスを作ることである。
11/2には今期のカボチャ帽の全ステータス+4という効果が消え去ってしまうため、それを利用出来る内に鍛造だけは済ませておきたかった。が、10/31の時点で集まっていた鋼鉄の数は300個強。
これで五回の試行は出来るのだが、連星属性Lv3武器ともなると、この数では乱数の加減次第では、一振りも打ち上げられない可能性も高い。鋼鉄は露店で買ってくれば一番手っ取り早いのではあるが、やはり自分で使う物為に作る物の材料は自力で調達したい……と言う事で、手持ちの鉄と石炭を材料に、ちょいと製鋼。鋼鉄精製の成功率はあまり良くなかった記憶が有り、それが不安要素だったが背に腹は変えられないため、恐る々々実行。
その結果、210回試行して196個の鋼鉄を得た。成功率はもっと悪い物だと思っていたが、カボチャ帽の効果もあってか、まずまずの結果だったように思う。
オリデオコンも不足していたが、こちらは有り余っている原石を精製してもらい、必要数を確保。
旧ブラックスミスギルドにて、携帯用溶鉱炉を補充しつつ

これで確保できた材料は、ダマスカス鍛造試行八回分。
五月以来の久々の武器鍛造と言うことも有り、少々緊張。打ち始めから最初の四回分が失敗してかなり肝を冷やしたが、最終的には三本のダマスカスが完成、やれやれと胸をなでおろす。
全部失敗するのでは、と悪い予感もよぎったが

さて、問題はここから。いくら素体の武器があっても、精錬に失敗したら全てが水の泡。しかも私の作った武器は、過去の経験からすると何故か過精錬に弱いような節がある。
ここで、火曜日のメンテナンスの夜にアルベルタで行われる、蚤の市に足を向けた。ここには過去に精錬で何度かお世話になっている職人祭りを運営している方々が参加している事があり、その時には武器精錬のサービスを行っているからだ。
HPを見ると、2日はイベント開催日ではなかったようだが、職人さん自体は参加していて、露店の看板で武器作成と精錬の請負を宣伝しているのを確認。早速、昨日打ち上がった三本のダマスカスの+7までの精錬を依頼。
その結果……。
緊張の一瞬まさかまさかの

まさかの三本全てが+7に。流石は職人、腕が良い。

……などと喜んだのも束の間、この日のメンテナンスより、あろうことか星のかけら入りの武器の最低ダメージ保障が失われ、攻撃が必ず当たる効果が無い現状が、仕様となるという通達が出てしまった。
低Str高Dexな盗者が使う武器として、このダマスカスは作ったため必中効果が必要となる場面はそう多くない。が、他のキャラの場合には必中効果こそ必要とされる場面も多々あるはず。
それが無いとなると、製造成功率を大幅に下げてまで星のかけらを入れる必要も無いわけで、今までの苦労はなんだったのか、と少々愚痴りたくなる。

それでも、武器の性能自体はともかく、長年の目標としていた物がようやく完成したことには間違いない。これで心置きなくLv99、そして転生へと向かうことが出来る。
次のLvUPまでに必要な経験値は残り0.1%。この残りになってからだいぶ足踏みをしていたが、唯一の壁がなくなった今、終着点はもう目の前である。

|

« 十月分告知 | トップページ | 二周目(easy(?) mode) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/49934794

この記事へのトラックバック一覧です: 宿願、落胆、そして:

« 十月分告知 | トップページ | 二周目(easy(?) mode) »