« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/29

THE SEA

久々に参加する事が出来た一次職集会。SSを調べてみると、どうやら実に一年一ヶ月ぶりだったらしい。
お陰でLisa出身の方ばかりでなく、Sara出自の方でも初めてお会いする人が多く、自分が浦島太郎なことを痛感する。

今回、狩りに行ったのはイズルードダンジョン第五層。アマツの花錬祭の際に一人で突っ込んだことはあるが、新たに追加されていたポセイドンやセイレーンといった新規の敵は、こんなのはまともに闘うのは無理だろうと思われるほど強く、あっという間に全滅するのではないかと危惧していた。
が、やはり数の威力というのは凄い物で、13人構成ならば一次職でも、壊滅することなく普通に狩りが成立してしまうのは大したもの。
それでも、総勢で延べ十回近くは倒されてしまったのは、一次職のMaxHPの少なさ故、致し方ないところだろうか。
アルケミスト系統の三次職が作成する薬物を使用すれば、HP面はある程度解決できるそうなので、今度からは忘れず用意しておいた方が良さそうだ。
集合地にて乱戦激戦

戦闘開始から四~五十分程経ったところで、仕事に行く時間となったため、お暇させていただくこととなった。

皆様方、またの機会がありましたら、どうかよろしくお願いします。

―――――――――――――――――――――――――――――

さて。今回は個人的に嬉しく思ったことが一つ。

この日は初めて、Lisa出身の方と話をする機会があったのだが、その中にいつかどこかで見たギルドエンブレムを付けた方が。

それを最後に見たのは、SaraとLisaが分かれるマイグレーションの前、というと2004年の5月になるのだろうか。
当時は、自分の鍛冶士は武器を造れるほどには成長しておらず、属性短剣を手に入れるには、購入するか他のブラックスミスさんに製造をお願いするしかなかった。
そして、私が何度もお世話になっていたBSさんが、確か、そのエンブレムを付けていたのだ。

無銘になった今でも、その火ダマは私にとっての伝説の剣

もしやと思い、所属のギルドにそのお名前のBS系の方はいらっしゃるのかお尋ねすると……果たして、現在はメカニックとなって、最前線で活躍しているそうで。
もはや、二度とお会いすることは無いのだろうな、と当時思っていたのを振り返ると、感慨深いものがある。

この方に造っていただいた属性ダマスカスが無ければ、自分は今まで闘い続けられたかどうか。唯一+7になった火ダマは今でも現役で、自分に欠かせない武装の一つになっている。

いつか、お会いする機会が有るのなら、直接お礼を伝えられたら、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/24

再会を期して

前回はせっかく復帰していたのにも関わらず、一次職集会には出席できず。
今月こそはとは思うものの、出られるかどうかは当日の様子次第。
しばらく振りにお会いするsara出身の方々、そして初めてお会いするLisa出身の方々。今回こそは出席出来ることを祈りつつ、楽しみにしている。

―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv1次職集会 Part 96 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  5月 26日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有ります)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

使用キャラ紹介統合版

ROの歴史上でも一大イベントといえそうな、ワールド統合からすでに一ヶ月経ちようやく一段落、といったところだろうか。
私も、統合により倍加したスロットにキャラクタを何名か作ったので、今回はその紹介を。
ただ、以前のように紹介文をずらずら並べていくと、十キャラ以上も書かねばならないため、一エントリが長すぎになる恐れがある。
なので、詳しいステータスの確認には、ここか左に用意したリンクから飛べる、ROSNSのキャラクター情報を参照していただけると有りがたい。リアルタイム更新もされているようなので、正確でも有りますし。

なお、先日よりキャラクター変更システムが実装され配下のキャラの名前も確定したため、これを期に今までblog内では伏せていたキャラクタ名も、表に出してみようと思う。……決して、SSの名前の部分を一々消しこむのが面倒になったから、では無い。無いったら無い。

1st (空席)
2nd (空席)
3rd Name:ペラルゴン Job:アーチャー Lv:50/35
4th Name:ペラルゴン N.アシッド Job:マーチャント Lv:72/38
5th Name:カプリン Job:マジシャン Lv:50/35
6th Name:カプリン D.アシッド Job:マーチャント Lv:71/38
7th Name:トッド グラスグリーン Job:シーフ Lv:99/50
8th Name:アゼライン Job:パラディン Lv:86/50
9th Name:アゼライン N.ディオン Job:ホワイトスミス Lv:74/40
10th Name:セバシン Job:ナイト Lv:90/50
11th Name:セバシン D.ディオン Job:アルケミスト Lv:98/50
12th Name:トッド グラスグリーン Job:シーフ Lv:90/50

ともあれ、以上が現在、私の持っているすべてのキャラクタである。これまで以上に、歩みは亀の如く遅くなるとは思いますが、彼らを見かけたら、生暖かく見守っていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

Transport

ワールド統合を期に、久々にプレイ利用権を購入。今は久しぶりのミッドガルドの地を楽しんでいる。
……と言いたい所なのだが、ちょうどのタイミングで風邪をひいたり、仕事が忙しくなったりと、本格的な復帰とは言いづらい状態でいる。

そんな、少しの時間しか取れない現状ではあるものの、少しづつ倉庫の中身を動かしたりはしている。
今までのメインワールドだったsaraの倉庫がサブ倉庫に指定されたため、こちらが使えなくなるまでにはメイン倉庫に引越ししなければいけないからだ。もっとも、一年程度は倉庫並立状態は維持されるようなので、そんなに慌てる必要はないのだが。

……とは言うもののこの中身を見ると、どうにも気が重くなる。サブ倉庫が無くなるまでに、コレ、移し替え終えられるのだろうか……。

溜め込み癖のツケが回ってきた、の図

それにしても、この中身を見ていると、昔、大金を叩いて買った装備が今では大幅に値崩れしていたり、かと思うとペノメナcを取りに行った時に出たハズレのcがいつの間にかに変わっていたりと、驚くことが多い。

もうしばらくは腰を落ち着けて、今の世界の姿を見て回っておく必要が有りそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »