« R's period | トップページ | イレギュラー »

2012/12/20

Paradigm shift

先月末のRR化以降何から手を着けるのか、前回のエントリの時点では思案中であった。が、結局The Signクエストの続きから手をつけることにした。
The Signの終盤パートはニブルヘイムやグラストヘイム最下層等、遠隔地に行かねばならぬことが多いが、そのような場所への転送サービスが、今回のようなイベントには付き物。これを逃す手は無い。

これと10周年記念イベントで実装された期間限定クエストを並行して行っていったが、結果的に少しづつだが世界各地のマップを見て回れる機会を得ることにもなったのである。

そうやってRR化後の敵のいくらかと戦ってみた感想だが……とにもかくも敵のATKが上がったなぁ、と言うのが第一印象。
例を挙げれば、スリーパーからの被ダメージが500後半から700前後、デビルチからも600前後、サイドワインダーからは通常攻撃だと700ほど、属性攻撃からは2000近いダメージを受けた。他にも、ラフレシアが想像以上にタフになっていたり、油断していたらボーカルに半死半生の目に遭わされたり、と、今までの常識が通用しなくなった、と感じることが多々あった。

師匠が厳しくデビルチの帰還@時計塔昔はコイツから95%回避をするのが目標の一つだった

特に厳しいと感じたのは、ニブルヘイムのジビットと、グラストヘイム最下層に戻ってきたごっついミノタウロス辺りか。前者は以前はそう厳しい攻撃をしてこなかったと記憶しているが、今では2000以上ものダメージを与えてくる通常攻撃をしてくるし、後者に至っては3000台後半もの打撃をしてくる。二代目盗者のMaxHPは3600を少し上回る程度しかないので、これでは即死。手の施しようが無い。しかも、移動速度が非常に速くなっているので、それから受けるプレッシャーはかなりのものだ。

MaxHP3864の所に3811ダメ……どうしろと(汗)

彼等に比べればTheSignのイベント戦闘で相手にする、ダークロードの分身の方が幾分弱く感じられるほどであった。

昔はもうちょっと強かったような気がしたのだが……

このような僅かな範囲だが、ここまで見て回ったところから判断するに、この世界は一介の徒の盗者にとって、以前より少し暮し難いものとなってしまったようだ。
ただ、逆に考えれば挑戦のやり甲斐の有る場所も増えた、ととることも出来るかもしれない。
とりあえず、身の丈に有った相手を探すところから、やっていきますか。

|

« R's period | トップページ | イレギュラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/56354123

この記事へのトラックバック一覧です: Paradigm shift:

« R's period | トップページ | イレギュラー »