« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/28

捕らぬチョコルチの皮算用

先日から始まった、今年のホワイトデーイベントにて作成出来る、お菓子類は八種類存在する。
これらは名目上、プレゼント用として用意されているものだが、普通にアイテムとして使っても利用価値が有る。
そこで、イベント中に手に入るであろう材料から、どのお菓子を重点的に作っていくべきか考えてみる。

最初に、普通のチョコレートだが、これはクエストとして何度も作成する事になるため、自然に溜まっていってしまう。これは転送用の通貨、兼、他のお菓子を作成するための材料として考えた方が良さそうだ。ただし、この板チョコを使って作れるお菓子は、ホワイトチョコとチョコレートパイの二種類のみ。まずはこの二つを比較してみたい。

ホワイトチョコはHPとSPを50回復という性能。ホワイトチョコを一個作るには材料として白ポーションが三個必要であり、HP回復剤として考えるとちょっと割に合わない。半分程度の重量の青ポーション並のSP回復剤としてなら使い道は有りそうだが、下で述べるチョコレートパイと比較した場合、どちらが優れているのかどうか。
また、手作りホワイトチョコは、普通のホワイトチョコを材料として作る上、一定確率で作成に失敗しチョコレートの塊になってしまう。性能はただのホワイトチョコと同じで見た目が変わるだけ。これを作るかどうかは気分次第だろう。
ホワイトチョコは、ホワイトチョコルチがドロップするので拾った分だけ確保。手作りに変換するのに要る家庭用調理器具もドロップで入手出来るので、気が向いたら作り変える、という方針で。

チョコレートパイは、HP/SPをそれぞれ5%回復するというもの。使い勝手は悪くなさそうなので、余った板チョコは全てこちらの作成に回した方が良いかもしれない。
だが、これを一個作成するためには甘いカボチャパイ(1000z)が要る。幸い、甘いカボチャパイはチョコルチ・モカがドロップする。恐らくそれだけでは不足が出るだろうが、なるべく拾い集めて経費を浮かせたいところ。

次に、幸運シリーズの三種類(キャンディ、スティックキャンディ、クッキー)だが、これは通常のキャンディやクッキー等とまったく同じ性能の単なるHP回復剤のため、敢えて作成する必要は無いと思われる。

残るマーブルクッキー。HP/SPを2%回復する効果の他、今回のイベントアイテムでは唯一使用時にスキルが掛かる物であり、マグニフィカートLv1が発動する。たったのLv1とは言え、SP回復力が二倍になるという効果は、MaxSPが乏しい一次職にとっては、非常に有り難いものだ。単独行軍時にはもちろん、PT全体に掛かるこのスキルは、集会時等には特に効果的。今回拾えるカカオは、基本的にこのクッキー用の材料として使用したい。
ネックとなるのはコストで、一枚作るのに穀物(200z)と食用油(500z)が二個づつ必要になってくる。決して安い買い物ではないのだが、使用効果を考えると支払うだけの価値は充分あると思う。
ただ、これも作成に失敗すると、何か得体の知れない黒い物体になってしまう。材料費が高額なだけに、失敗率がどの位あるのか気に掛かるところである。

いったい、私は何を作ってしまったのか(汗)

その、菓子材料の主な補給手段となる、チョコルチカーニバル。バレンタインの時にはルート属性持ちだったチョコルチ・モカからそれが取り除かれ、タゲの混乱は有る程度緩和されると思われる。また、チョコルチ以外のモンスターの討伐によっても、バレンタインエッグが得られるようになったため、そちらの意味でも混雑が減ることも期待できる。
ただ、今回の新規アイテム、チョコドーナツを最初から作ろうとすると、必要とされるエッグはバレンタイン時のシュガードーナツの二倍。1000個もの数が必要になってくる。それに、エッグを集めるのに一番手っ取り早い手段は、チョコルチカーニバルであるのは変わりないので、バレンタインと同じ混乱が再来する可能性も否めない。
結局、時間を選んだ上で、人に迷惑を掛けぬよう細心の注意を払いながら、狩り集めるしかないだろうか。

なんだか、美味しそうな気が

ちなみに、このチョコドーナツ。バレンタイン時にチョコ材料を集めていた時に同時に確保しておいたエッグを取っておいたので、さくっと作成。こちらに関しては、イベント中、もう気楽に構えていられる。

もうこれで無理に集めなくて済む >エッグ

あと、今回のストーリークエスト。バレンタイン時とは違ってエッグが得られないため、行うのを敬遠する人も多いのではないかと予想している。とすれば、報酬である衣装装備も市場に出る量も減り、良い値がつくかもしれない。早めにこなして、素早く処分すれば思わぬ臨時収入となるかも……と考えるのは甘い考えだろうか。
ちなみに、もらえる衣装はオールドスターロマンスなのだが、これは一時期、自分が目標として追い求めていた物。

ウェスタングレイスの上からオールドスター

実用装備をしたまま、これを被って戦えるのは有りがたい、と思う反面、HSEを使って一応戦闘にも耐えられそうなレベルまで強化してきた事もあり、正直、ちょっと複雑な気持ちでもあったりする。

嬉しいような悲しいような……

さてさて。こうして計画は立ててみたものの、巧く事を進められるかどうか。まずは、カカオ豆60000個収集を目指して頑張ってみたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/25

Ham actor

一次職集会には、当日中に商人系キャラを集合場所に派遣して、案内看板代わりに露店を出しておくのが、私の常である。
今回はいつものシーフではなく、その看板露店の主、12thの商人で参加してきた。

参加者が十名を超えたあたりで、ちょっとした三文芝居を演じさせていただき、ポリンを殴ってみる。

不意打ち

実は、このキャラ、参加直前の時点でこんな事になっておりまして。

経験値調節は得意技

ヘタな芝居ではありましたが皆さんにはビックリして頂けた様で、その点では当初の目的は達成されたかな。と。

本題の、今回の集会の行き先は多岐に及んだ。

まずは丁度開催時間に当たった、GvTE。アンフローズン鎧を着用して行った為、凍結こそは免れたものの、エンペルームに突入した瞬間身動きできなくなり、数秒後には退場、といった事の繰り返し。恐らくスタンにでも掛かったのだろうけれど、一体何が起きたのか判らなかった……。

その次はGHの騎士団2F。 途中の1Fでの戦闘で、Job50に到達。集合時の時点ではJob経験値はLv49の73.2%だったので、まだしばらくJobは上がらない、と踏んでいたのだがそんな事は全く無く。RR化後の経験値効率は、自分が想像しているものよりも、まだ数段高そうだ。
目的地では、レイドリックやカーリッツバーグとの戦闘が主であったが、深淵の騎士やブラッディナイトの姿を見かける事もしばしば。 自分もオーラになった気軽さで、突っ込んでいったのだが、HP全快の状態から一発で倒される事、多数。
PT全体としては、危うい時もあったりしたものの全滅までは行かず、ある程度の緊張感を持って戦えそうな場所だ、と言う感想を持った。

BDS一発でKO

さらに次に転戦先に選んだのは、アルデバラン時計塔の地下。非常に強くなった、と専ら噂されるステムワームに会いに行くのが主目的だ。
その強さは、噂に違わぬもので、二体居れば一次職のPTを全滅させるには充分。結局、二度も全滅の憂き目に会ってしまった。

何処で何やって鍛えてきたんだ、あんたらは(汗)

ついでに、と足を伸ばしたB3Fでは主に、ハイオークと戦闘。こちらは敵の数も適度で、敵ATKも一次職のHPでも対応出来そうな範囲であり、PTで戦うには申し分の無い環境か、と思いながら進んでいったのも束の間。

今も昔も、高Lv一次職の良い相手

進軍途中、変に硬い手応えが有り、おかしいな? と思って敵の名前をよくよく確認してみると……。

何時の間にッ?!

まともに戦闘が出来ていたので、しばらく気づかなかったのだが、まさかのオークロード。
しばらくは均衡状態が続いていたのだが、奥の手(?)のアースクエイクを使われ、一瞬にして全滅する一次職PT。今回は、こんなオチが多かったような(汗)。

やっぱりMVPはMVPでした

この時点で、私は仕事のため、離脱。

今回も、有意義な集会でありました。またの機会が有りましたら、宜しくお願いします。 >参加者各位

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2013/02/22

毎度のことながら

当日、その時間になってみないと参加の可否が判らない、という状態ではあるのだが……間違いなく参加はしたい、という意思はあるので、毎度ながらの告知を。

―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv1次職集会 Part 105 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :   2月 23日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有りました。Idavollではまだルールは未確定なため、参加可能かどうかは協議が必要となるかもしれません)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/21

Chocoholic

今回のバレンタインイベントでは、最終日ぎりぎりまでチョコ材料の収集に勤しんだ。
その結果……メインどころか、サブ倉庫からもカカオ豆が溢れてしまう。

メイン、サブ共に満杯に

それに加えチョコレート作成クエストも頻繁に行っていたため、板チョコレートの完成品も4桁オーダーでの在庫が残ることに。板チョコは回復アイテムと使用しても微弱な効果しか得られないので、他のアイテムに変換しておく必要があった。
幸い、昨年のハロウィンの時に収集していた卵や、クリスマス時に使いそびれた装飾用リボンといった、材料に使えるアイテムが倉庫に残されていたのでこれを使って各種チョコレート菓子を作成することに。

ガラクタも時には宝の山に

まずは、これらの素材とカーニバル中に拾ったイチゴを使って、板チョコの消化に取り掛かる。
小麦粉や香酒、ミルクといった材料は追加して購入しなければならないが、ミルク以外はそれなりに値が張るものなので、これらの入手は最低限にしておきたい。また、手持ちの素材は後日必要になる可能性も考えて、全ては使い切らずある程度は手元に残しておきたい。
そんな条件下で作成出来たのは、チョコレートドリンク74個分に、チョコタルトが100セット分。そして、ストロベリーチョコが870個分。それでも板チョコは余ってしまったので、残りは手作りチョコの作成に回す。

調理中……

板チョコを消化するだけでイチゴは使い切ってしまったため、カカオ豆から改めて板チョコを作っても使い道がないと判断し、こちらは全てビターチョコの材料とした。こちらもホワイトデーで使用する可能性を考慮し、六万個の内、五万個を材料に使用。
結果、ストロベリーチョコ828個を始め、結構な数のチョコレート類を確保することが出来た。もちろん、それなりの数の失敗作も一緒にできてしまったが。
最終的には、元々所有していた在庫を加えると、1000個以上のストロベリーチョコや500個以上のビターチョコ等が手元に残る。

最終結果

アイテム効果的に考えれば、状態異常を回復できるチョコレートドリンクは、もっと生産した方が良かったのかもしれない。が、材料は小麦粉と香酒購入費(376,000z)を除けばほぼ拾い物だけで賄えた事、そして自己消費分の数は充分に確保出来たのを考えれば、個人的には満足。

さて、次のイベントは恐らくホワイトデー。今度は今回のように混乱が引き起こされないようなイベントになれば良いのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/15

Overdose of theobromine

バレンタインイベントも終盤戦に入り、バレンタインエッグやシュガードーナツの値段もどうやら値崩れしてきたようだ。
そのせいもあってか、混沌の場であったチョコルチカーニバルにも、秩序が出てきたように見える。
今日など、Gチョコルチと戦うことが出来たのだが、戦闘開始から倒しきるまで、割り込まれるどころか他の方の人影すら一度も見当たらなかった、という具合。

最初から最後まで1on1

おかげで、チョコレートの材料を落ち着いて拾い集められるようになり、収集効率が格段に向上している。
と言うか、ちと良くなり過ぎたと言うか……カカオ豆、倉庫から溢れた(汗)。

例年はこんなに手に入る事は無かったので油断していた……

例年だと、確保したイチゴの数だけストロベリーチョコを作り、余ったカカオ豆でチョコタルトや手作りチョコを作成、というのが定番なのだが、ここまで原料がダブつくと消化しきれそうにない。
カカオ豆の数に対してイチゴの数が絶対的に足りないし、手作りチョコは今年はチョコルチのドロップで相当数手に入れられるので、わざわざ作る必要はなさそうだ。
いつもは材料効率的に考えて回避していた、ビターチョコの作成を含めて、パターンを大幅に変える必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/13

装備増強'13

先月、発熱で苦しんでいた時期、数日間だけ熱が下がり普通に行動できた時があった。その合間をぬって、Windows 8 Proを購入してきた。1月末で優待価格での販売が終了してしまうので、駆け込みで確保したわけである。

とはいうものの、PC本体まで買い替えるような資金的余裕は無く、今まで使っていたPCにインストールすることに。
ただし、今までのXPの環境を消してしまうのは躊躇われたので、HDDを一基増設してそこに新規インストール。起動ドライブはBIOSで変更する事により、XPと8とを切り替えて使えるようにする、という力技に出る。
そのためかどうか、最初の内はあまり安定性はよくなかったのだが、ネットで情報を収集したりして対処したところ、なんとかそれも治まってきたようである。

なにぶん、三年以上前に組み立てたXP世代のPCであるため、新OSの能力を充分に発揮できる、とは言い難いのだが贅沢は言っていられない。しっかり動いてくれるだけでも御の字だろう。

グラフィックが低いのはG45チップセット内蔵VGA故に仕方なしか

とりあえず、これでこのPC、あと数年ぐらいは延命出来れば良いのだが……いつまで実用に耐えてくれますかどうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/10

Desert egg

先日より行われている、バレンタインイベント。自分が知る範囲では、プレイヤー間ではあまり良い評価は受けていないようだ。
本イベントでの報酬アイテムのシュガードーナツを集めるにはバレンタインエッグを集める必要がある。
そのエッグを集めるには、獲得数から考えると毎時0分から行われるカーニバルでチョコルチを狩るのが近道である。
しかし、これは敵を一定数倒すたびにエッグが与えられるという方式のため、攻撃範囲が広い弓手系キャラや高速の移動手段を持つキャラの方がどうしても有利になってしまったり、狭いマップ内で多くのPCが多くのmobを相手にするという構図になるためタゲが混乱しやすい、等といった点で問題が出ているようだ。

確かに、自分自身、他の方が倒そうとした敵を倒してしまい、気まずい思いをした事が何度かあるし、自分で認識していない内にやってしまった例も恐らくかなり有ったのではなかろうか。
これでは雰囲気が険悪な方向に傾くのも仕方ないかもしれない。

ただ、自前の銘入りアイテムを作れる、という点でバレンタインは毎年楽しみにしていたイベントなので、これで撤退してしまうのもつまらない、とも思ってしまう(男キャラの私がチョコ作ってどうする、というツッコミはひとまず脇にどけておく)。
そんな訳で、どうにか不快な思いをせずにエッグ500個を集められるのかどうか、試してみようと考えた。

カーニバルが開催される都市の内、イズルードは狭いマップなので同じmob数でも、遭遇密度が高くなり倒す数を稼ぎやすく、結果エッグも数多く得られる。しかし、同じことを考える人もまた多数居るので、人が集中してしまい事故も起きやすくなる……のだと考えられる。ターゲットの内、チョコルチ・モカがルート属性であるため、画面中に散らばったアイテムを目指してあちこちに動き回るのも混乱に拍車をかける。

以上のことを勘案して、イズルードと同時間にカーニバルが開催されるマップで、敢えて一番広い街であるモロクを選び、一回でどの程度エッグを収集できるのかを試してみた。

使用キャラはシーフでシーフカードセットを挿した弓装備。消費アイテムとしては矢の他に、転送用として板チョコレートを数回分用意した。チョコルチ討伐数が規定数に到達し次第、プロンテラに戻り報酬分のエッグを受け取り、同画面内に居る転送屋にチョコレートを渡し、即座にモロクへ復帰する、という算段である。

時間帯は、ある程度接続人数があると思われる、日曜日の午前十一時から。

Start

参考までに、以下がその時のリプレイファイルである。
「moroc_ch.ZIP」をダウンロード(圧縮後サイズ:562KB、圧縮前サイズ:1281KB、記録時間:00:38:14)

End

予想通り他に狩りを行う人も少なく、どうにかよそ様には余り迷惑を掛けずに30分間狩りきることが出来たのでは、と思いたい。
収穫はというと、バレンタインエッグの収集数は30分間の戦闘+チョコレート作成の1個を加え合計38個。実際には、一度チョコルチ討伐クエストを請け負わないまま出撃してしまったため、あと5個は上乗せできるだろう。と、言うことでモロクでのカーニバル一回で約40個前後のエッグが得られそうだ。
チョコルチが持っていたアイテムは極力拾っていったため、カカオ豆600個以上を始め、ミルクやイチゴなどの材料品、手作りチョコやストロベリーチョコの完成品も多数入手。こちらも上出来である。

さらに、同アカウントに別のキャラクタが居れば、この拾った材料を元にミルクを少々買い足して、チョコレート作成クエストを行わせる事で、キャラクタと同数のエッグが獲得できる。全キャラスロットが埋まっているならば11個だ(同時に、転送用に用いた板チョコも元を取った上、お釣りが来る)。

これで計約50個。一日に一回だけこのセットを行ったとしても、十日で500個を集めきれる計算となる。

今回のイベントは1/29~2/19の約21日間。つまり、わざわざ事故が多発しそうなイズルードに出向かなくても、充分にドーナツは自力入手できる……という結論になる。

―――――――――――――――――――――――――――――

……ただし、これはあくまでも結果論。ドーナツを是非とも欲しい、と思っているのにまだ未取得であるなら、気が急いて落ち着いて考えることは難しいだろうし、同じ獲得できるにしても一日でも早く手に入れたいと思うのは人情だろう。
また、イベントも後半戦に入っており、既にエッグ集めを止めた人も相当数いらっしゃると考えられるので、イベント前半で今回と同じようにスムーズに狩りができたかどうかは未知数である。
さらに、エッグやドーナツは手っ取り早い資金源にもなっている現状、兎にも角にも効率を最優先する人も、少なからず居ることだろう。

運営者側も、想像力が足りない点が有ったのは恐らく間違いないと思う。ただ、自分も含め、プレイヤーももう少し心の余裕を持った方が良いのでは……と、そんな事をふと考えさせられる結論であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/08

Invited by bitter taste of theobromine

先月熱を出したため、しばらくおとなしくしていた私。
それでどうやら治まったようだ、と勘違いしたのが運の尽き。
普段通り動けたのはわずか三、四日のみで、また熱がぶり返してしまった。
その熱も今度こそ本当に治まったようなのだが、今度は咳が止まらない。
熱が出ている時とは違って、身体を動かしてもだるくはないのでその点は助かるのだが……やはり、自分ももはや無理が効く歳ではないのだなぁ、と痛感する。

そんな状態ではあるものの、ROには約一か月ぶりに本格的なログインを再開。
目的は、バレンタインイベントで配布されている、下段頭部装備のシュガードーナツの獲得である。

ただ、そのためにはバレンタインエッグなる物を集める必要があり、その数、実に500個。少しばかり骨の折れる数である。
確かに、周りから聞こえるのはとにかく苦労したorしている、という話が多いようだ。
自分はというと、活動時間が人の多い時間帯からずれているのが幸いしたのと、カーニバル中の町でしばしばチョコルチ討伐PTに加えさせていただけたお蔭で、比較的良いペースで収集する事ができた。
ちなみに手持ちのキャラクタだと、シーフカードセットの移動速度増加効果と、ルートのためタゲを取りにくいチョコルチ・モカを狙い撃ちできる射程5の弓が使えるシーフ、もしくは、ペコペコ+ブラッドアックスでの高機動力を持ったナイトが、比較的良い効率で討伐を行えるようだ。
こんな時に射程5が生きる皆で一斉に

また、このカーニバルの合間には、各人にチョコレート10個を作らせて、作成クエストの報酬としてのエッグも得る。これは一時間に一個しか貰えないので、自分の配下のキャラ、十名すべてで行っても10個しか手に入らない。だが、こういった地道な作業の積み重ねは意外と莫迦にはならない。材料はカーニバル中に拾ったカカオで賄えば経済的でもある。ミルクは拾った分だけでは恐らく足りなくなるだろうが、これ位なら買ってもそう大した額にはなるまい。さらに、作ったチョコレートは遠隔地の転送にも利用できるので、手作りチョコ等に加工しなくても有効に活用できる。
出来損ないもある意味貴重品?

さらに、今回のストーリークエストでは報酬として15個のエッグが得られるので、これも配下のキャラ全員に行わせて合計150個を確保。
クララさん、実に男前だった……

結局、五日間で500個を集めきることができ、無事にシュガードーナツを頂いた。

貰えるものは貰っとけ

……と、ここまで労力を掛けて取得したものではあるのだが、自キャラの頭部下段装備は、街では草の葉か花びら、戦闘時では以前手に入れた、お口の恋人ガムがデフォルトなので、有効に使える場面が見当たらない。
まぁ、頭部装備のコレクションも自分の楽しみ方の一つであるので、これはこれで良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »