« 転生せずとも | トップページ | ひっそり »

2013/05/20

次元と極限の向こう側

ここ最近、ROに大型アップデートが実装される、と聞いても以前のようには、期待で胸を躍らせるようなことは殆どなくなってきてしまっている。要求Lvが100以上とされる実装要素が多いため、挑戦すらさせてもらえないからだ。
もっともこれは、自分が、三次職を一人も持っておらず、しかもメインキャラが未転生の一次職、という自分の方に多大な原因があるのだが。

そんな訳で、今回のエクラージュアップデートにも、大した期待は持っていなかったのが正直なところ。

だが……エクラージュ実装と同時に開催された「異世界マスター」のイベントの公式ページを見て、少しだけ気を取り直した。
今回のパッチで実装されたクエストの要求Lvは99以上、であるらしい。つまり、未転生であろうが何であろうが、手を出す事だけなら可能らしい。
ならば、途中で勝ち目のない敵に行く手を阻まれるかもしれないが、とにかく当たって砕けろ、行ける所まで行ってみろ、である。

さて、先述のイベント。エクラージュを含めた、異世界での各アップデートでの主要クエストを攻略すれば、それぞれに対し別途に報酬が与えれる、というものらしい。

この五つの課題の内、「三ヶ国の報告書」と「猫耳と尻尾の男」の両クエストは実装当時に既に完了させてある。

報告完了済チェシャー正体、判る日は来るのだろうか


最大の難関になると思われるのが「守護者」クエスト。異世界mobがひしめき合うダンジョンを突破した上で、MVPmobに勝利することが必須条件等という、自分にはほぼ不可能なもの。
しかし幸いにも、これは以前に攻略PTへの参加のお誘いを受けており、クリアする事が出来たのである。

激闘撃破司令官、すみません……

本当に自分には過分な知人の方々に巡り合えた幸運を感謝するとともに、こんな戦力にもならない自分をお誘いして頂いた、織絵姉さまを始めとした攻略PTの方々に、この場を借りて改めてお礼を申し上げたい

「紫色の竜」も普通であれば、「守護者」と同じくダンジョン攻略&MVP撃破が必要なのだが通常ルートとは別に、戦闘が不要なショートカットルートが存在している。
このルートを利用するとクリア報酬の経験値が半減してしまうが、こちらは既にLvUPとは無縁の身。ありがたく使わせて頂き、さっさとクリア。

歌は苦手だけれど音痴ではなかったようで一安心守護者の証

そして、今回の本題であるエクラージュでのクエスト。ここでは「エクラージュの王」と「悠久なる絆」の二つをクリアする必要があるようだ。
公式ページでの案内によれば、かなりの種類のアイテムが必要になるということだったが、倉庫を漁ってみるとほとんど揃っていたりする。足りなかったのは、今回のパッチで新規に実装された、ほこりの塊と落ち葉のしおりが各20個。(ちなみに、実装当初には、必要個数が10個づつと案内されていたため、後で慌てる羽目になったのはここだけの秘密)。
こればかりは、当地のmobを倒して手に入れるしかない。覚悟を決めてビフロストタワーへ。

ほこりの塊をドロップするチェネレに対しては、普段使っている装備でも辛うじて95%回避が達成できるようで、初見でも撃破が可能だった。ただし毒属性攻撃と暗闇攻撃を喰らうと、敗北は必至。そのためアルギオペc鎧とデビルチc兜を用いてこれらの危険性を除去。またダメージ軽減のためペノメナc楯でダメージを抑えることで継続して戦闘することが可能になった。

ただのホコリも異世界では強敵に

落ち葉のしおりを持つ毀損された古書は、通常装備では回避が足りないようで歯が立たなかった。ただ、ここで終わるわけにはいかないので装備を変更してこれに対抗。
アクセサリにはFlee+12が付加されてたエルディカスティスの光と猛獣の鈴をそれぞれ装備。さらにシュバルツバルド産おやつを食べて、Fleeを400台に乗せることで、ようやく95%回避に近いレベルまで上げられたようだ。

もちろん、こちらの攻撃力はかなり低いので、どちらも一体倒すのに一分以上もの時間がかかるし、一対一でなければ勝ち目はなくなるので、安定して狩りが出来る、とは言えないのだが、それでもどうにか必要アイテムをそろえる事が出来たのである。

Flee400over!

ちなみに、同じくビフロストタワーに居る、ヴァッサー・リヒルテン。こちらは一体も倒すことが出来なかった。コールドボルトやフロストダイバー等のスキルが強力なため、ほぼ一撃で倒されてしまう。また、かなり回避力が高いようで、Hitが378あってもほとんど攻撃を当てられず。
もし、倒す必要があるならば、Cri武器を使うなど特別な対策が必要になるだろう。
しかし、まがりなりにも一人でもアイテム収集はできたので、一次職集会等のパーティで戦うならば、面白い存在にもなり得るかもしれない。
もちろん、エクラージュフィールドに行くには異世界クエストの完了が条件になっているので、集会での目的地とするには少しハードルが高いかもしれないが。

姿かたちで判断したらあっという間にこのざまに

こうして必要アイテムが揃って、本題のクエストの方であるが……実装してまだ日も経っていないので、詳細については割愛させて頂こうと思う。
ただ、物語的にはなかなか心を動かされたので、体験しておいて損は無いかと思われます。ただし、要求Lvはどのクエストも99以上であるので、三次職になっておかないと経験値がほぼ無駄になってしまうのが難点であるのだが。

クエスト自体は完了したものの……事件は終わってはいない苦難の道を進んだ先人に、少しは報いることが出来たのだろうか

ともあれ、これにて異世界マスターの要件は達成。追加報酬が与えられるという、明日が来るのが楽しみだ。

五つの報告、すべて完遂

|

« 転生せずとも | トップページ | ひっそり »

コメント

トッドさんのことだから、クリアしてれば
きっと記事にするとおもってましたよ。|ω・+)キランッ

投稿: 織絵姉 | 2013/05/22 12:01

> 織絵姉さん
やっぱりお見通しでありましたかw。
こういった大きなネタはエントリ立てずに置く手は無いですからねぇ。

ともあれ、先日お誘していただいたお蔭で、こうやってイベントクリアすることが出来ました。重ね重ねお礼を申し上げますm(_ _)m。

投稿: Tod | 2013/05/23 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/57425310

この記事へのトラックバック一覧です: 次元と極限の向こう側:

« 転生せずとも | トップページ | ひっそり »