« ダウン回避 | トップページ | 次元と極限の向こう側 »

2013/05/07

転生せずとも

いろいろとバタバタしていて大分遅くなってしまったが、前回の一次職集会での話を。

今回行ったのは、マラン島の星明りの珊瑚礁。
印象としては、とにかくワイルドライダーの攻撃の当たりにくさ。皆して空振りしていた姿が、目に残っている。
ここの主要mobであるシオラバやレッドエルマはノンアクティブであるため、普通に歩く分には良いのだが、リンク属性持ちであるので、まず一発殴のに勇気が要りそうだ。集会の時のように多人数であればそこまで気にはならないが、単独時に、特に自分のような攻撃力の低いキャラであるなら、あっという間に袋叩きにされそうだ。

空振りの嵐リンク&リンク

さて。珊瑚礁から一旦帰還した我々を待っていたのは、攻城戦TEを終えて待機していた織絵姉さんと、その報告。「砦確保したので、ギルドダンジョンを見にきませんか」と。

めったにない機会であるので、賛同した一同だったが、ギルドダンジョンを利用するには砦を所有するギルドに所属する必要が有るので、元々各自のギルドに加入している人や、自らがギルドマスターだったりする人はどうするか、等で出発時にちょっと手間取ったりする。

話を聞くと、このTEのギルドダンジョンにはMVPBOSSとして、スーパーノービスのDOPが存在するらしい。どうにか一目見ようと、潜入したのだが……。

入ったとたん、敵に襲撃されて死者が出るという始末。ここの敵はどうやら、リヒタルゼン生態研究所の第三層の上位二次職DOP達の、転生前の姿、というコンセプトらしい。
姿こそ未転生ではあるものの、その脅威度は非常に高かった。敵が一~二体であるなら、こちらも数に頼った攻撃で対応することも出来るのだが、四~五体ともなって来ると手に負えず。
結局、恒例の(?)ほぼ全滅という結果と相成った。

熱烈歓迎兵どもが夢の跡

そんなところで私は、仕事のためにお暇させていただいた。

ギルドダンジョンにお招きいただいた織絵姉さま、そして一緒に遊んでいただいた皆様方、どうもありがとうございました。
また次回以降、参加できる機会が有りましたらよろしくお願いします。

|

« ダウン回避 | トップページ | 次元と極限の向こう側 »

コメント

いえいえ、楽しんでもらってなによりです。

ほんと良いタイミングで確保できてよかったです。(*´∀`*)

ADは城主のギルドしかはいれないのが
難点なんですよねぇ。

ギルドを抜けずに招待できたらいいんですけど。
(招待券かなにかで、使ったら入れるとかねぇ。)

将来的には、深淵の回廊ってのがくると、
一般でもはいれるようになるようです。

βプロジェクトなるものをやるようで、
そのあとぐらいなんですかねぇ。

投稿: 織絵姉 | 2013/05/08 01:01

> 織絵姉さん
お返事遅れてしまい、申し訳有りませんでしたm(_ _;)m。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
気軽には訪問できない場所ではありますが、それだけに希少価値は有りますねぇ。

βプロジェクト、コンセプトとしては確かに面白いのですが、自分でやろうか、と思うかと言われれば……う~む、ですねぇ。

まぁ、あの時代を忠実に再現したとすると、自動操縦なキャラが無数に跋扈しかねn(ポリンヅマリ)

投稿: Tod | 2013/05/14 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/57332581

この記事へのトラックバック一覧です: 転生せずとも:

« ダウン回避 | トップページ | 次元と極限の向こう側 »