« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/29

十一月分

明日は定例の一次職集会……なのだが。何時もの事ながら出勤時間の関係上、出席できるかどうか微妙な上に、今回は少し喉が痛んだりetc.ちと調子が怪しかったりする。
アドベンチャーズタワーに挑戦できるまたとない機会であるし、ちょうどRO11周年のカウントダウンに重なる時間帯であるので、ぜひとも出席したいところなのだが……はてさて。

―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv1次職集会 Part 114 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  11月 30日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有りました。Idavollサーバにおいても参加者の中から異議がでないようであれば、参加する事も可能だと思われます)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/26

Red Cap

今月のコスチュームミッションは、「スポア帽」に「やる気のないタヌキ」、そして「姿勢矯正帽」という中々にマイナーなラインナップ。
それだけに、手持ちの材料で作れたのはタヌキのみで、他の物は材料不足。
これでは装備の作成にはドラモマシーンに頼る他は無いのだが、先月の天使の羽耳の時にも苦労したように、このマシーンでの装備作成は一筋縄では行きそうに無い。

……と思っていたのだが、さにあらず。スポア帽の課題は二回受けたところ、その二回とも作成に成功してしまった。どうやら、今回は依頼さえ達成してしまえば、100%装備がもらえたようだ。

15分程で依頼達成

拍子抜け

また、姿勢矯正帽の方も、材料の手持ちの少なさでネックになると思っていた、ブック[3]の作成も一発で成功。その後の、矯正帽作成の試行こそ五回ほど失敗した物の、材料は(リンゴ+矢)*20という簡単な物だったため、消耗も最低限で済ませられた。

もっとも、一回につき10kzの消費はちと痛かった

そんな訳で、今月は気が抜けるほど簡単に全部の装備を完成させることが出来たのだが……逆に、溜め込んでいた材料が高価で売りさばけるのではないか、という期待はあっさり覆されることになった。

宝の山、だと思っていたのが

世の中、中々巧く行かない物である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/11/11

本物の耳

現在ROはLvUPイベントの、ディメンジョンダイバーの真っ最中。しかしながら、うちの配下のキャラには、これに適応出来そうなキャラが不在なため、早々に不参加を決め込んでしまった。

余った時間をどうするべきか、と思案をめぐらせて居るときに思い当たったのが、前回のエントリで作った[衣装]妖精の耳を装備させた、4thこと二代目盗者。
どうせだったら、本物を装備させたいが現状ではLv不足。が、そのための時間は今ちょうど出来たところ。
そんな訳で、この一週間ほどの間はこのキャラの育成に費やしていた。
ただ、思い立った時点のLvがBase32/Job22とかなり低かったため、今までの主武装である角弓や各種Lv4短剣が軒並み装備できず、最初から苦戦するのは目に見えていた。そもそも身の丈に合った狩場も判らないため、色々と調べながら戦ってみることに。

有りあわせの武器で

まずは、オークを相手に数Lv上げて、とにかく主武装を使えるようにする。

Lv4短剣解禁

これでようやく錐が持てるようになったため、ゴーレムやウドゥンゴーレムを倒して、とにかく経験値を、特にBaseを重視して稼いでいった。最初のうちはかなりテンポ良くLvが上がって行ったのだが、Lv50台中盤辺りになってくると、単調なせいもありそれも面倒くさくなってきた。

モロク→での戦闘はヒヤヒヤ物
こんなJob経験値でもたまには上がる

何か良い手はないかと思案したところ、The Signクエストを第三部の途中、経験値を得られる時点で止めておいたのを思い出した。
ならば、と思い記録を見返してみるとこれ以外にもいくつか、経験値入手直前で止めていたり、全く手をつけていないクエストが有るのを見出せた。特に、冒険者アカデミーのポリン団関係と、シークレットストーリーが両方手付かずだったのは助かった。どちらも複数話構成になっていて、段階的に取得経験値が増えていくので、経験値溢れが起こる可能性がそれだけ低くなるからだ。

一年近くご無沙汰でした
ニブルヘイム屋外での会話は危険すぎ

可能なところはクエストの回集経験値でLvを上げ、オーバーフローを起こしそうなときは戦闘で調節し、どうにかモンスターサイドストーリー完了時とThe Signの終了時の大量の報酬も余さず回収することに成功。

一挙2LvUP
依頼達成に一年も掛けてスミマセン

仕上げに、アカデミー関連の二つのクエストを最初から最後まで完走させ、とりあえずの目標だった妖精の耳の装備Lv、70を突破することが出来た。ポリン団はともかく、シークレットストーリーの方は各都市間が移動距離が長かったり、危険なマップへ行かねばならなかったりするため、丸二~三日を要した上に、デスペナ一回もらってしまったが仕方ない。私は、手を抜くためならどんな労力も惜しまないのだ。

あと一歩で帰れたのに……
Jobの大半は彼らに貰ったようなものか
ようやく耳も装備できるように

せっかく作った衣装の方の妖精の耳は、結果的に数日使っただけで御役御免と言う事になってしまったが……いつもの通り、細かいコトは気にしない。

今回気になったのは、マップ上での移動速度の遅さ。普段、シーフカードセットやブラッドアックスを装備したキャラクタばかり使っていたので、デフォルトの速度には耐えられない身体になってしまったようだ。昔は、この速度であちらへ行ったりこちらへ行ったりしても、まぁ仕方ないと納得していられたのだが……やはり便利な物に慣れてしまうと、もう後戻りは出来ないものか。
手持ちのシーフセットは、アクセサリがコンチネンタルガードの印象であるため、これが使えるようになるのはLv80からである。これを装備できるようにするのを、とりあえずの次の目標としようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/01

Gaia's bless

先週のドラモマシーンのお題はガイアス300体の討伐だったが、経験値稼ぎも兼ねて、ガイアスに相応したLvのキャラで行ったため、一週間で消化できたのは十セットに止まった。
何回繰り返しても報酬はグレイトネイチャばかりで「やっぱりこんなものか」と思いつつ差し掛かった終盤、九セット目。ようやく当たりが出てくれた。

徒労に終わるかと思ったら

この報酬以外にも、ガイアス自体が妖精の耳を二個もドロップしてくれたし、カードまで頂けた。3000体倒しての結果だと考えれば、充分すぎるリターンを得たと考えて良いだろう。今回はガイアスと同様にミストやマーティンも相当数倒したのだが、彼らがカードを出さなかったのは僥倖だった。こんな場合にはハズレカードの2~3枚は拾ってしまうのが常だったのだが。
ただ、このように変に運が良かった後には、ゲーム内外で不運に付きまとわれたりするのが常であるので、しばらくは用心する必要がありそうだ。

それにしても、こんなにガイアスを狙ったのはいつ振りだろうか。1stの育成初期に、モロクの東にあった蟻地獄ダンジョンでビタタc目当てに籠っていた時と、中盤~後半辺りになって世話になったミョルニル廃坑第三層で、スケルワーカーを倒す合間に狙っていた時以来だろうか。
廃坑と言えば、ミストの脆さにも驚いた。今回戦ってみたところ、素殴り三発で倒せてしまって大分拍子抜け。昔は結構タフだったので、大分悩まされたものなのだが……。

さて、今回得た妖精の耳三個の内、一つは天使の羽耳の作成に使ったのは、以前のエントリに記したとおり。
残りは売ってしまっても良いのだが、将来これを装備させるつもりの4thが、まだ装備制限Lvに達していないため、彼に装備させるため一つは衣装化してみようと思いついた。
妖精の耳は、常時エクラージュにて衣装化出来るが、装備本体のほかにいくつかアイテムを必要とする。この内宝石類と水晶鏡はNPCが販売しているのですぐに手に入れられるし、スプレンディッドコインも溜め込んでいるのでこちらも心配なし。

お使いなどしてちまちま貯めた結果

問題なのは、妖精の魔法の粉。これはビフロストの敵がドロップするので、自分のキャラクタでは入手はかなり難しい。
仕方ない、玉砕覚悟で取りに行くか……と覚悟を決めて準備をしはじめたのだが、その時なぜかカートの中に、今から取りに行くはずの妖精の魔法の粉が入っているのに気が付いた。
なぜ、こんな物を持っていたのか、と不思議に思ったが、良く考えてみると何の事は無い。以前織絵姉さん達に霧の森攻略に誘われてお供させて頂いた際拾ったものを、記念品代わりに取っておいたらしい。自分の収集癖も、ここまで来るとあきれるばかりである。

実質、ついていっただけ(汗)

それはともかく、材料は揃ったので、無事、作成完了。

ちなみに、余っていた花びらも同時に衣装化

思わぬ充実した一週間となったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »