« 三月分 | トップページ | 四月分 »

2014/04/18

限界未達

先日寄ってみた蚤の市にて織絵姉様に、今ROの公式サイトが日記キャンペーンやっているので、何か書いてみませんか、というお誘いを受けた。

とは言うものの、私は三次職のキャラを持っていないため、自動的にテーマ1と2のお題は自動的に対象外。すると、どうしてもテーマ3、キャラクターの育成、と言う事になるのだが……無いネタをどうにか捻り出して、何か書いてみようと思う。

―――――――――――――――――――――――――――――

自分は見た目や愛着等の理由で、一次職を主に使っているのだが、現在主に使用しているシーフハイは、それに加え「いかに低いJobLvで、どこまでBaseLvを上げられるか」と言う縛りで育てている。
何故かというと、彼は生涯、シーフハイとして通すつもりなので、Jobが50に達した後は、いくらJob経験値が手に入っても無駄になってしまう。それならば……という捻くれた理由。

そのため、倒せる敵はごく一部、持っているBase経験値に比べJobのそれが非常に少ないものに限られてしまう。
この制限のため、錐を装備出来るようになったBaseLv36以降は、ターゲットをゴーレム => ウドゥンゴーレム => オットー、およびシーオッターと遷移していき、BaseLv80前後から90台前半となった現在では、スタラクタイトゴーレムを専ら倒している。

モロクの現身に怯えつつかつてはウンバラDで苦しめられたのも今や良い思い出

R化以前の物理攻撃一次職の友現在ではラヘル南でコイツと戦闘中

使える時にはクエストも交えて

しかしながらこのLvになってくるとスタラクタイトの経験値でも、多少物足りなくなってきてしまったため、狩場のランクアップを考える必要が出てきた。しかし、Job/Base経験値比が非常に小さい敵となると、おのずと種類は限られてしまう。
ざっと思いつくのは、ラーヴァゴーレム、アポカリプス、そしてブラディウムゴーレムといったところか。
これらの強大な敵相手に、一次職、しかもStr26+4という非力なこのキャラが相手取ることが出来るのか。

百聞は一見にしかず。考えているだけでは仕方ないので、ともかく一度は実際に彼らと戦ってみることにした。有り難い事に、Defが高い彼らには他のゴーレム系統の敵同様、錐が良く効く。武器はこれ一振りで行けそうだ。

まずはラーヴァゴーレムだが、火属性服さえ着ていれば、思ったより大ダメージを受ける事がなく、候補にした三つの敵の中では一番楽に倒せた感触が有る。
しかし、ラーヴァゴーレムが居るノーグロード第一層には他にカホやブレイザー、エクスプロージョンといったアクティブモンスターが多く、ラーヴァ自身もブレイザー二体を取り巻きとして召喚する。そのため、常に三体以上の敵と戦うことになり、結果、押しつぶされて倒される可能性がかなり大きい。しかも武器破壊される可能性も高いため、狩場としては安定して戦えるとは良い難いものがある。

30分でまともに戦えたのは数体程度……

次に、アポカリプスだが、これに居る場所はジュピロス遺跡の第二層。つまりヴェナートがうじゃうじゃいる第一層を通り抜けなければ、戦うことすら出来ない。
運よく通り過ぎれば、アポカリプス自体はノンアクティブなため、アークダムが居ないところであれば、落ち着いて相手を定めることが出来る。
だが、スキルはブランディッシュスピアに自爆と、即死級のものを持っている。自爆対策に火属性服を着ていけば、今度はダークサンダーで吹っ飛ばされる、と対処が難しいものが揃っている。以上を考慮すると、アポカリプスは除外せざるを得ない。

調子に乗って戦ってたら……Bomb!!

残る、ブラディウムゴーレム。コイツはいつもの装備では、通常攻撃一発でこちらの最大HPを上回るダメージを叩き出してくる……即死である。
ただ、プパc挿し服とペノメナc盾を装備すれば、即死は回避できるようになる。攻撃速度が下がり、倒すまでの時間は長くなってしまうがこれは致し方ない。
一番多く配置されている場所も、連合軍駐屯地から二マップ離れているだけで悪くはないし、障害になる他のアクティブモンスターも、ノーグロードのように多すぎるという事もない。
もちろん、ペノメナc盾が有っても、二連続で殴られれば死亡の危険が有るし、スタンを喰らえばやはりこちらも死亡は必至。気を抜くことはできないが、狩場として一番機能しそうなのは、単体の敵としては一番手ごわいと思われたこのブラディウムゴーレムのようである。

例え一次職の身であってもこの位はやってみせる!

現在JobLvは49で、しかも50%を超えてしまっているので、JobLv50になる前にBase99に到達できるかは微妙な情勢だが、とりあえず行ける所までは行ってみようと思う。

口が裂けても、強いとは言えないキャラクタの育成ではあるが、こんな感じに自分なりの楽しみ方を探してみるのも、面白いのではないだろうか。

|

« 三月分 | トップページ | 四月分 »

コメント

LV上げ以外にも、自分で制限設けて
遊ぶってのも、ROの楽しみ方の一つですよねぇ。

私が記事にしてもいいんでしょうけど、
それをずっとやってきてはるトッドさんのほうが
説得力あるとおもってたんで、応募しはりはったら?
と勧めてみました。(ノ´ω`*)

今度の土曜日は高LV一次集会ですし、トッドさんの記事を
きっかけに、興味もってもらえたらうれしいですねぇ。(*´∀`*)

投稿: 織絵姉 | 2014/04/22 00:10

> 織絵姉様
どうも、お返事が大変遅くなり申し訳ありません m(_ _;)m。

自分の場合、シーフで頑張ってきた時間が長すぎたため、縛りを入
れての遊び方と言うよりも、Lv99が終着点、Lv100以降は余禄のよ
うなもの、という意識に囚われているだけなのかも、です。

集会への参加も、なかなかままならない状態ではありますが、同好
の士が増えてくれるのならば、ありがたいものです。

投稿: Tod | 2014/05/02 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130573/59491417

この記事へのトラックバック一覧です: 限界未達:

« 三月分 | トップページ | 四月分 »