2014/01/22

制限未達

年末から年始にかけて、そして今現在までもそうなのだが、仕事の影響でなかなかログイン時間を取れていない状態が続いている。
それでも暇を見つけては、季節イベントなどは辛うじて消化出来ている。

XMasイベントでは、二年分溜め込んでいた未包装プレゼントボックスを全て製品化出来たり、未取得のペットを何体か新たに入手出来たりと、良い結果が得られたのだが、

二年前は休止中、一昨年はラッピング不可の結果他にはソヒーとデビルチ、バフォ.Jrを獲得

新年イベントの方は、配下のキャラ総出で集めた新装備のまねき餅花が、目標にしていた+7に届かず+6止まりになってしまう等、幸先の悪い年の始まりになってしまった。

頑張って集めたのにこの仕打ちである

イベント以外においては、二代目盗者がBaseLv90に到達。

Jobを抑える為に

これにより、JobLvを成長させないよう低く抑えていたこともあり、終了直前で留め置いていたシドクスクエストの経験値もBase、Job双方ともに満額受け取れるように。
さらにこの後に続く一連のクエストも進行可能になり、大統領クエストの第二部までの経験値を回収完了したところまで行ったところで時間切れ。

一年以上前の死亡者の報告で一日で失脚して復活した大統領

こうしてようやく彼もLv90台に育ってきたのだが、実は高レベル一次職集会への参加要件を満たしていない。なぜなら、以前の12th商人と同様に、JobLv50に達していないからである。

という訳(?)で、今月の集会の告知である。
―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv1次職集会 Part 116 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :   1月 25日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting

集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有りました。Idavollサーバにおいても参加者の中から異議がでないようであれば、参加する事も可能だと思われます)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/25

外道

先日のメンテナンスで終了した釣りイベントだが……予想通りというか何と言うか、大したものは得られなかった。
所有していた4.5k個弱のジェムでは飽き足らず、1k個ほど追加購入したのだが、それでも。
手に入った中で辛うじて高級品と言えそうな物は、宝箱が一個にファイアーブランドが一振りくらい(折角出たこれも、スロットエンチャントに失敗して電子の藻屑に)。もちろん、衣装は満月ですら一個も釣れずもちろんカード等も手に入るべくも無し。
他に出た非売品の装備品と言えば、ジェントルマンの杖三本にバトルフックが二本、プレート[1]が一領とアドベンチャースーツ[1]が多数、と言ったところだろうか。

今回の最良物品

救いは、杖とフックをSEに掛けたところ、フックが一本壊れた以外は全て成功したことと、その杖を製錬した結果なんとか+7が一本出来上がった、といったところか。

この後、ファイアーブランドは爆発四散しました;

カードは何を挿すのが正解なのか……ちと悩み所

クジ運の悪さはもとより自覚はしていたが、こう露骨に結果として表れてしまうと、なかなかに凹むものが有る……(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/21

Chocoholic

今回のバレンタインイベントでは、最終日ぎりぎりまでチョコ材料の収集に勤しんだ。
その結果……メインどころか、サブ倉庫からもカカオ豆が溢れてしまう。

メイン、サブ共に満杯に

それに加えチョコレート作成クエストも頻繁に行っていたため、板チョコレートの完成品も4桁オーダーでの在庫が残ることに。板チョコは回復アイテムと使用しても微弱な効果しか得られないので、他のアイテムに変換しておく必要があった。
幸い、昨年のハロウィンの時に収集していた卵や、クリスマス時に使いそびれた装飾用リボンといった、材料に使えるアイテムが倉庫に残されていたのでこれを使って各種チョコレート菓子を作成することに。

ガラクタも時には宝の山に

まずは、これらの素材とカーニバル中に拾ったイチゴを使って、板チョコの消化に取り掛かる。
小麦粉や香酒、ミルクといった材料は追加して購入しなければならないが、ミルク以外はそれなりに値が張るものなので、これらの入手は最低限にしておきたい。また、手持ちの素材は後日必要になる可能性も考えて、全ては使い切らずある程度は手元に残しておきたい。
そんな条件下で作成出来たのは、チョコレートドリンク74個分に、チョコタルトが100セット分。そして、ストロベリーチョコが870個分。それでも板チョコは余ってしまったので、残りは手作りチョコの作成に回す。

調理中……

板チョコを消化するだけでイチゴは使い切ってしまったため、カカオ豆から改めて板チョコを作っても使い道がないと判断し、こちらは全てビターチョコの材料とした。こちらもホワイトデーで使用する可能性を考慮し、六万個の内、五万個を材料に使用。
結果、ストロベリーチョコ828個を始め、結構な数のチョコレート類を確保することが出来た。もちろん、それなりの数の失敗作も一緒にできてしまったが。
最終的には、元々所有していた在庫を加えると、1000個以上のストロベリーチョコや500個以上のビターチョコ等が手元に残る。

最終結果

アイテム効果的に考えれば、状態異常を回復できるチョコレートドリンクは、もっと生産した方が良かったのかもしれない。が、材料は小麦粉と香酒購入費(376,000z)を除けばほぼ拾い物だけで賄えた事、そして自己消費分の数は充分に確保出来たのを考えれば、個人的には満足。

さて、次のイベントは恐らくホワイトデー。今度は今回のように混乱が引き起こされないようなイベントになれば良いのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/26

違う、そっちじゃない

今回は現在行われているイベント、サマスペが始まる前の話。

アルケミストの育成を終え、次に育てるキャラは誰にしようか決めあぐねていたが、結局Jobがまだマスターに達していない方の商人に選定した。職を極め切れて無いのに高Baseと言う状態が一次職的に自分の興味を惹いたからだ。

彼での狩りのターゲットになるのは、もちろんBase/Job比が極端に大きいタムラン。これは討伐クエストの対象でも有るので、さらにBase経験値を稼ぐことが出来る。

ただ、一種類の敵を集中して倒すことになるので、数を倒していくうちにどうしてもカードを拾ってしまう事になる。タムランカードは利用価値も市場価格も低いためこれは好ましいことではない。

何千体と倒していれば、そりゃその内出ますわな

ただ、そこまでは想定範囲内。問題はその後だ。

気分転換に、と動かした元アルケミストの転生商人が、Job稼ぎに倒していたスポアからカードを見つけてしまう。

なんでそんなピンポイントで……(汗)

これは拙い、と慌ててホワイトスミスを龍之城に派遣したが、こちらはこちらで、入手できたのはヒェグンカードとシニョンキャップと言うハズレっぷり。本当はコンチネンタルガードの印章に挿すための、小龍舞カードが欲しかったのだが……。

まったく利用価値が無い、と言うわけではないもののカードはくれないくせに、こっちは確か三個目……

欲しい物は中々手に入らないくせに、同確率程度の役に立たない物ばかりが手に入るという私のは、数年以上経っても、相変わらず健在のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)