2014/12/26

All in good time

ここ半年以上、一次職集会への参加はおろか、ログインする事すら難しい日が続いている。
そのために、モロクの決戦関連のイベントには全く手も触れられず、おかげでモチベーションは下がる一方。
さらに今後も、当分はログインする時間が取れない状況が好転するとは思えず。

そんな中、少しだけ時間を作って、久々に盗者を扱ってきた。目的は、今まで放置していた、長年の目標を達成するため。

ASPD190

こうして、今まで、計画だけ立てていた攻撃速度ASPD190の達成を、ようやく実行することが出来た。
使用した装備や消耗品等については、リプレイファイルを用意したので、そちらを参照して頂ければ有り難い。

「ASPD190.ZIP」をダウンロード(サイズ:108.3K)

現在ではR化や新装備等によって、ASPD190に到達する事自体はそう難しい事ではなくなり、三次職になれば193にまで高速化できるとも聞いている。
しかし、自分がこのゲームをやり始めた時点では夢の数字であったのには違いはなく、その当時の姿でここまで辿り着くことが出来た、と言う点こそが自身にとっては重要な事項。

……と言うわけで心残りも解消できた今。

これをもって、しばらくの間、ラグナロクオンラインのプレイを休止する事を決意しました。

と、言いつつも転生シーフや商人のLv99達成など、まだ未練もまだ二、三あるのでアカウントは消さずに取っておきます。そのため、またいつか戻ってくることもあるかと思います。
それが、明日になるのかサービス終了の直前になるのかは、今のところ全く持って見当はつかないのですが。

ともあれ、いままでお付き合いしてくれた方々に感謝いたします。十年以上遊んできたゲームなだけに、ミッドガルド内で出会った方々との思い出は、間違いなく自分の人生の一部でありました。

では、縁が有りましたら、また何時の日にかお逢いしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/08/24

集団移動

サマスペが終わり、持ちキャラの育成がとりあえず一段落した事、そしてしばらく様子を見ていたスロット移動システムで、何か不都合が起こった、等と言う噂は聞こえてこなかったため、重い腰を上げて、スロットの整理を行った。 二度あったスロット拡張や、サーバ併合によって規則性がなくなっていたこの配置から……。

before

まずは、saraサーバで扱っていたキャラクタ達を最初の二ページに集合させ、同じ命名規則で名付けられたキャラが同じ位置に来るように配置。そして、主にカート持ちのキャラを偶数ページに置く様にした結果、このような感じに。

after

この変更に伴って、このblogのカテゴリも、キャラクタ毎にスロットナンバーを付けるよう変更し、仮称だったカテゴリ名も確定する事となった。これにより検索性が少し向上した、はずである(主に自分が)。


閑話休題。

今月も、終わりに近づいてきたので、一次職集会の時期である。しかし、毎月そうだが集会直後に早朝からの仕事がある上、今回は夏の暑さにやられて、体調を崩し気味。無事に参加できるかどうか、甚だ不安だったりする。いったいどうなることか……。

―――――――――――――――――――――――――――――

+ 高Lv1次職集会 Part 99 +

 どこかにいるとはわかっていても、なかなか会うことのできない自分以外の高Lv1次職の人と あちこちでハッスルする集会です。

開催日時 :  8月 25日(土) 21:00~ 全ワールドでの開催です。

集合場所 :プロンテラ南MAP、イズルードを出て やや←の所 ( prt_fild08( 309, 196 ) 切り株周辺 )
   *集合場所が他ギルドの溜まり場などに重なる場合は、切り株を基本に少し移動してください。
   *それでも問題がある場合は、各サーバーで都合の良い場所を提案してください。

参加資格 :1次職のまま頑張ってる方。集会自体にLv制限はありません。
   *ダンジョンへの遠足には制限があります。下記の注意事項参照。

Waiting


集会概要 : 21:00~ 集合。自己紹介など雑談しつつ参加者待ち。
  流れを見てGHなどの高レベルダンジョン遠足へ、また苦労話や自慢話を熱く語るのもよし。
  普段味わえない高Lv1次職だけのPTを楽しみましょう!
  1次会はまったり集会、2次会は激しく遠足みたいな感じでもいいでしょう。

注意事項 : *団体狩りは横殴りなどのトラブルが発生しやすくなるので注意して下さい。
   *万が一起きた場合は謝罪を忘れずに! 自然と目立つので、印象良くいきましょう。
   *先頭を歩く人は常に最後尾を意識した動きをして下さい。独走、トレイン行為は厳禁です。
   *イグ葉は最低2枚は用意しましょう。死に過ぎは他の人の迷惑になるので、死にやすい人は要注意。
   *デスペナ、経験値うんぬんに関しては集まった人同士で相談して下さい。
   *BaseLv67~77、78~88、89~99のようなPT分け推奨です。集まったメンバーを見て臨機応変に。
   *基本1次職オンリーのイベントなので、ノービス、特殊1次職、2次職での参加はご遠慮ください。(註:saraサーバのローカルルールではノービス系の方々に関しては、その場での判断により参加が可能な場合も有りました。Idavollではまだルールは未確定なため、参加可能かどうかは協議が必要となるかもしれません)
   *BOTなどのツール使用者の集会への参加をお断りします。

 Jobの限界を迎えたJob50からが、高Lv1次職の本気を試されます。
 その為、JOB49以下は遠足に参加できない可能性があります。
 『結局転職してしまうのではないか、という疑惑』『経験値吸い取り目的者の排除』
 などの懸念を、事前に取り除くことで余計なトラブルを発生させないためです。

また、参加者が非常に少ないことが予想されるので
ゲーム内や各種掲示板、自らのサイトなどでの宣伝をお願いします。
2次職のあなた。知人友人の高Lv1次職の方がいらっしゃるのなら、是非教えてあげてください。
また開催時間にはスムースにイベントを進められるよう、遅刻は極力しないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

使用キャラ紹介統合版

ROの歴史上でも一大イベントといえそうな、ワールド統合からすでに一ヶ月経ちようやく一段落、といったところだろうか。
私も、統合により倍加したスロットにキャラクタを何名か作ったので、今回はその紹介を。
ただ、以前のように紹介文をずらずら並べていくと、十キャラ以上も書かねばならないため、一エントリが長すぎになる恐れがある。
なので、詳しいステータスの確認には、ここか左に用意したリンクから飛べる、ROSNSのキャラクター情報を参照していただけると有りがたい。リアルタイム更新もされているようなので、正確でも有りますし。

なお、先日よりキャラクター変更システムが実装され配下のキャラの名前も確定したため、これを期に今までblog内では伏せていたキャラクタ名も、表に出してみようと思う。……決して、SSの名前の部分を一々消しこむのが面倒になったから、では無い。無いったら無い。

1st (空席)
2nd (空席)
3rd Name:ペラルゴン Job:アーチャー Lv:50/35
4th Name:ペラルゴン N.アシッド Job:マーチャント Lv:72/38
5th Name:カプリン Job:マジシャン Lv:50/35
6th Name:カプリン D.アシッド Job:マーチャント Lv:71/38
7th Name:トッド グラスグリーン Job:シーフ Lv:99/50
8th Name:アゼライン Job:パラディン Lv:86/50
9th Name:アゼライン N.ディオン Job:ホワイトスミス Lv:74/40
10th Name:セバシン Job:ナイト Lv:90/50
11th Name:セバシン D.ディオン Job:アルケミスト Lv:98/50
12th Name:トッド グラスグリーン Job:シーフ Lv:90/50

ともあれ、以上が現在、私の持っているすべてのキャラクタである。これまで以上に、歩みは亀の如く遅くなるとは思いますが、彼らを見かけたら、生暖かく見守っていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

Jump Up

どうも、よもや二十一世紀に入って十年もの時間が過ぎてから、DARIUSの新作をアーケードで遊べる日が来るとは思いもしていなかったTodです。
このシリーズは、初代より自分の人生の中で、大きなウェイトを占めてきたゲームなので、注目せざるを得ない。
既に昔の反射神経や動体視力等は持ち合わせてはいないが、未だ残っているいくばくかの経験とまだ尽きずに残っている情念を以って、何時の日にかクジラを撃墜してみたいものである。

……と。あまりの懐かしさと嬉しさに、ここはROのblogであるのをすっかり忘れていた(滝汗)。


閑話休題。

既に先々週の話になってしまうが、経験値二倍期間はホムンクルスの育成に時間を充てていた。教範効果での経験値増強では、クエスト経験値にも倍加効果が付くものの、敵自体の経験値は上がっていないので、ホムンクルスが得られる経験値は変わらない。しかし、今回のように敵自体の経験値が上昇するような仕様であれば、ホムンクルス育成には向いているため、こちらを優先することに。

その結果、期間開始時にはLv.61だったホムンクルスは、一週間でLv.68まで上昇。成長初期段階ではAgiやDexの伸びがかなり鈍く先行きが不安であったが、どうにか平均値より少しだけ低い程度の範囲に収まってきたようなので一安心。しかし、R化によって、StrやInt等の算出方法が不明になり、それらがどの辺りまで成長しているのかどうか確かめる術が無いのは、少々不安なところ。
増量期間開始時点増量期間終了時点

パサナがカードを落としてくれたのは、ご祝儀代わりか、はたまたお年玉のつもりだったのか。
ドケビの時と言い、うちのキャラ全員の中でも一番運が良いのかも? >ホム

ついでに、錬金術士の方もLv.95に。
この後Agiを2加算して87に

ホムンクルスのLv.もそこそこ上がってきたので、ある程度強い敵との戦闘にもいくらか耐えられるようになってきたように思う。
錬金術士本人も、Lv.99への道の後半に差し掛かってきたので、このまま育成を続けていくのも面白いかもしれない。そして行く々々は、ホムンクルスもLv.99に……。
私のプレイスタイルでは、まだ時間は掛かりそうだが、当面の目標が出来たのでまたがんばれそうである。

6th:錬金術士(転生前), キャラ紹介/ステータス | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/14

二周目(easy(?) mode)

先日、11月4日。鍛冶士が育成時代、長い間お世話になったミョルニル廃鉱の第三層に向かった。出現するmobの顔ぶれは大分変わったが、ともあれ懐かしいこの場所で、最後のLvUPを果たす。その直後、ジャンクポットに囲まれて、あっという間に倒されてしまったのは御愛嬌。
青春時代を過ごしたこの場所で

転生をするには持ち物の整理や所持金の清算等が必須で、倉庫等が既に満杯近くになっている私にとってはこれも障害になっていたのだが、物品についてはアカウント内の他キャラに分散させる事で何とかごまかす。金銭は同時期に転生したギルドメンバーの方の協力が得られたので、これもどうにかクリア。
11月6日に、当方二人目の転生キャラとなった。
ようやく初期三キャラ全てで一周クリア

私の鍛冶士の、最終的なステータスはDex89+12、Luk91+2であった。
最終ステ

これで現在所持している製造用の装備をフルに利用した場合、星のかけら二個入りの属性Lv3武器を製造に成功する確率は、計算上は26.7%となるようだ。
しかし、このDexとLukを得る為に、Agiを50まで上げたのみで、他のステータスは一切振らずに済ませてきたので、戦闘能力はかなり限定された物になる、という弊害が生まれた。現存しているこのキャラのSSは'03年12月の物で、実に七年以上の時間を使った事になる。
今は亡き旧ワムテ森にて

もちろん、これは覚悟の上であったが、それにしても長い時間が掛かってしまった物だ。この経験を教訓に転生後は、転生前の武器製造成功率を確保した上である程度の戦闘能力を付与する、と言う育成方針を立てることとした。
製造に関する基本値は、JobLv*2+Dex+Lukで算出されるらしい。これを、私の鍛冶士の最終ステに当てはめると294と言う数値が出てくる。転生後はJobLvは70まで上げられるので、これから70*2を引いた154を、DexとLukの合計で上回れば良いという事になる。しかし、JobLvを70まで上げるのはかなりの苦労が要るとも聞くので、Job65辺りでのDex+Luk計164や、Job60での計174当たりも念頭に入れておいた方が良いのかもしれない。これに充てた残りのステータスポイントをどうAgiとStrに振っていくのか……なかなか悩ましい物がある。
こうやって、色々シミュレートしている間が一番楽しいものではあるが、それはそれ、とりあえず、まずは一歩足を進めてみようと思う(……などと言ってると、私の2ndキャラにジト目で見られそうな気がするが)。
「私をこんな目に合わせておいて、よくもそんな事が言えたものだ……」

ちなみに、この鍛冶士、転生前はJob40での転職だったのだが、お陰で充分に商人スキルが取れず、少し後悔する事となった。
幸い、現在は昔より倒し易く、かつ高い経験値を持っている敵も多く実装されており、ステータスも若干は戦闘寄りになる予定であるので、Job50を目指そうと考えている。
しかし、ただJob50にするだけでは物足りないので、なるべく低BaseLvでJob50に届かせ転生前のコンプレックスを解消しよう等というアホな事を思いついてしまい、早速実行に移している。
もちろん、フィゲルのモンスターレースを使えばBase1/Job50というキャラクタを作るのも可能だとは知っているが、レースの結果が出るまでただ待っているのは、自分の性に合わないので、これはパス。
まずは最初の数Lvはプパ(Base3/Job6)を倒してLvUP。
プパcと超強マイン様々。必中は無くとも初期育成には充分役に立つ

数Lv上げて、ある程度Dexを上げたてスポア(Base99/162)に有る程度命中させられるようになったら、これをターゲットに追加。
これを倒せるようになると、LvUPが急加速

そして、Lv3短剣が装備できるBase24まで上げたら、それを装備して、一気にリーフキャット(Base247/1818)へとランクアップ。R化によって、リーフキャットの回避力がガタ落ちしたからこそ使える力技である。
アユタヤD1Fでのお約束。しかし、まだ損失はリーフキャット一体分なので全然痛くない!JobがBaseを追い抜き始めてきた

そんな訳で、現在は黙々と鍛冶士改め、高位商人の育成に励んでいる日々である。Job50に手が届くまで、これはしばらく続きそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/01

使用キャラ紹介R

R化により、以前していたキャラクタ紹介の項が古い情報となったため、自キャラの能力の再把握も兼ねて、本格的な復帰を前に、使用キャラクタの紹介を再びしてみたいと思う。
なお、キャラクタの名称は仮名であるので悪しからず。ステータスとスキルの紹介は、それぞれ、ROラトリオ様わむてるらぶ様のシミュレータを利用させていただいております。

1st
Name : Tod Grassgreen
Job : Thief
Lv. : 99/50
Status & Skills
Tod 'The Thief' Grassgreen

'03/01/05に誕生、翌日シーフへと転職。その二年後の'05/01/08にLv99に到達。恐らくsaraサーバでは一番長い期間、同じ職に就いているキャラの一人ではなかろうか。ステータスはAgi>Dexの二極崩れで、短剣と弓、両方の武器を扱う。
収集品の調達や、未知の場所への斥候役など、私の1stキャラとして名実共に長らく活躍してきた。が、今回のリニューアルの波を乗り越えることが出来るのかどうか、少しの期待と大いな不安を抱えている。明日はどっちだ?

2nd
Name : Azeline
Job : Paladin
Lv. : 78/35
Status & Skills
Azeline

03年夏~秋頃に誕生し、Lv99達成は'07/12/16。転生を行ったのは更に遅れて'08の08/23。転生前はStr>Agi=Vitのバランス型であった。プレイヤーの時間が他のキャラクタに割かれてしまい、成長が遅れがちな不遇なキャラであった。
転生後は転生後で、「ステータスやスキルを振らずにドコまで成長できるか」と言うプレイヤーの我がままに振り回される不幸に遭う。アカウント内唯一の転生キャラでもあり、潜在能力は一番の筈なのだが。
なお、R化以前に入手していた幾つかの装備が、"化けて"いる可能性があり、そういった意味でも潜在能力には期待できるキャラでもある。

3rd
Name : Azeline N. Dion
Job : Blacksmith
Lv. : 98/50
Status & Skills
Azeline N. Dion

誕生は'03年秋頃。Dex=Luk>Agiの半製造型鍛冶師、及びキャラクタスロット拡張以前までは唯一の商人技能持ちとして、アカウント内を兵站関連面で支えてきた。
ステータスや習得スキル的に戦闘行為は不得手で、経験値を積むのは難しいのだが、時折訪れる経験値増加期間等を活用して、どうにかLv99の一歩手前まで持って来ることが出来た。欲を言えば、R化以前に達成したいところでは有ったのだが。
ウェポンパーフェクションやマキシマイズパワー等の戦闘用スキルは習得していないが、それでもR化での変更点はこのキャラに対しては有利に働くようなので、復帰してしばらくの間はLv99へ向けて、このキャラが一番稼働率が高くなるかもしれない。

4th
Name : Sebacine
Job : Knight
Lv. : 82/45
Status & Skills
Sebacine

'07/07/27にキャラクタスロットが3か5へと増補されたことに伴い、同日に作成されたキャラクター。2ndキャラが転職時にナイトにするかクルセイダーになるか、一時迷ったことがあり、当時果たせなかったifを実現する事が使命となった。ステータス型はStr>Vit。
戦闘力は間違いなく高い方なのだが、プレイヤーがAgi型での闘い方に慣れすぎているため、なかなかその真価を発揮できず、稼働率が低下。よってキャラの使用率も悪くなり、戦闘法の習熟が出来ずに、また稼働率が下がり……と悪循環に陥っている。
さらにR化によって所有している防具の防御力が軒並み低下してしまったため、新たな装備を揃えられるまでは雌伏の時代が続くことになりそうだ。

5th
Name : Sebacine D. Dion
Job : Alchemist
Lv. : 84/44
Status & Skills

5.5th
Name : Chromatic Slime
Race : Homunculus / Vanilmirth
Lv. : 45
Sebacine D. Dion

4thと同じく、'07/07/27のキャラスロット拡張に伴い生まれた。3rdキャラがJob40転職のため取り切れなかった露店開設のスキルLvを補完するため、商人へ。そしてそれと同じ職では面白味がないので必然的にアルケミストの道へと進むこととなった。スキルの習得が目的なキャラだったため、ステータスは成長のしやすさを優先してStr>Agiとなっている。
商人スキルの充実により、2ndキャラよりアカウント内の物流面での仕事を引継ぐ。当面の目標はこれで達成されてしまったので、成長の速度はかなり鈍化している。ステータス的に素性が素直なので、ある程度時間を掛けてやれば良い線は行くと思うのだが。
ホムンクルスは'08/01/06に誕生。召喚主の錬金術士の戦闘時間が短いために、それに輪を掛けて成長が遅くなっている。ステータスは軒並み平均以下のものが多いが、Intだけは突出しており、将来が楽しみ……だったのだが、ここ数LvはそのIntの成長も止まってしまい、さらにはR化による魔法の弱体化によって、先行きが不安となってしまった。まだ、半分以上も成長する余地は残されているので、今から悲観する必要はないかもしれないが。目指すは未進化のままのLv.99達成。

6th
Name : Tod Grassgreen
Job : Thief
Lv. : 65/42
Status & Skills
Tod Grassgreen(2nd)

二度目のスロット拡張により、'09/07/31に誕生。コンセプトは「1stキャラを現在の知識で再構築したらどうなるのか」。そのため、ステータスは1stとほぼ同じAgi>Dexである。
しかしR化により、今まで培ってきた知識が役に立たなくなり、成長方針を変えていく必要も有るかもしれない。さらに2ndや3rdに育成時間を取られるのは必至であるため、今しばらくは我慢をしてもらう事となりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/24

隙間をぬって

ここのところ、仕事の勤務時間変更等により、まとまった時間がなかなか取れない日が続いている。
そんな中でも、バレンタインイベントの特典だけは享受すべく、最低限のログインは確保してきた。
各日の勝利陣営に与えられるボーナスの中でも、私が注目したのは、一日に一回だけ受けられる戦闘教範の効果。この効果は30分しか持続しないため、今までに何度か有った経験値増加期間よりも有り難味は薄いように見える。が、経験値増加期間では、戦闘で得られる経験値にしかその恩恵が無かったのに対し、戦闘教範にはそれ以外の経験値……つまりクエストで得られる経験値にもその効果が現れるのが大きな違い。今回は、これを最大限に利用させてもらう事にした。
自分は、チョコを贈る相手も、そして当然贈って頂けるような相手のあても、まったくもって無い(正確には、贈りたい人は居るのだが、ここ十ヶ月近く御逢い出来ていない……)ので、心情的には反バレンタイン派寄りではある。が、イベント開始初日に賛成派が勝利し、そのボーナス目当てに賛成派に付く人(もちろん私もその一人だが)が増える状況下では、反対陣営が逆転する事は難しいと思われる。よって、私も賛成派に所属した。
そして戦闘教範の効果を得ると同時に、経験値取得直前で止めてあったクエストの経験値を片っ端から回収していったのである。教範の効果と共に、世界各地の都市への無料転送のサービスもボーナスとして受けられるので、今回の目的にはなおさら都合が良かった。運営側もこのような利用方法を想定していたのではなかろうか、とも余計な事も勘繰ってしまう。
お陰で、鍛治士は最終Lvの一歩手前まで辿り着くことが出来、聖戦士は未だ方向性を定めぬままLv76となった。
@大神官クエスト。この後、Dexを+3
@氷のネックレスクエスト@歴史学者@大神官クエスト(の途中)。あと4つLvが上がれば魔王モロク討伐クエストにも手がつけられるようになるのだが……?

他にも、バレンタインイベントの本筋とも言える、チョコレートの作成も出来る。現段階では、ブレッシングLv5の効果が有るストロベリーチョコが、自分には最も有用のように思える。が、ホワイトデー以降には他の種類のチョコも作成可能になるようなので、今は材料の確保だけに留めておこうと思う。
その材料であるが、私はこの時の為に、昨年のイベント終了直後から、拾ったカカオは全て保存しておいてあった。が、チョコレートの作成のためには、カカオは一旦カカオ豆へと分解する必要が有るのだが、パティシエマスターは一度の分解に付き、一個のカカオしか分解してくれない。それに対し、溜め込んでいたカカオと言えばこんな数になっていた……。
溜め込んだは良いが、後の事を考えていなかった……(汗)

これだけ分解するには時間が必要となるし、バレンタイン賛成派が勝利したことに伴い実装された、アイテムドロップ率増加の効果も有効に使っておきたい。さらに、先日実装されたばかりのブラジリスアップデートも早いところ体験しておきたいところだし、今週末には早くも、今月の一次職集会が有る。
少ない時間が、なおさら足りなく思えてしまう。どうにか、いろんなことを体験しておきたいのだが、どうなる事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/05

2nd Extend

前々回のメンテナンスにより、今まで使用出来なかったキャラクタースロットが開放され、1アカウントで扱えるキャラクターの数が5から6に増加した。
……のは良いのだが、私としてはこれは予想外の出来事。まったく想定していなかった事態の為、そこに当て嵌めるキャラクタの計画も全く立てていなかったのだ。
とりあえず誕生させてみたけれど

そうした訳で、新たなキャラは何を作るべきか、かなり迷う事になった。1stの盗者は弓を使うのに、属性矢を自力で補給出来ないので矢作製が可能な弓手系職を作るべきか。一次職集会での目覚ましい働きを見てみるとスーパーノービスも楽しそうではある。ただ、そのスパノビさん達が死亡記録の消去に四苦八苦しているのもよく見かけるので、彼らをサポートする為のソウルリンカーでも作った方が喜ばれるのではないか……etc.etc.。

一応、スパノビ以外の転職試験は全て受け、どの職にも就けるようにしたのだが……結局選んだのはコレだった。
受けるだけ受けて
結局はコレ

現在は、冒険者アカデミーの存在も有る為、もし別の職をしたくなったとしても、Lv40程度までなら、すぐにリカバリー出来る。よって、今回は仮に、もう一度シーフをやってみる事とした。ただ、基本的にキャラクタを消すのは自分の志向には合わないので、消すのは、どうしても別の職ではないと不可能な事がやりたくなった場合にのみとする事にした。
ステータスの型は、1stがAgi>Dex型であるので、今度はStrを上げて正統派(?)の短剣型にする方法も有ったのだが、敢えて1stと同じくDexを伸ばしていく事に。コンセプトは「1stの盗者を、現在のROの知識で育てて行くとどのようになるのか?」である。
ちなみに、キャラの名前だが、2ndと4thキャラの名前は、3rdと5thのそれのファーストネームの部分のみ、と言う法則で付けてあるので、それにならい1stのファーストネームのみとしたかった……のだが、2nd3rd達と違い、少しメジャー(?)な名前だった為使用は不可能だった。どうしたものかと考えたのだが、結局、苗字と名の間のスペースを全角から半角に変える事で登録する事が出来た。

とりあえず、冒険者アカデミーのキャンペーンの要件を満たして、ほとんど戦闘せずにBaseLv36までは成長させる事が出来た。闘わずしてLv3武器……つまり、1stキャラが普段利用している特化武器等を使用可能なBaseLvに上げられるのは非常に有難い。
1stキャラはこのLvになるのに、一体何日掛かったのだか……

1stの盗者はLv99になるまで丸二年を要した。今度は成長させるのにどの程度の時間が掛かるのか、はたまた途中で挫折して転職したり他の職を目指す事になるのか……どうなります事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

Double Up

しばらく前の経験値増量期間中に、Lvを上げ損ねた私の鍛冶士。しかし、次回の増量期間を待っていたら、何時になるか解った物では無く、LvUpまでの残りもわずか0.8%だったため、その分を闘って稼ぐことにした。
あと少しという事で、わざわざ鍵を消費してまで、時計塔地下四層まで足を伸ばす事も無いとの判断から、今回はミョルニル廃鉱第一層へ向かった。
スケルワーカーからは、比較的多くカードを頂いているので、今回も淡い期待を持って行ったのだが、流石に一時間強という時間では落としてくれるはずもなく。ともかく、これでLv97に上昇。以前のLvUPが昨年の十一月だったので、今回は四か月強で上げられた計算になるか。この調子なら、本腰を入れて経験値を稼ぐようにすれば、もう一Lvぐらいなら上げられそうな気がしないでも無くなってきた。勿論、経験値倍増期間やクエストをフル活用しての結果であるから、その分は割り引いて考えねばならないが。
背景が暗いダンジョンでは天使がよく映える

なお、増えたステータスポイントは全てDexに割り振ったが、9ポイントも残ってしまった。これを有効に活用する為にも、どうやら次のLvは目指さねばならないようだ。
鍛冶成功率、さらに0.2%Up

また、先日実装された、アカデミーシークレットストーリー(AS)の最終話。このクエストは報酬としてJob経験値も獲得出来るらしいと聞いたため、こちらは聖戦士見習いの転生剣士で挑戦。ストーリーを追いつつやっていったので、物語に引き込まれてしまい四時間ほど掛かってしまったがなんとか完遂。こちらは、Base69/Job47となった。
一大長編、完結

こちらのキャラのステータス変動は……言わずもがな。
まだまだ続くよAll1

余談となるが、今回のASの最終話。個人的には、さる人物が「あっかんべー」する場面が印象が深かった。微笑ましく思うと同時に、ほろっ、っと。……歳を取ると、涙脆くなって困る……。
それはさておき、今回のASもそうだが、前日譚に当たるMSSも、内容が多少日本人の嗜好に合わせる方向に特化しているきらいは有るものの、シナリオも良く練りこまれていて、物語としては悪い出来ではないと思う。
報酬がそこそこ良いだけに、内容を読み飛ばしてこなしている人も多いと思うが、一度はじっくり読み進めてみては如何だろうか……と勧めてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

Limited time

今年のハロウィンでは、昨年のカボチャ帽が再利用できなかったため、思わぬ手間を掛けさせられることになった。
その時には、五周年記念のアンーバーサリ帽も、今年は使えないのではないのだろうか、と少々不安に思ったのだが、それは少し考えすぎだった模様。ちゃんと全ステータス+2の効果が復活していたので、今回も有効に使わせてもらう事にする。
使用可能期間='08/01/15まで
利用できる期間も、カボチャ帽の一週間と比べると、こちらは七週間も使えるので利用価値から言えばこちらの方が高いかもしれない。弱点と言えば……以前から何度も言っているかもしれないが、その見た目位なものだろうか。

この強力な装備が使える内に可能な限り、十字軍の経験を稼いでおこう……と考えていたのだが、五周年記念パッチが当たってから一週間後、その状況に少々変化が出てきた。

今年の五月から実装されていたクエストに、モンスターサイドストーリーズというものが有る。これは短編のクエスト集で、ほぼ一月に一話づつ物語が追加されていく、という体裁をとっている。それぞれの話には基本的に得られる報酬は無く、ただ単純に物語を楽しむものであった。
しかし、今回実装された最終話まで物語を完遂させると、とあるアイテムといくらかの経験値が得られるらしい。
クエストで得られる経験値というのは、戦闘が不得手なキャラにとっては非常に有難い物だ。私の鍛冶士にとっては経験を稼ぐ絶好の機会である。だが、今回のサイドストーリーは五周年記念イベントの一環として行われるため、イベントが終了してしまえば出来なくなってしまうようだ。そのため、十字軍の経験稼ぎは一旦後回しに。
ただ、鍛冶士をはじめ私のキャラの大半は、このクエストにはまったく手を着けておらず、辛うじて盗者のみが途中まで話を進めてあっただけ。どのキャラがどこまで話を進めてあったか混乱する可能性があり、また全体の話の流れを把握するため、まずは盗者で最終話まで進めてしまうことにした。

実装日当日、駆け足で(と言っても、会話内容を読みつつ、SS記録もしていったので駆け足という程のペースでは無かったのだが)こなしていき、最終話でゲフェンを移動中の事。突然誰かに呼びかけられた。見覚えのない人だったので、一瞬、おや? と思ったのだが、実はこちらの方の別キャラであった。情報サイトを運営している方なだけに、迅速な情報収集は必須なのだろう。サイトの表からは見えない努力に頭が下がる思いである。
下の商人さん。クエスト遂行は何キャラ目だったのだろう?
ちなみに後日には、同じくゲフェンにて母様に遭遇。その場ではなんという偶然か、とびっくりしていたのだが、よく考えてみれば、大型パッチが有れば人は新しい要素に向かって集まってくるもの。普段、顔を合わす機会が無い知り合いに出会える可能性が高まるというのも、こういったアップデートの際の隠れた利点かもしれない。
ログインしたら至近距離に……!

ともあれ、盗者で一通りストーリーを追う事が出来たので、その記憶を基に鍛冶士でもクエストを開始。しかし、それでもこちらは第一話から話を追う事になるので、二日ほど時間が必要となってしまった。
なんとか、全話読み終えることができ、報酬も獲得。直前の状態ではBaseLv94の91.9%だったのが……
記憶の詰まった本と共に

Lv95の2.9%まで上昇。上で逢ったRagTimeの方にもらった情報によれば、得られるBase経験値は三百万と、破格の物らしい。このお陰で前回からは実に十四ヶ月振りのLvUPとなった。ちなみに、今回もステータスポイントはLukに投入。
Luk+2

さて。サイドストーリーは期間限定なだけに、他のキャラでもやっておきたいところだが、貰える経験値が3Mともなると、余りに低いLvのキャラでやってしまうと、LvUp時の制限により、貰える経験値が一部切り捨てられてしまう恐れもある。しかし、今の私の剣士と商人のLvはそれぞれ56と60……。経験値をフルに獲得できるようになるにはもう少しLvを上げねばならないが、さりとて、十字軍の経験も稼がねばならないし……期間内に全てこなす事ができるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧